会話集/序章 聖騎士誕生

Contents


ワールドマップ

ユグドラル大陸の中央に位置する大国
グランベルは、十二聖戦士の一人、
聖者ヘイムによって建国された。
この国には
ヘイムの子孫である王家の他に、
やはり聖戦士の血をひく
六つの公爵家があり、
広大な領地と軍隊を有する
公国の当主として、
王国に従属しつつも独自性を保っていた。
王国の政治は
老いたアズムール王に代わって、
才知あふれるクルト王子が取り仕切り、
王子の信任厚い
シアルフィ家の当主バイロン卿が、
ユングヴィ家のリング卿とともに、
これをたすけていた。
宰相の任にあった
フリージ家のレプトール卿は、
自分の地位がおびやかされることに
危機感をおぼえ、
強欲でしられる
ドズル家のランゴバルト卿をさそって
反王子勢力を形成。
ヴェルトマー家の若き当主
アルヴィス卿は、
国王を守る近衛軍指揮官の立場から
政治には関与せず、
エッダ家のクロード神父だけが、一人、
国の危険な状況に不安をおぼえていた。
そんなおり、
東方より危急の知らせがとどく。
イード砂漠の友好都市ダーナが
東の蛮族イザークによって侵略され、
住民が虐殺されたというのである。
蛮族、罰するべしとの声が国中に満ち、
やがて、イザーク討伐の決定が下された。
クルト王子は、
年老いた父王アズムールに代わり、
国中の諸公を率いて出陣。
そのかたわらにはつねに、
勇壮な武人として知られる
バイロン卿の姿があった。
遠征軍が出た後のグランベルには
わずかな兵しか残らなかったが、
国境を接する西のアグストリアと
南西のヴェルダン王国とは
同盟の関係にあり、
後顧のうれいはない筈であった。
しかしその期待は、
あっけなく裏切られた。
ヴェルダン王国の大軍が
王子ガンドルフに率いられて、
突然、国境を突破し、
ユングヴィ城を包囲したのである。
ユングヴィ家の留守をまもっていたのは
その娘、エーディンただ一人。
父、バイロン卿から国の守りを託され
わずかな部下とともに城に残った
シアルフィ公国のシグルド公子は、
この知らせに、がくぜんとする。
エーディン公女とは幼なじみであった。
「彼女を蛮族の手に
 わたすわけにはいかない」
シグルド公子は、
すぐさま出陣の決意をした。
グラン暦 757年・・・
こうして運命の扉は開かれた。
それがやがて
恐ろしい出来事のまえぶれとなる事も、
この時は誰一人として
知る由もなかったのである。

オープニング

ユングヴィ
ヴェルダン軍がユングヴィ城を包囲する
【ミデェール】
エーディン様、敵に城を包囲されました
姫様をお守りすべき我々が、
ふがいないばかりに・・・
【エーディン】
よいのです、ミデェール
・・・・・皆よく戦ってくれました
私のことは、もういいのです

今は一人でも多く、生き延びてください
【ミデェール】
いいえ、エーディン様
皆、最後まで
姫様をお守りする覚悟です

命にかえても、お守りいたします
【エーディン】
ありがとう、ミデェール
・・・・・ごめんなさい
シアルフィ
【シグルド】
ユングヴィの城が
ガンドルフ軍に包囲された
このままではエーディンが危ない

ノイッシュ、私は彼女を助けに行く
あとのことは頼んだぞ!
【ノイッシュ】
待って下さい、シグルド様
まさか一人で行かれるつもりでは?
【シグルド】
我が軍の主力は
父上と共にイザークへ遠征して
ここに残っている者はわずかしかいない

ヴェルダン軍は蛮族とはいえ大軍だ
死ぬことがわかっている戦いに
お前達をまきこめない
【ノイッシュ】
バカなことを言わないで下さい
騎士として生まれた以上
戦いで死ぬのはあたりまえ

主君一人を死なせて
おめおめと生きてはおれません
私たちも共にまいります

アレク、おまえも同じかんがえだろ
【アレク】
ああ、もちろんだ
しかしユングヴィの城も大事だが
村を助けるのが先じゃないのかな

蛮族どもは行く先々の村をおそって
奪い、殺し、焼きつくしているという

手おくれにならないうちに
村々をまわって、守りを固めるように
言わなければならないだろ
【シグルド】
確かにそうだ
民を守ることはわれら騎士の義務だ
アレク、よく言ってくれた
【アレク】
いや、本当はオイフェの意見なんです

さすがは名軍師といわれた
スサール卿の孫、まだ子供なのに
いろんな事に良く気がつきます
【シグルド】
オイフェが王宮に来ているのか?
オイフェ、いるなら来なさい
【オイフェ】
シグルド様、勝手に来てごめんなさい
でも出撃されるなら、
ぼくも一緒に連れていって下さい

城で留守番なんていやです
【シグルド】
しかし、おまえはまだ子供だ
大丈夫なのか
【オイフェ】
ぼくも、もう十四才になりました
まだ戦うことはできませんが
シグルド様のお世話くらいならできます

おねがいです
どうか、おそばにおいて下さい
【シグルド】
わかったよ、オイフェ
おまえが騎士みならいとして
私のところに来てから、もう二年になる

そろそろ戦場を経験するのも
悪くはないだろう
ただし、戦うのはまだ早い

しばらくは私のそばにいて
相談相手になってくれ
【オイフェ】
はい!ありがとうございます
【ノイッシュ】
シグルド様、
この城の守りはどうしますか?

誰か一人は守備に上がらないと危険です
もし本拠地であるこの城が
敵に奪われたら、われらは全滅します
【アレク】
ノイッシュ、城の守りなら
コイツしかいないぜ! なっ、アーダン!
【アーダン】
アレクっ、なんで俺なんだよ
【アレク】
固い、強い、おそい!
三拍子そろってるのは
おまえしかいないだろう
【アーダン】
固い、強いってのはいいけど
おそいってのは気にいらねえな
【シグルド】
いや、アーダン、私からも頼む
城の守りを任せられるのはおまえだけだ
【アーダン】
はぁ、わかりました
そんなら、取りあえず守備に上がります
でもたまには私も出陣させて下さいよ
【シグルド】
よし、それでは行こう
とりあえず村を助ける
そしてユングヴィへ!

エバンス軍 PHASE 1

【ガンドルフ】
てめえら、こんなちっぽけな城に
いつまでかかってやがるんでぇ
しゃあねえな・・・・・おれがやってやる
ガンドルフ、ミデェールに攻撃
【ガンドルフ】
ふふふ・・・・・あんちゃんよぉ
一人でよくがんばったな
だがそれもこれまでだ、くらえ!
ガンドルフ勝利
【ミデェール】
くっ・・・・・エーディン様
・・・・・お許し下さい
【エーディン】
ああっ、ミデェール・・・・・
【ガンドルフ】
おおっ、これは上玉だな
ユングヴィの姫君か・・・・・ふふ・・・・
よし、おれはこの女を連れて国に帰る

あとのことは、
おまえとゲラルドの二人でなんとかしろ
【デマジオ】
へぇ・・・
【ガンドルフ】
心配するな
弟のキンボイスの軍と一緒に戻る

そうすりゃバーハラまで
攻め上ってやるぜ、なんてったって
この国には今、軍隊はいないんだ

俺達のしたいほうだいだぜ
【デマジオ】
へい、わかりやした、お任せを!
ガンドルフ・エーディン移動
【ガンドルフ】
てめぇ、グズグズするんじゃねえ!
さっさと歩くんだ!!
【エーディン】
・・・・・・・・・
ガンドルフ・エーディン移動
【ガンドルフ】
グランベルの連中が入って来ねぇように
橋を落としておけ!
【兵士】
へい、わかりました
ガンドルフ・エーディン移動
【ガンドルフ】
おい、ゲラルド
おれはマーファ城に帰る
この城はおまえに任すからしっかり守れよ
【ゲラルド】
へい、分かりました
しかしガンドルフ王子、
その女は誰なんです?
【ガンドルフ】
おれの戦利品よ
マーファに連れ帰って妻にする
どうだ、いい女だろう
【ゲラルド】
へえ、
思わずよだれがでそうになりますぜ
【ガンドルフ】
ばかめ、ものほしそうな顔をするな
グランベルを占領したら
おまえにも、好きなだけくれてやる

それまではがまんしろ
【エーディン】
あなた達はケダモノです
・・・神よ、どうかこの者たちに
人間としての心を・・・
【ガンドルフ】
なにをぶつぶつ言ってやがるんでぇ
さあ、行くぜ! グズグズするな!!
ガンドルフ・エーディン撤退
【デマジオ】
行け、野郎ども!
つぎはシアルフィだ!
ついでに村のお宝もまきあげてこい!

シグルド軍 PHASE 2

レックス・アゼル登場
【アゼル】
レックス、なんとか間にあったようだね
【レックス】
ああ、シグルド公子も
ヴェルダンの大軍を相手に
苦戦しているようだな

俺達が行けばきっと喜ぶだろう
しかしおまえも物好きな奴だ
別に、ほうっておけば良いものを
【アゼル】
我が国の主力部隊はイザークへの遠征で
国にはほとんど残っていない

シグルド公子は
シアルフィに残ったわずかな兵だけで
決死の戦いをしようとしている

見捨ててはおけないよ
【レックス】
ふっ・・・
お前もあいかわらず、すなおじゃねえな
理由はそれだけじゃないだろう
【アゼル】
な、なんだよ!
【レックス】
ユングヴィのエーディン公女が
心配なんだろう、おまえが彼女の事を
好きなのは知ってるぜ
【アゼル】
バ、バカを言うな!
【レックス】
ほら、もう顔が赤くなってる
はは、可愛い奴だ
【アゼル】
レ、レックス! いい加減にしろよ!
ぼくはもう行くぞ
【レックス】
ははは、わかったよ、ここはひとつ
俺様の力を見せてやるとするか

シグルド軍 PHASE 3

キュアン・エスリン・フィン登場
【キュアン】
間にあったようだな、シグルドは無事か?
【エスリン】
ええ、兄ならきっと大丈夫
でも、兄の側には
魔法を使える者がいないから、

きっと困っていると思います
私のライブで助けてあげたい・・・

ごめんなさい キュアン
あなたまで、戦わせて

私はレンスター家に嫁いだ身、
もうシアルフィの人間ではないけれど、
黙って見ているのがつらくて・・・

兄に代わって、お礼を言います
【キュアン】
礼など無用だ、エスリン
シグルドは私にとっても、大切な親友

まして、おまえを妻にした今では、
彼は私の義兄でもある
おまえ一人を戦わせはしない
【エスリン】
ありがとう・・・キュアン
【フィン】
急ぎましょう、
キュアン様、エスリン様
おそらく、このすぐ先が戦場でしょう

レックス→シグルド

【レックス】
シグルド公子、久しぶりです
【シグルド】
レックス!
きみも応援に来てくれたのか
【レックス】
アゼルにむりやり連れてこられましてね
まったく、いい迷惑ですよ
【シグルド】
はは、相変わらず口の悪い奴だな
でも、お父上のランゴバルト卿は
この事を知っておられるのかい?
【レックス】
まさか、あなたの父上を
目の敵にしてるオヤジが、

シアルフィを助ける事など
許すはずがないでしょう、
俺が勝手に来たんです

ごかいのないように言っときますが
あんたの為じゃないですよ
親友のアゼルが頼むから俺は来たんだ
【シグルド】
ふっ、これはてきびしいな
・・・でも感謝するよ、
本当にありがとう
【レックス】
・・・まあ、できるだけの事はしますよ
ヴェルダンの蛮族なんぞに
勝手なまねはさせられませんからね

アゼル→シグルド

【アゼル】
シグルド公子、ご無事で何よりです
【シグルド】
きみはヴェルトマー家のアゼル公子?
どうしてここへ?
【アゼル】
ヴェルダンとの戦いに
少しでもお役に立ちたいと
レックスと共に駆けつけました

ぼく達も共に戦うことをお許し下さい
【シグルド】
むろん願ってもない事だが、きみの兄上
・・・アルヴィス卿はご承知なのか
【アゼル】
いえ・・・兄は国王側近として
近衛軍の指揮を任されています

ぼくも王都バーハラを離れてはならぬと
きつく言われておりました
【シグルド】
そうだろうな、しかしそれでは
後からおしかりを受けるのではないか
【アゼル】
言いにくいことですが
・・・ぼくは兄が恐ろしいのです
あの人の側にいると息がつまりそうで・・・

それに・・・できの悪い弟など
あの人にとっても、
足手まといなだけですから・・・
【シグルド】
そうか・・・いろいろと訳がありそうだね
でも私はきみが来てくれて心強いよ
きみさえよければいつまでもいてほしい
【アゼル】
はい!

やっぱりうわさ通りの人だな
兄とは全然ちがう・・・

キュアン→シグルド

【キュアン】
シグルド、無事だったか!
【シグルド】
キュアン王子! どうしてきみが・・・
【キュアン】
ヴェルダンとの戦いときいて
ほうっておけなくなった
私も協力させてもらいたい
【シグルド】
しかし、レンスター王国は大丈夫なのか
トラキアがねらっているときいたが?
【キュアン】
そうだ
だからフィンしか連れてこれなかった
私のランスリッターは父上にお任せした
【シグルド】
そうか・・・すまないキュアン
きみにまで迷惑をかけて
【キュアン】
何を言うんだシグルド
これは我々の約束だろう
【シグルド】
え・・・?
【キュアン】
少年の頃、我々三人・・・きみと、
ノディオン王国のエルトシャン、
そして私は、

王都バーハラの士官学校で
知り合った

そして、たがいにゆめを語りあい、
どんな時でも助け合っていこうと
誓いあったはずだ
【シグルド】
そうだった・・・
私も忘れてはいない・・・
【キュアン】
ヴェルダンの蛮族など
われらが協力すれば
すぐにでも追い払えるさ

シグルド、忘れるなよ
きみをこんな戦いで失う事など
私はぜったいに許さないぞ

エスリン→シグルド

【エスリン】
兄上、ご無事でしたか!!
【シグルド】
エスリンか、久しぶりだな
よくきてくれた
【エスリン】
ヴェルダンが攻め込んできたときいて
もう心配で心配で・・・でも良かった
お元気そうで
【シグルド】
エスリンは私がヴェルダンごときに
負けるとでも思ったのか?
【エスリン】
だってシアルフィには
わずかな兵士しか残っていないと
きいていましたから

兄上は昔から
向こう見ずなところがありました

遠征中の父上に代わって
わたしがお助けしなければと思って・・・
【シグルド】
ふふっ、
おまえは昔からしっかり者だった

幼いときに亡くなられた母上に代わって
父上や私の面倒を見てくれた

レンスター王家に嫁いで
少しは女らしくなったかと思ったが
今も少しも変わっていない

キュアンも大変だろうな、ははは・・・
【エスリン】
兄上・・・!
私が口うるさくなったのは
兄上や父上のせいです

二人ともだらしないから・・・
【シグルド】
はは、そうかも知れないな
エスリン・・・おまえには感謝してるんだ

今度のことでも
本当にすまないと思ってる
何と礼を言えばよいのか・・・
【エスリン】
兄上・・・

デマジオ初戦時

【デマジオ】
来やがったな、
グランベルの腰抜けどもめ
俺様がまとめて片付けてやる!

デマジオ撃破時

【デマジオ】
こんなはずじゃあ・・・

ユングヴィ城制圧後

【オイフェ】
シグルド様、
若い騎士が倒れています!
【シグルド】
ん・・・・・?
あっ、きみはミデェールじゃないか
どうした、しっかりしろ!
【ミデェール】
ううっ・・・・・あなたは・・・
・・・・・シグルド様
【シグルド】
ミデェール、大丈夫か!?
エーディンはどうしたんだ?
【ミデェール】
わかりません、たぶんガンドルフに・・・・
【シグルド】
そうか・・・・・心配するなミデェール
エーディンは、私が取り返す
きみは安心して体をいやせ
【ミデェール】
いえ、シグルド様、私も行きます
エーディン様が気がかりで
とても休んでなどおれません!
ユングヴィ城 をせいあつした!
エバンス軍 PHASE
【ゲラルド】
なに、デマジオがしくじっただと!?
ガンドルフ王子に城を任されていながら、
なんの役にも立たねぇ奴だ!

くそ、ユン川の橋をなおして
もう一度攻め込むぞ!
シグルド軍 PHASE
アルヴィス出現
【アルヴィス】
国王陛下から
様子を見てくるように言われたが
蛮族相手に、こうも手こずるとはな

シグルド・・・
貴様もしょせんはそのていどの男か・・・

シグルド⇔アルヴィス

アゼル生存時
【アルヴィス】
シグルド公子、久しぶりだな
【シグルド】
アルヴィス卿!? どうしてあなたが・・・
【アルヴィス】
陛下が心配されてな
私に見てくるよう命じられた

それと、
これは陛下がくだされたものだ
受け取ってくれ
【シグルド】
これは銀の剣!
・・・陛下がこれを私に・・・
ああ、なんと名誉なことだ

アルヴィス卿、陛下には
シグルドが感謝していたと
お伝えして下さい
【アルヴィス】
承知した、ところでシグルド
弟のアゼルが君の軍に
加わっているときいたが本当なのか
【シグルド】
すみません、黙って来たようでしたが
追い返せなかった

できればしばらく
わが軍にいてほしいのですが
【アルヴィス】
そうか・・・いや、無事ならいいんだ
アゼルは母親こそちがうが
私にとって、たった一人の大事な弟

できれば側にいてほしいが、
やむをえぬだろう・・・

シグルド、アゼルの事をたのむ
いろいろと教えてやってくれ
【シグルド】
お任せ下さい
この戦いが終われば私からも
戻るように説得してみます
【アルヴィス】
それをきいて安心した
では私は王都バーハラにもどる
陛下をお守りせねばならぬからな

シグルド、あとは頼んだぞ
アゼル死亡時
【アルヴィス】
シグルド公子、久しぶりだな
【シグルド】
アルヴィス卿!?
・・・・どうしてあなたが・・・
【アルヴィス】
陛下が心配されてな
私に見てくるよう命じられた

それと、これは陛下がくだされたものだ
受け取ってくれ
【シグルド】
これは銀の剣!
・・・陛下がこれを私に・・・
ああ、なんと名誉なことだ

アルヴィス卿、陛下には
シグルドが感謝していたと
お伝えして下さい
【アルヴィス】
承知した、ところでシグルド
弟のアゼルが、きみの軍に
加わっているときいたが無事でいるか
【シグルド】
それが・・・アゼルは・・・
【アルヴィス】
戦死したということか
【シグルド】
すみません
私の力が足りないばかりに・・・
【アルヴィス】
アゼル・・・ばかな弟だ・・・
アルヴィス撤退
ぎんの剣 をてにいれた!

ゲラルド初戦時

【ゲラルド】
グランベルの犬め、
くたばれ!
対ミデェール
【ゲラルド】
ま、待て!
飛び道具とはひきょうだぞ!
【ミデェール】
だまれ! エーディン様をどこにやった!
早く返せ!!

ゲラルド撃破時

【ゲラルド】
残念だったな・・・
あの女はここにはいねえよ
今頃は、ガンドルフ王子に・・・

エバンス城制圧後

【オイフェ】
シグルド様、
城内くまなく探したのですが
エーディン様の姿は見あたりません
【シグルド】
なにっ・・・エーディンはいったいどこに・・・
【オイフェ】
おそらく城が落ちる前に
ヴェルダンに連れ去られたのでしょう
・・・ご無事だとよいのですが
【シグルド】
くっ・・・許せない・・・
やつらがエーディンを返さないかぎり
どこまでも追いかけるぞ
国王の使者・出現
【オイフェ】
シグルド様、
バーハラから国王の使者がこられました
【使者】
シグルド殿、
このたびの戦い見事でありました

国王もいたく喜ばれ
そなたに王国聖騎士の称号を下された
【シグルド】
身にあまる光栄、
陛下へのさらなる忠誠をちかいます
【使者】
それと、これは重要なことですが、
城を敵に奪われてはなりません
最後まで城が残っていれば、

あなた達は軍用金を得られますが、
敵によって破壊されるごとに、
その額は少なくなってしまいます

今後の戦いにおいても、
どうかお気をつけ下さい

村1(シアルフィ城近く)

【村人】
ああ、これはよくおいで下さいました
これでこの村も救われます

この金は村人達から集めたもの、
わずかですが戦いのお役に立てて下さい

他の村も助ける事ができれば
きっとあなた達に協力すると思いますよ
○○○○ ゴールドてにいれた!

村2(アゼル&レックス出現地点近く)

【村人】
よくききなされ、剣は斧には強く、
斧は槍には強く、槍は剣に強い

この組み合わせを
よく、かんがえて戦いなされよ

そして、もし傷ついたら
教会へいくとよい
少し休むだけでたちまち完治するぞ

ただし、タダというわけにはいかぬ
1HPにつき、5ゴールド必要じゃ
○○○○ ゴールドてにいれた!

村3(左上)

【村人】
この地を治めるシアルフィ公爵家は、
代々、剣の使い手として有名なんだよ

なにしろ、
光神バルドの血をひいておられるからね

ヴェルダンの蛮族なんて、バイロン様の
聖剣ティルフィングさえあれば
あっという間にやっつけられるのにねぇ
○○○○ ゴールドてにいれた!

村4(左側)

【村人】
このユングヴィは、弓にたけた家柄
公爵家の方々は、弓神ウルの子孫じゃ

リング公爵には双子の姉妹と
その下に男の子がいたが、

双子の姉の方は幼いときに
海賊にさらわれて今も行方不明だという

エーディン様の弟君のアンドレイ様は
父君リング公爵とともに遠征中だが
あまりよいうわさはきかんのぉ

親子の関係も冷めているらしいぞ・・・
○○○○ ゴールドてにいれた!

村5(ユングヴィ城近く)

【村人】
おおっ、やっと助けにきてくれたのかえ
もうだめかとおもっとったぞ
お礼にこのリングをそなたにやろう

これはスピードリングと言ってな
身につけるだけですばやさがあがる
不思議なうでわなのじゃ
ほれ、つけてごらん、これで敵の攻撃も
当たりにくくなる筈じゃよ
スピードリング をてにいれた!
○○○○ ゴールドてにいれた!

シグルドがシアルフィ城に入った時

【オイフェ】
シグルド様、お休みになりましたら
街の人々ともお会いになって下さい

シグルド様の元気なお姿を見れば
街の人々も安心すると思います