会話集/4章 かなしみのだいち

Contents


すいもん

  だい 4 しょう
  かなしみのだいち

ミラしんでん

ノーマに話した時
[ノーマ]
※「おお セリカ!
  ぶじじゃったか
[セリカ]
※「ノーマしさいさま!
  いったい どうされたのですか
[ノーマ]
※「やはり おまえのことが
  しんぱいでな
※「しんでんまで おいかけてきたのだが
  うっかりと こんなところに
  おちてしまった
※「ハハハ
  わしとしたことが とんだ
  ヘマをしたもんじゃ
※「まあ よい
  これからは わしもいっしょに
  いってやろう
※「あんしんするがよいぞ
  けんじゃの ノーマが
  なかまにくわわった

ドルクのとりで

オープニング
[ドルク]
※「・・・ぐふふふ・・
  われが しはいする この
  しびとのぬまを おかすものたちよ
※「ジュダさまの めいにしたがい
  いかしては かえさぬ
※「この だいきとうしドルクさまが
  めいかいより よびよせし
  しりゅうの えじきとなれ!!
ドルク撃破時
[ドルク]
「ドーマのかごが あらんことを

まよいのもり

石版
  [まよいのもり]

けんじゃのさと

女に話した時
※「ここは
  けんじゃの かくれざと
※「ドーマのだいけんじゃ
  ハルクさまによって
  まもられています
※「ハルクさまに あいたいのなら
  むらの きょうかいに
  ゆきなさい
男に話した時
※「ハルクさまは ドーマきょうの
  だいしさいだったかた
※「しかし きとうしジュダと
  あらそって やぶれ
  にげてこられたのです
※「ジュダは おそろしいおとこ
※「もし たたかうのなら
  ほうほうは ひとつしかない
※「4、8、12、・・・
※「うう く、くるしい
※「ジュ・・ジュダの のろいが・・
男が消える
ハルクに話した時
[ハルク]
※「わしが ハルクじゃ
※「おまえたちは うしなわれたミラを
  もとめて たびをしているのか
※「うむ・・ たしかに・・
※「ミラをふうじたつるぎは
  ドーマのとうの ちかに
  おさめられてある
※「だが むりじゃな・・・
  ジュダが おまえたちを
  ちかづけはしまい
※「わしになにか できることがあれば
  ちからに なってやろう
※「セリカよ おまえののぞみは
  なにかな
[セリカ]
※「わたしは これいじょう
  なにも のぞみません
※「だけど アルムは・・・
※「なんとか アルムを
  たすけてあげたい・・・
[ハルク]
※「そうか
  けなげな ものじゃな
※「よし わかった
  アルムに あらたなるちからを
  さずけてやろう
ハルクに話した時(2回目以降)
[ハルク]
※「ドーマのとうは もうすぐじゃ
  こころして ゆくがよい

ドーマのもん

ジャミル撃破時
[ジャミル]
「ドーマのかごが あらんことを

ドーマのぬま

ビグル(Lv.5)撃破時
[ジュダル]
※「ふふふ かわいいものよな・・
  だが まだころしはせぬ
※「アルムとかいう こぞうを
  うしないたくなくば
  むすめよ・・・
  ドーマのとうへ のぼってこい
ジュダ撃破時
[ジュダル]
「ドーマさまの ちからをしらぬ
 おろかものよ・・・
 こうかいするが よいわ・・・

ドーマのとう

ジュダに話した時
アルムが竜の火口で3回戦っていない時
[ジュダ]
※「ふふ ソフィアのおうじょか
  おまえがくるのを まっていたぞ
[セリカ]
※「あなたは だれ!?
[ジュダ]
※「わしか
  わしは ドーマさまの
  だいいちの しもべ
※「ドーマきょうの さいしちょう
  ジュダと いうものよ
[セリカ]
※「それなら おねがいです
※「ミラさまを かいほうして!
  だいちぼしんミラを
  もとにもどしてください!!
[ジュダ]
※「ふふふ・・・
  まあ そうあわてるな
※「わしのもつ この たまをみてみろ
  どうじゃ なつかしいすがたが
  みえるじゃろう
※「そうじゃよ アルムだ
※「やつのもがきくるしむすがたを
  しばらく ながめているのじゃな
アルムが竜の火口で3回戦っている時
[ジュダ]
※「ふふふ・・・ セリカよ
※「りゅうのやまに とじこめられた
  アルムを たすけたかろう
※「ならば わしのあとについてこい
※「おまえたちが そのみを
  ドーマさまに ささげるなら
  アルムのみちもまた ひらけようぞ

ドーマのさいだん

ジュダに話した時
[ジュダ]
※「ふふふ ついに やってきたな
※「ここは ドーマのさいだん
※「ここにきたからには
  もう いきてはかえれぬ
※「われら ドーマきょうは
  ひとのくるしみを
  もっとも とうとぶ
※「だから すぐには ころさぬ
※「ゆっくりと すこしずつ
  くるしみながら しんでゆくのじゃ
※「おまえたちの くるしむすがたこそ
  ドーマさまにとっては さいじょうの
  ごちそうなのだからな・・・・

おそれざん

マーラ撃破時
[マーラ]
「ドーマのかごが あらんことを

おそれざんのほこら

石版
 みぎ せいなるたて
 ひだり ぎんのたて
 どちらを のぞむか?

ヌイババやかた

オープニング
※「ふかき しっこくのやみのなかに
  かれらをみおろす
  ぶきみな かおがある
※「おそれざんの ぬしとよばれ
  だれもが おそれおののく
  でんせつのようじゅつし
  ヌイババ・・・
※「たましいと ひきかえにえた
  そのあんこくじゅもんが ひとたび
  かれのくちからはっすれば
※「いけとしいきるもの すべてに
  かくじつな しがおとずれる
※「アルムよ なぜいく?
  このおそろしい やまのなかに
  いったいなにが あるというのだ
ヌイババ初戦時
[ヌイババ]
※「・・・いでよ メデューサ
  いまこそ われとのけいやくを
  はたすべし
ヌイババ撃破時
[ヌイババ]
「ぬ、ぬかったわ・・・

ヌイババやかた(内部)

ティータに話した時
[アルム]
※「こんなところに とじこめられて
  いったいどうしたのですか
[ティータ]
※「わたしのこいびとのジークは
  リゲルきしだんの
  しょうぐんなのです
※「だけど ジークは このたたかいには
  はんたいしていました
※「だから かれのうらぎりをおそれた
  ヌイババによって
  ひとじちに されていたのです
※「わたしが たすかったことをしれば
  きっと よろこんでくれるはず
※「ああ はやくジークに
  あいたい・・・
  せいじょの ティータが
  なかまにくわわった

リゲルへいや

オープニング
ティータが仲間にいる時
[ジーク]
※「なに? ティータが
  たすけだされたのか
※「よし! ぜんぐん
  ジェロームのぶたいに
  とつげきせよ!!
ジェローム撃破時
[ジェローム]
「きさまら いいきになるなよ
 ・・・・・・
ジーク初戦時
[ジーク]
※「わたしとて たたかいたくは
  ないのだ しかし・・
  たたかわねば・・・・ すまぬ
ジーク撃破時
[ジーク]
「すまない ティータ・・・

リゲルのむら

男(右下)に話した時
ジーク生存時
※「ジークしょうぐんを
  たすけてくれたんだってな
※「ソフィアは きらいだけど
  あんたらには れいをいうぜ
ジーク死亡時
※「ルドルフこうていは えいゆうさ
※「ソフィアの ブタどもに
  こうていのよさが わかってたまるか
男(下)に話した時
ジーク生存時
※「ジェロームしょうぐんは
  ひどい おとこさ
※「このむらも りゃくだつされたり
  らんぼうされたり ジークさまが
  くるまでは たいへんだったよ
ジーク死亡時
※「きさまたちは おにだ!
※「ジークさまは こいびとを
  ひとじちにとられて しかたなく
  たたかっていたのに・・・
男(上)に話した時
ジーク生存時
※「このさきは りゅうのやまだ
※「しりゅうに おそわれて
  あんたら くわれちまうぜ
※「もうすこし
  ようすをみたほうが
  いいんじゃないかな・・・
ジーク死亡時
※「このむらを おとしたぐらいで
  いいきになるなよ
※「おまえたちに あの のろわれた
  りゅうのやまが こせるものか
女に話した時
ジーク生存時
※「ジークしょうぐんは むかしの
  きおくが ないんだよ
※「ひどいきずをおって ながれてきたのを
  おしろづきのシスターだった
  ティータさまが かいほうされたのよ
※「ほら あのとおり 2まいめだから
  たちまち テイータさま・・・
  おっと おしゃべりがすぎるわね
ジーク死亡時
※「おお ジークさま・・・
ジークに話した時
[ジーク]
※「きみが アルムくんか
※「ティータを たすけてくれたそうだね
  ありがとう れいをいう
[アルム]
※「ジークしょうぐん
  あなたはこのたたかいに
  はんたいなのでしょう
※「どうか われわれに
  ちからをかしてください
[ジーク]
※「それは できぬ
※「ジェロームを たおしたのは
  やつが ヌイババとグルになって
  ひとびとを くるしめていたからだ
※「それに・・・ わたしは
  じぶんが なにものか しらぬ
※「わかっていることは
  ひどいきずを おって このくにに
  ながれついたということだけ・・・
※「へいかは そんなわたしを
  あたたかく むかえ
  なまえまで あたえてくだされた
※「ルドルフへいかは わたしにとって
  ちちおやにも ひとしいかたなのだ
※「へいかを うらぎることだけは
  できない
[アルム]
※「わかりました・・・
※「しつれいなことをいって
  ごめんなさい
[ジーク]
※「いや・・・ ん!?
  アルムくん そのみぎうでの
  あざは どうしたんだ
[アルム]
※「あざ?・・・
  ああ これは ずっとむかしから
  あるんです
※「じいちゃんは あかんぼうのときに
  ついたあざだろうって いってたけど
  これがなにか・・・
[ジーク]
※「そうか・・・
※「ルドルフへいかは かつて
  わたしに いわれたことがある
   ジークよ みぎのうでに
   じゅうじのあざを もつものあらば
   そのものに すべてをささげよ
   そのものこそ リゲルを・・・
   そして このバレンシアをすくう
   えらばれしものなり・・・と
※「それが なにをいみするものかは
  しらぬが へいかのごいしとあらば
  もはや まようことはない
※「アルムくん きみのちからになろう
※「わたしも きみとともに
  たたかおう!
  Gナイトの ジークが
  なかまにくわわった

リゲルのたき

マグナム撃破時
[マグナム]
「このわたしを たおすとは
 さすがだな・・・・・
 ほめてやろう・・・

リゲルじょう

オープニング
[ルドルフ]
※「そうか ついにきたか・・・
※「このうえは ぜひもない
  えいこうある リゲルきしだんとして
  さいごのたたかいを みせてやろう
※「リゲルの ゆうかんなるへいしたちよ
  よくぞ ここまで わしとともに
  たたかってきてくれた
※「だが・・・ ときすでにおそく
  リゲルていこくの めいうんはつきた
※「きけ みなのもの!!!
  わしからの さいごのたのみだ
※「もし わしが たおれれば
  そのときは かまうことはない
※「のこったものは 
  いさぎよく こうふくせよ
※「ソフィアの わかいしょうぐんは
  なさけあるものと きいている
※「けっして わるいようには
  しないだろう
※「よいな むだじにはするな
  いのちを そまつにするなよ!
ルドルフ撃破時
[ルドルフ]
「アルム・・・・・
 りっぱに なったな・・・

 マイセンどのに あずけたのは
 やはりまちがいでは なかったか
 ・・・

 もはや きづいておろう
 おまえの ほんとうのなは
  アルバイン・アルム・ルドルフ

 わたしの ・・・
 ただひとりの・・・むすこなのだ
 ・・・

 ぐふっ・・

 いまはもう おおくはかたれぬ・
 ・・

 だが アルムよ
 さいごに ひとつだけ たのみが
 ある

 ミラをふうじた あのせいけん
 [ファルシオン]で
 ドーマを・・・

 じゃしんドーマを
 た・お・す・の・だ・・・・

リゲルじょう(内部)

男(マッセナの両横)に話した時
※「ルドルフ2せいへいか
  バンザーイ!
男(右下)に話した時
※「おうじ まずはマイセンさまの
  おはなしを おききください
マッセナに話した時
[マッセナ]
※「アルバインおうじ
※「わたしは しんえいたいちょうの
  マッセナしょうぐんです
※「へいかから すべてを おききし
  はいざんのへいを まとめて
  まっていました
※「われらは いつまでも
  おうじの おかえりを
  おまちしています
マッセナに話した時(2回目以降)
[マッセナ]
※「われらは いつまでも
  おうじの おかえりを
  おまちしています
マイセンに話した時
[アルム]
※「あ じいちゃん
  いったいこれは どういうこと!?
※「あんなに にくんでいた
  ルドルフこうていが ぼくの
  ちちおやだなんて!!!
※「ひどいよ
  じいちゃんは なにもかも
  しっていたのか!
[マイセン]
※「アルムよ
  おどろくのも むりはない・・・
※「たしかに おまえは
  ルドルフこうていの ひとりむすこ
※「いまとなっては ただひとり
  リゲルおうけの ちをうけつぐもの
[アルム]
※「でも なぜ こんなことに・・・
※「ぼくが どうして ちちおやと
  たたかわなければ ならないの
[マイセン]
※「なくな アルム・・・
※「まえにも はなしたように
  この バレンシアは かみがみによって
  きたとみなみに わけられてしまった
※「そして かれらは ひとのくらしに
  ふかく かかわりすぎたのだ
※「そのけっか ソフィアのたみは
  はたらくことをわすれ
  リゲルのたみは やさしさをわすれた
※「このままでは ともに ほろびてしまう
※「そうかんがえた ルドルフは
  みずからが はかいしゃとなって
  ゆうしゃたちの しゅつげんをうながし
※「あたらしい じだいをきずくための
  すていしになろうと けついしたのだ
※「そして じぶんを たおすであろう
  ゆうしゃが あいする わがこであれば
  これいじょうの よろこびはない・・・
※「かれは そう つげて わしに
  うまれてまもないこどもを
  たくそうとした
※「そのときの ルドルフのかおは
  いまも わすれぬ・・・・
※「このおとこは じぶんのみを
  じごくのほのおで やこうとしている
※「そう きづいたとき わしには
  もはや こばむすべは なかった
※「すべてを うんめいに
  ゆだねることにしたのだ
※「アルムよ
  いつまでも
  かなしんでいては ならぬ
※「ルドルフが なしえなかったことを
  おまえが ひきつがなければ ならぬ
※「ちかしんでんに ゆき
  じゃしんドーマを やみにもどすのだ
※「いそがなければ セリカたちのみに
  きけんがおよぶかも しれぬぞ!
  Gナイトの マイセンが
  なかまにくわわった
  だい4しょうが しゅうりょう
  しました。
  きろくしますか?