会話集/10章 ノエル渓谷

Contents


ワールドマップ

フィアナ義勇軍、マギ団に
レンスター王国の遺臣たちを加え

一軍としての陣容を、まがりなりにも
ととのえたリーフたち『解放軍』は

いよいよターラ救援に向かうべく

再び帝国-トラキア国境を
こえようとしていた。

そこは、人々が『ノエル渓谷』とよぶ
山奥の小さな渓谷だった・・・

オープニング

オルエン・フレッドが城に入る
【オルエン】(右)
ラルゴ将軍、変わりはありませんか?
【ラルゴ】(左)
これはオルエンどの
今日もまたていさつですかな?

こんな山奥で戦いもなかろうに
毎日ご苦労さまですな
【フレッド】(右)
ていさつの任務はケンプフ将軍の命令です
オルエン様ばかりに命じられて・・・
いやがらせとしか思えません
【オルエン】(左)
あら、フレッド
私はダンドラム要塞にいるより
外に出ているほうがいいわ

だって
あのケンプフの顔を見なくてすむもの
【ラルゴ】(右)
ほっほっほっ
これはまた気のおつよいことですな

しかし
ケンプフ将軍も困ったお方だ

上級貴族のお生まれで
将来も約束されておられるのに
どうも人物が小さい

ラインハルト将軍の名声をねたんで
妹のあなたにいやがらせをするとは・・・
まったく、軍人として恥ずべき行いですな
【オルエン】
ケンプフ将軍は
兄をライバルだと思いこんでいるのです
【ラルゴ】
・・・年も近い上、お二人とも
若くして将軍になられましたからな
お気持ちはわからぬでもないが・・・
【オルエン】
でも、兄はまったく
そんな風には考えてませんのに・・・
【ラルゴ】
そこがまた
ケンプフ将軍の
気に入らぬところなのでしょうな
【オルエン】

なぜです?
【ラルゴ】
!?
おわかりになられぬか?
・・・無理もない、まだお若いからのう
【オルエン】
? ?
【ラルゴ】
そんな話はともかく
せっかく来られたのだ
ゆっくりしていきなさい・・・
【オルエン】
はい、ありがとうございます
では、お言葉にあまえて・・・
フォーカス・リーフ
【ドリアス】(左)
リーフ様、ノエル渓谷です
向こうにみえるのが
帝国の国境を守る砦です
【リーフ】(右)
では
いよいよ帝国領へ進攻するのか
敵の兵力は?
【ドリアス】
警備隊は少数ですが
ロングアーチと呼ばれる
射程の長い弓があります

この威力は絶大で
先につぶさねば攻略は不可能です
【リーフ】
ではどうする?
【ドリアス】
方法は3つあります

本隊で敵をひきつけ
そのあいだに別働隊で落とす
これが中策

騎兵を用いて一気になだれこむ
これは下策
【リーフ】
で、かんじんの上策は?
【ドリアス】
ここまで申し上げれば
リーフ様はすでにおわかりでしょう

私があらためて
申し上げるまでもありますまい

PlayerPhase-04 終了後/指定位置より先に進軍時

【ラルゴ】(右)
オルエンどの
何者かが攻撃をしかけてきた

わしはここで食い止めるゆえ
あなたはダンドラムに
このことを伝えてもらいたい
【オルエン】(左)
できれば
私もお手伝いしたいのですが
お許しいただけませんか?
【ラルゴ】
いや
あなたはていさつが任務
まず報告することが先決だ

お気持ちはうれしいが
ダンドラムに戻られた方がよい
【オルエン】
では、せめて
時間の許す限り・・・
【ラルゴ】
・・・そこまでおっしゃるのなら

ただし
ダンドラムに戻らねばならぬ
時間までですぞ、よろしいな
【オルエン】
ありがとうございます
フレッド、いくわよ!
【フレッド】
はっ
オルエン・フレッドが出現

PlayerPhase-06 終了後

【オルエン】(右)
そろそろダンドラムへ戻らないと・・・

ラルゴどの
必ず援軍を率いてもどります
それまでどうかご無事で・・・

オルエン初戦時

【オルエン】
ここは帝国の領土です
すぐに立ち去りなさい!

フレッド初戦時

【フレッド】
フリージの領土を侵すとは
きさまら、何者だ!

ラルゴ初戦時

【ラルゴ】
われらが領土をおかすものよ
いったい何が目的だ!

ラルゴ撃破時

【ラルゴ】
むぅ・・・もはやこれまでか・・・

ラルゴ解放時

【ラルゴ】
情けなどいらぬ!
わが首をはねよ!!

制圧後

ラルゴを捕獲している時
【ドリアス】(左)
ラルゴ将軍・・・
なかなかの武人でありましたな
【リーフ】(右)
フリージ軍とは初めて戦ったが
見事な戦いぶりだった

あれで前線の小部隊だとしたら
この先の戦いが思いやられるな
【ドリアス】
はい
フリージ家は名門ゆえ
下級の兵にいたるまで名誉を重んじます

軍としての規律も
大陸でいちにを争うものでしょう

それゆえに強敵とも言えますが
王子の戦い方も
敵に劣らずお見事でした
【リーフ】
ラルゴ将軍を殺さずに
捕虜にしたことを言っているのか?
【ドリアス】
はっ

義をもってこの聖戦を戦い抜くことは
今は亡き
キュアン王子のご遺志をつぐもの

これからも
騎士としての誇りを失わず
つねに正々堂々と戦いたいものです
【リーフ】
騎士としての誇り・・・か

そうだな
無用な殺りくだけは
したくないものだな・・・
ラルゴを捕獲していない時
【リーフ】(左)
アウグストは
戦い半ばで引き上げた
敵の魔法騎士を見たか?
【アウグスト】(右)
女騎士でしたな
なかなか手強い相手でした
【リーフ】
何者なのだろう?
【アウグスト】
ダンドラム砦の方に行きましたから
たぶん、我らのことを
知らせに戻ったのでしょうな
【リーフ】
ということは
敵はぼくたちを
待ち受けているということか
【アウグスト】
そういうことです
ダンドラム要塞は
ただでさえ難攻不落と言われる強固な砦

その上に
敵に防戦の準備をする
よゆうを与えてしまいました

ダンドラムの司令官が名将ならば
我らは苦戦を強いられましょう
【リーフ】
だが
他にルートはないのだろう
【アウグスト】
さよう
ターラに行くためには
ダンドラムをぬけるしかありません
【リーフ】
では行くしかないだろう
グズグズしていては
ますます不利になるだけだ!

民家1

【村人】(右)
あら、解放軍の人たちじゃないの

がんばってね
このトラキアから侵略者たちを
追い出してちょうだいね

そうだ
この杖を持っていきなさいな
きっと役に立つと思うよ
レスキューをてにいれた

民家2

【村人】(右)
あんたら解放軍のメンバーだろ?
がんばれよ
応援してるからさ

そうだ、この杖を持っていきな
きっと役に立つぜ
Mアップをてにいれた