会話集/24章外伝 ロプトの祭壇

Contents


オープニング

フォーカス・リーフ
【リーフ】(左)
アウグスト
ここは?・・・
【アウグスト】(右)
すでにロプトの神殿内です
リーフ様
御用心ください!
【リーフ】
そうか・・・
暗くてなにも見えないが・・・
エーヴェルはどこにいるのだろう
【アウグスト】
いずれにしても
進むより他に手はありませぬ

たぶん、中央の魔法陣から
ベルドのいる祭壇へぬけるのでしょう

王子、あせりは禁物ですぞ
どうかおちついて
しんちょうにお進みください

リーフ→エーヴェル

【エーヴェル】(左)
・・・・・・
【リーフ】(右)
エーヴェル、しっかりしろ
エーヴェル!
【エーヴェル】
・・・・・・
【リーフ】
エーヴェル、ぼくだ、リーフだ
分からないのか!
【エーヴェル】
・・・りーふ・・・さま・・・りーふ・・・

はっ! リーフさま!
なぜここに? 早く脱出を・・・
【リーフ】
エーヴェル、ちがうんだ、エーヴェル・・・
【エーヴェル】
ちがう?
でもこの剣闘場は・・・
え? ここは・・・
【リーフ】
エーヴェル、よかった、元に戻って・・・
【エーヴェル】
リーフ様、私はいったい・・・
【リーフ】
ごめん
今話しているひまはないんだ

ぼくたちは、今マンスターを
いや、トラキアを帝国から解放するために
戦っている

エーヴェル、力を貸してほしい!
【エーヴェル】
それはもちろんですが・・・
戦いが終われば
教えていただけますか?
【リーフ】
もちろんさ
エーヴェル
話したいことがいっぱいあるんだ・・・

マリータ→エーヴェル

【エーヴェル】(左)
・・・・・・
【マリータ】(右)
お母様! しっかりして お母様!
【エーヴェル】
・・・・・・
【マリータ】
お母様! あたしがわからないの?
【エーヴェル】
・・・・・・
【マリータ】
お母様、ごめんなさい・・・
あたし・・・あたし・・・
【エーヴェル】
・・・なにを泣くの・・・マリータ・・・
【マリータ】
えっ・・・お母様?
【エーヴェル】
よかった、正気に戻ったのね
さあ、早くここから・・・
えっ、ここは・・・
【マリータ】
お母様! よかった・・・
【エーヴェル】
マリータ、ここは一体・・・
私はどうしてここに?
【マリータ】
お母様は・・・レイドリックに石にされて・・・
【エーヴェル】
石に?
・・・そういえば、レイドリックは?
【マリータ】
レイドリックはあたしたちがたおしたわ
でも、まだ、ロプトの者たちが・・・
お母様、お願い、あたしたちに力を貸して!
【エーヴェル】
もちろんよ、マリータ・・・
ごめんなさい、ずいぶん心配させたようね
私もまだまだ、ね・・・
【マリータ】
お母様・・・

リーフ離脱後

エーヴェルがいる時
【リーフ】(左)
エーヴェル・・・
会いたかった・・・

この一年
エーヴェルと再会できる日を夢見て
ぼくは帝国と戦ってきた

それがやっと実現できたんだ
これほどうれしいことはない
【エーヴェル】(右)
リーフ様・・・
もうあれから
一年もたっていたのですね・・・

リーフ様
ほんとに見ちがえるよう・・・
りっぱな君主になられました
【リーフ】
それもみんな
エーヴェルのおかげだ
フィアナ村での3年間は本当に楽しかった

村の若者達に混じって遊んだり
ケンカしたり・・・

エーヴェルには何度もしかられたけど
しかられることさえうれしかったよ

フィンが父親で
エーヴェルが母親で
ナンナとマリータが妹で

村にはオーシンやハルヴァンみたいな
友達がいて、こんな日がずっと続けば
いいのにと思っていた

エーヴェルは母上のようだった
ずっと忘れていた
母上のぬくもりだった
【エーヴェル】
あの日・・・
重傷をおったフィンを馬の背に乗せて
王子とナンナ様は村にやってきました

ナンナ様はどうか父をお救いくださいと
目にいっぱい涙をためて
私にすがりつかれました

でもリーフ様は、私をにらみつけて
『助けてくれたらこれをやる』と
腰にあった剣を差し出されただけ・・・

聞けば母上の形見だという
まだほんの少年なのに、よほどの苦労を
してきたのだと思いました

リーフ様
私には若い頃のきおくがありません

十数年前
イスの海岸に倒れていたところを
村人に助けられたのです

私は何者なのか・・・
夫は・・・子供はいたのか・・・
それすらおぼえていないのです

でもあなたたち二人を見たとき
私の過去にも同じようなことが
あったと気づきました

その日から
あなたたちをわが子とも思い
きびしく育てることにいたしました

でもまさか
レンスターの王子だとは
思いもしなかった・・・
ナンナがいる時
【ナンナ】(左)
エーヴェル・・・
私はマリータがうらやましかった

私にもお母様がいらっしゃれば
マリータのように甘えられるのに・・・
そう思って何度も泣きました

でもあなたは、私たちを分けへだてなく
愛してくださいました
本当に、感謝しています
【エーヴェル】
ナンナ様・・・
あなたは
名門ノディオン国の姫様です

聖騎士ヘズルの雄雄しい血は
あなたの体にも流れています

どうぞ勇気を持って
リーフ様とともに生きてください

あなたのお母様は
きっと生きていらっしゃいます
私でさえこのように再会できたのです

あきらめないで
きっと会えますから・・・
ダグダがいる時
【ダグダ】(左)
エーヴェル
あんたはりっぱだよ
男のわしだってかなわねぇ
【エーヴェル】
ダグダ
あなたには感謝しています

フィアナ村を守れたのも
私が今日まで生きてこられたのも
みんなあなたのおかげです

ありがとう、ダグダ・・・
【ダグダ】
ば、ばかなことを・・・
わ、わしはただ・・・
タニアがいる時
【タニア】(右)
おやじ、何を赤くなってんだよ!
もう、情けないんだからっ
しっかりしなさいよ!!
ハルヴァンがいる時
【ハルヴァン】(左)
エーヴェル様は
私たち村の若者にとっても
母親のような方でした

特に両親のいない私たち兄妹は
エーヴェル様に育てて
いただいたようなものです

だから私は・・・
エーヴェル様を取り戻すために
今日まで戦ってきたのです
【エーヴェル】
ハルヴァン・・・
あなたにも心配をかけましたね

この戦いが終わったら
一緒にフィアナへ帰りましょう
きっとパトリシアも心配しているわ
オーシンがいる時
【オーシン】(左)
母親かぁ・・・そうだよなあ
俺もオフクロは死んじまったけど
オヤジはまだピンピンしてるし

あんなヤツでもいないよか
マシなのかも知れねぇなあ・・・
【エーヴェル】
そうですよオーシン
ハルヴァンにくらべたら
あなたはまだ幸せなのですよ

フィアナに帰ったら
お父様を大事になさいね
マリータがいる時
【エーヴェル】
マリータ?
どうしたの?
そんなところで一人・・・
【マリータ】(左)
お母様・・・
【エーヴェル】
あらあら、まるで子供みたい
そんなに泣きはらしては
せっかくの美人がだいなしだわ

ほら、涙をぬぐって・・・
【マリータ】
お母様!・・・
あたし・・・
あたし・・・
【エーヴェル】
もういいのです
もういいのよマリータ・・・
ガルザスがいる時
【エーヴェル】
あなたは?・・・
【ガルザス】(左)
このまま立ち去ろうと思ったが
やはり一言だけいっておきたかった

娘を・・・
ここまで育ててくれたこと・・・
礼をいう
【エーヴェル】
あっ!?・・・
あなたはマリータの・・・
【ガルザス】
そうだ・・・
母親はこの子を産んですぐに死んだが
その後、一緒に旅をしていた

だが、ほんの少し目を離したすきに
奴隷商人に奪われてしまった・・・
【エーヴェル】
コノートの街の奴隷市場で
まだあどけない少女が
くさりにつながれ売られていました

それを見た私は、怒りのあまり
奴隷商人や用心棒を
すべて殺してしまった・・・

少女のくさりをといて、名前を聞くと
マリータだと教えてくれました

少し前まで父親と一緒にいたと言うので
すぐにあたりを探したけど
見つけることはできませんでした
【ガルザス】
いや・・・俺が悪かったのだ・・・
小さな子供を連れて旅をするなど
もともと無理だったのだ

娘はおまえにひろわれて幸せだった

勝手なことをと思うかもしれぬが
これからも娘を
見てやってはくれないだろうか・・・
【エーヴェル】
ええ、もちろんです

マリータはもう私の娘・・・
たとえあなたが望まれたとしても
手放すつもりはありません
【ガルザス】
そうか・・・
この仕事がおわったら俺はまた旅に出る
もう二度と会うこともあるまい
【エーヴェル】
剣士ガルザス
あなたに一つだけ
お願いがあります
【ガルザス】
なんだ?
俺にできることなら
どのようなことでもするが・・・
【エーヴェル】
年に一度だけフイアナ村に 立ち寄っていただけませんか?
それ以上は望みません・・・
【ガルザス】
・・・・・・
わかった・・・
そうしよう・・・
フィンがいる時
【フィン】(左)
エーヴェル・・・
いろいろとすまなかったな
私からも礼をいわねばならぬ
【エーヴェル】
フィンこそご苦労様でしたね

あなたほどの騎士は
この大陸中を探してもいないでしょうね
本当にりっぱだと思います
【フィン】
エーヴェル・・・

これは話すまいと思っていたが
さきほどのリーフ様との話を聞いて
もう黙ってはいられなくなった

私はあなたによくにた人を
知っているのだ・・・
【エーヴェル】
私に?・・・
初めて聞く話ですね
フィン、本当なのですか?・・・
【フィン】
ああ・・・
キュアン様とともに戦っていた頃
シグルド軍の中に一人の女戦士がいた

ブロンドの長いかみをなびかせて
戦場に立つその姿は
まるで女神と見まがうほどに美しかった

その人は聖弓イチイバルを受け継ぐ
ユングヴィ家の公女だった・・・
名前は・・・ブリギッドという・・・
【エーヴェル】
ブリギッド?・・・
フィンは、その人が私だとでも
言いたいのですか?
【フィン】
ああ・・・
たぶん・・・
【エーヴェル】
ふふっ・・・
フィンは意外に
ロマンチストなのですね

もし私が聖戦士の血を受け継ぐものなら
体のどこかに聖痕があるはずでしょう
でも、そんなものはどこにもないわ

フィン、あなたの思いちがいです
私はただの旅の傭兵
フィアナ村のエーヴェルです・・・