会話集/16章A ノルデンライン

Contents


ワールドマップ

ドリアスの進言をいれ、海岸ぞいに
レンスターを目指すリーフたち

しかし、この公路を通って
レンスターにたどり着くためには

『ノルデン砦』と呼ばれる
帝国の砦を突破しなければならない

そこには、フリージの精鋭軍団が配備され
『解放軍』の進撃を阻もうとしていた

オープニング

フォーカス・ニカラフ
【ニカラフ】(左)
ケンプフ、備えは万全だろうな
【ケンプフ】(右)
お任せください、ニカラフ将軍
やつらは解放軍などと自称しておりますが
その戦力たるや山賊以下です

わが一軍でもって
やすやすと打ち破って
ごらんにいれましょう
【ニカラフ】
やすやすと、だと?
ほざくな! 小僧!!

ダンドラム要塞の責任者でありながら
部下を捨て置いて
一人おめおめ逃げ帰ってきたのは誰か!

やつらはレンスターのランスリッターだ

リーフ王子を盟主にいただき
また、祖国を目の前にして
その士気は天にもとどかんばかりだ

なめてかかると
死を呼ぶことになるぞ!
【ケンプフ】
はっ・・・
申し訳ありません・・・
【ニカラフ】
きさまの部隊はここで橋を死守せよ
石弓部隊が後方より支援する

その射程から出て戦うことは許さん!
よいか、これは命令だぞ!!
【ケンプフ】
はっ・・・
【ニカラフ】
総攻撃は
アルスターからの援軍が来てからだ
前後より挟撃し、一気に敵を撃破する
【ケンプフ】
アルスターから援軍が?
【ニカラフ】
そうだ
コノモール伯爵が
100騎ほど従えてやってくる

敵は、北トラキア最強の軍団に
背後から攻撃を受けるというわけだ
【ケンプフ】
なるほど・・・
だが、それでは俺の手柄にはならん・・・

なんとかやつらを
俺の手で討ち取りたいものだが・・・
ニカラフが城へ戻る
フォーカス・リーフ
【アウグスト】(左)
王子、先発した兵からの知らせです
敵の陣形はこのようになっております
【リーフ】(右)
ノルデン砦の周辺に
石弓の大部隊か・・・
これを何とかしないと砦は落とせないな
【アウグスト】
川向こうにわたるには
この橋を奪うしかありません

しかし、装甲軍団が守備を固めており
シューターの射程内で戦うのは
われらが不利です
【リーフ】
ということは
この装甲軍団を射程の外に
誘い出せばいいんだな
【アウグスト】
しかし
そうやすやすと敵が動くとも
思えません
【リーフ】
だが、一考の価値はあると思う
なにかしら方法があるはずだ・・・
オルエンが出撃している時
【オルエン】(左)
リーフ様、その役目、私にお与えください
私はあの指揮官を知っています
私なら彼を橋から誘い出して見せます
【リーフ】
オルエンが!?
だめだ
そんな危険なマネはさせられない
【オルエン】
お願いです
私は王子のお役に立ちたいのです!!

EnemyPhase-01 終了後

フォーカス・民家3
【市民】(左)
神父様、外では戦が始まるようです
今出られては危険です
もう少しこの家でお休みください
【スルーフ】(右)
はい
ではお言葉にあまえて・・・

PlayerPhase-02 終了後

フォーカス・イリオス
【イリオス】(右)
ちっ・・・
なんであんなバカの前衛に
俺がつかねばならん

平民の俺は、しょせんは
貴族どもの盾に
すぎないということか・・・

PlayerPhase-20 終了後

【コノモール】(右)
よし、全軍一体となって突撃せよ
アルスターの名に恥じぬ戦いをするのだ!!
【兵士】(左)
コノモール様、本当によろしいのですか?
われらは勝っても負けても
祖国を失うことになります

この機会を失えば
もう二度と祖国奪回の機会は・・・
【コノモール】
わかっている

だが、われらが裏切れば
人質となっておられる
ミランダ姫のお命は奪われてしまう

姫はまだ15才・・・
あの暗い僧院で命を終えられるには
あまりにお若すぎると思わぬか・・・

カリン→イリオス

【カリン】(左)
ねえねえ
おにいさんってば・・・
【イリオス】(右)
なんだ?
おまえは?
俺の前をちょろちょろするな!
【カリン】
ねぇ、お願いだから
私たちに味方してくれない?
【イリオス】
おいおい
とうとつになにを言い出すんだ

ヘンなやつだな
まったく・・・
【カリン】
やっぱりだめ?・・・
まあ、だめだとは思ったけどね

じゃ、いいわ
さよなら・・・
【イリオス】
おい!
ちょっと待て!
【カリン】
なあに?
【イリオス】
いいぜ
条件によってはねがえっても
【カリン】
ホント!
それで、条件ってなに?
【イリオス】
そうだな
もしレンスターが復興したら
俺を貴族にするってのはどうだ
【カリン】
そんなのは簡単だと思うけど
あなた、貴族になりたいの?

もしかして平民なの?
じゃあ、すごい努力家なのね

平民で上級騎士なんて
フリージ軍じゃめずらしいもの
【イリオス】
平民平民って言うな!

そうだよっ
確かに俺は平民出だが
何も恥じてるわけじゃないぞ

俺は平民であることに
誇りを持っているんだ!
【カリン】
だったら
何も貴族になることはないのに
【イリオス】
まあ・・・
そうだが・・・
いいだろ、そんなことは!
【カリン】
私はカリンって言うの
あなたのお名前は?
【イリオス】
お、俺はイリオスだ・・・
【カリン】
名前だけはすごく貴族っぽいね
もしかして、偽名?
【イリオス】
ばかを言うな!
偽名じゃねえよ!

オヤジが
貴族にあこがれてつけた名前だ
俺の本名だ!!
【カリン】
じゃあ
あなたの貴族コンプレックスは
その名前のせいね

変えた方がいいと思うわ
イリオスじゃなくて
オルソンにしなさいよ

その方がぜったいに
にあっているから
【イリオス】
オ、オルソンだとぅ・・・
おい、人の名前を勝手に・・・
【カリン】
じゃ、オルソンさん
私たち今から仲間よ
よろしくね!
【イリオス】
お、おい・・・

オルエン→ケンプフ

【オルエン】(左)
ケンプフ将軍
久しぶりですね
【ケンプフ】(右)
おまえはオルエンだな!?
この裏切り者め!!
【オルエン】
私が裏切り者なら
あなたは負け犬ね
いえ、おくびょう者だわ
【ケンプフ】
な、なんだと!!
俺がどうしておくびょう者なんだ
【オルエン】
あなたには戦う勇気などないのでしょう
ダンドラムでも逃げ回っていたそうだし

今だって兵士たちの
陰に隠れてふるえているだけ

それではラインハルト兄様には
永久に勝てないわ!
【ケンプフ】
ぐぐぐ・・・言わせておけば!!

誰か! この女を捕えろ!!
きさまら、一人残らず殺してやる・・・
殺してやるぞ!!!
【オルエン】
リーフ様
私の役目は終わりました・・・
どうか、ご武運を・・・

オルエン→ケンプフを見たPlayerPhase 終了後

【ケンプフ】(左)
おい、全軍に突撃を命じろ!
敵の首をあげたものには
賞金をやると言え!

やつらを
一人残らず討ち取るのだ!
【兵士】(右)
ま、待ってください、将軍!
それでは
ニカラフ将軍のご命令に反します!
【ケンプフ】
勝ちさえすればどうとでもなる
俺の家は王家の一門であることを
忘れたか!

全軍! 突撃せよ!!
敵を討ち取れ、一人も逃がすな!!!

イリオス初戦時

【イリオス】
俺と戦うつもりか?

ふんっ、おもしろい
貴様にこのイリオス様が
倒せるのか!

イリオス撃破時

【イリオス】
俺はけっきょく
平民のままで終わるのか・・・

イリオス解放時

【イリオス】
ちっ・・・
平民だと思って
こき使いやがって・・・

もう、やってられねぇぜ

コノモール初戦時

【コノモール】
おまえたちにうらみはないが
これも運命、許せ!

コノモール撃破時

【コノモール】
アルスターが・・・
ふたたび・・・
よみがえらんことを・・・

コノモール解放時

【コノモール】
ぬう・・・
生き恥をさらさねば
ならぬか・・・

ケンプフ初戦時

【ケンプフ】
くそっ
貴様らさえいなければ
貴様らさえいなければぁっ

ケンプフ撃破時

【ケンプフ】
ばかな・・・
こ、この俺が・・・
こんなやつらに・・・

ケンプフ解放時

【ケンプフ】
おのれ・・・
このことは忘れんからな!
覚えておれ!

ブルック初戦時

【ブルック】
反乱軍ども!
わが刃、受けれるものなら
受けてみよ!

ブルック撃破時

【ブルック】
ぐぐ・・・これで終わりでは・・・
ない・・・ぞ・・

ブルック解放時

【ブルック】
このわしも
なめられたものだ・・・

制圧後

【ドリアス】(左)
王子、おみごとです
この困難な状況に
よく打ち勝たれました

祖国レンスターは目の前です
国民は王子の帰還を
待ちわびておりますぞ
【リーフ】(右)
レンスター・・・わが祖国・・・
【ドリアス】
さよう、王子はまだ幼かったゆえ
覚えておられぬかも知れませぬが・・・
【リーフ】
覚えているさ
特にあの夜のことは
生涯忘れることはないだろう
【ドリアス】
あの夜のこと?
【リーフ】
レンスターが落ちた夜・・・
空は舞い上がる炎で真っ赤だった

ぼくはフィンの腕の中で
ただぼうぜんと空を見上げていた

始めはよくわからなかったんだ

でも、フィンの顔を見たとき
突然深い悲しみがこみあげてきた

あんなに悲しい思いをしたのは
生まれてはじめてだった・・・
【ドリアス】
フィンにはつらい役目を押し付けました
だが
彼以外に王子をたくせる者はいなかった

王子さえ無事なら
いつの日か必ずレンスターはよみがえる

そう言い聞かせて
焼け落ちる城から脱出させたのです
【リーフ】
フィンの涙を見たのは
あの日が最後だった

あれ以来、泣くことも・・・
いや、笑うことすら
忘れてしまったようだ・・・
【ドリアス】
彼の心は
今もレンスターにあるのでしょう

いや、彼だけではありません
われらはみな
レンスターに心をおいてきたのです・・・
コノモールが離脱している時
【リーフ】
しかし
後ろからアルスターの軍が現れたときは
正直、どうなるかと思った
【ドリアス】
敵の足なみの乱れが
われらを救ってくれました

しかし
さすがは、コノモール伯爵

利あらずと見るや
すぐに兵をまとめるあのすばやさは
敵ながら天晴れでしたな
【リーフ】
コノモール伯爵?
【ドリアス】
アルスターきっての勇将で
義を重んじる心、祖国への愛国心も
人一倍持っている優れた騎士です
【リーフ】
なぜそれほどの男が
帝国に味方するのだろう?

この帝国の圧政を
なんとかしようとは
思わないのだろうか?
【ドリアス】
やむにやまれぬ
事情があるのでしょう・・・

いずれにせよ
もう一度戦いたくはない相手であるのは
まちがいありませんな

民家1

【村人】(右)
え、あなたたち
レンスターゆかりの
方たちなんですか?

じゃあ
またレンスター王国の
世の中になるんですね

これ、せいすいです、使ってください
お礼なんていりません
わたしたちもお役に立ちたいんです!
せいすいをてにいれた

民家2

【村人】(右)
まったく、北トラキア王国に
このあたりが編入されてから
ろくなことはない

レンスターの時代が
なつかしいよ・・・

あのころは遠くまで
出稼ぎに行ってたが
今じゃおちおち旅もできねえ

いらなくなったから
このカギ、やるよ
はねばしのかぎをてにいれた

民家3

15章で教会を訪ねている/リーフで訪れた時
【スルーフ】(左)
ああ、あなたはリーフ様ですね!
【リーフ】(右)
はい
ソルウッドの司祭から
あなたに会うように言われました

でも、どうしてわかったのですか?
【スルーフ】
ブラギの塔で見た通りだ・・・
ツヴァイの光をもつ少年・・・大いなる力・・・

クロード様・・・
あなたのおっしゃられた通りです・・・
【リーフ】
ブラギの塔?
ツヴァイの光?
いったいなんのことですか?
【スルーフ】
いずれ時が来れば
おわかりになるでしょう

リーフ王子
しばらく私も同行させていただきます
よろしいですね
15章で教会を訪ねていない/リーフ以外で訪れた時
【村人】(右)
神父様はお休みです
誰にも会いたくないと
おっしゃっています

民家4

【村人】(右)
おまえさんがた
このトラキアを解放するために
戦ってくださってるそうじゃの

この『騎士の勲章』をさしあげるから
トラキアを解放できる日まで
がんばってくだされや
ナイトプルフをてにいれた