会話集/19章 マムクート・プリンセス

Contents


オープニング

【ガーネフ】
※「チキよ・・・・
  はるかむかしに ほろびさった
  いだいなる ナーガぞくの
  おうじょよ
※「この しんせいなる ラーマンの
  しんでんを おかそうと
  するものは おまえのちからを
  もって すべてやきつくすのだ
※「そふ バヌトゥからはぐれた
  そなたを メディウスのてから
  すくいだしてやった おんを
  けっして わすれるでないぞ

バヌトゥ→チキ

【バヌトゥ】
※「おお!チキよ さがしておったぞ
  ガーネフに さいみんじゅつを
  かけられておるのじゃな・・・
  さあ めを さますのじゃ・・・
【チキ】
※「・・・うーん あっ・・・!
  おじいちゃま・・・・
  どうして・・ なにがあったの
【バヌトゥ】
※「おお きがついたか
  よかった だいじょうぶかの
【チキ】
※「うん・・・
  わたし なんか・・こわい・・
  ・・・ずっと こわいゆめを
  みていたみたい・・・・
【バヌトゥ】
※「すまなかったのう・・・
  おまえを こんなめに
  あわせてしまって・・・
※「だが もうだいじょうぶじゃ
  これからは わしが
  ずっとそばに おるからの
【チキ】
※「うん
  やくそくよ おじいちゃま
  もうひとりぼっちは
  ぜったい いやだからね・・・

チキ初戦時

【チキ】
※「・・・だ・・だめ・・・
  わたしに・・・・
  ・・・ちかよらないで・・・

クリア後

【ニーナ】
※「マルスおうじ つぎのもくてきち
  グルニアにゆくまえに あなたに
  ぜひ きいていただきたいことが
  あるのです
※「グルニアのゆうめいな
  くろきしだんをひきいる カミユ
  しょうぐんを しっていますね
※「2ねんまえ アカネイアはかれの
  ぶたいによって せんりょうされ
  わたしも かれらに とらわれて
  しまいました
※「ドルーアは アカネイアおうけの
  ちを ねだやしにするため ただ
  ひとりいきのこった わたしをも
  ころすつもりだったのです
※「でも カミユは ドルーアのメデ
  ィウスこうていをも おそれず
  まだ おさなかったわたしを
  まもってくれました
※「そして おこった こうていが
  しんえいたいを さしむけたこと
  をしって わたしを オレルアン
  へ にがしてくれたのです
※「だから あれだけ おおくの
  せんかを あげながら さいきん
  まで ドルーアに とらわれて
  いたのだと おもいます
※「わたしも はじめは かれを
  にくんでいたのですが・・・・
  いまでは どうしても
  にくみきれなくて・・・
※「できれば かれとは たたかって
  ほしくない・・・・
  かれに もういちど・・・・
  ・・・・あいたいのです・・・