会話集/エピローグ(22章)

Contents


ベルン城内

【ギネヴィア】(左)
お兄様・・・
【ロイ】(右)
・・・ギネヴィア姫
【ギネヴィア】
ロイ様 もうしわけありません
今は 一人にしてください・・・
ギネヴィアが消える
ロイが前に進む
【ロイ】
あ! 姫・・・
マリナスが現れる
【マリナス】(最右)
ロイ様
いまは追われぬほうが・・・
エルフィンが現れる
【エルフィン】(左)
・・・私が行きましょう
【ロイ】
エルフィン!
【エルフィン】
はい
【ロイ】
・・・ありがとう
あなたにも 自分の国のことが
あったはずなのに・・・最後まで助けてくれた
【エルフィン】
・・・何のことか 分かりかねますが・・・
お役に立てたのであれば なによりです
【ロイ】
うん
エルフィンが消える
【ロイ】
・・・それにしても
人の 人による支配か・・・
マリナスが左に移る
【マリナス】(左)
ゼフィール王の言葉ですな
やつの言葉にも
一理あるのかも しれませんな
【ロイ】
・・・『暗闇の巫女』は見つかった?
【マリナス】
いえ・・・ われらとの戦いが
始まる前に 姿を消したようですな
ロイが後ろに下がる
【ロイ】
そうか・・・ マリナス
その人が本当に『魔竜』なんだろうか?
【マリナス】
わかりませんなぁ
その女性を見つけてみませんことには
しかし 普段から常に 漆黒のローブで
身をつつみかくしていたようで
その本当の姿を知るものは
ほとんどいないといいますぞ
手は尽くしてみますが・・・
難しいかもしれませんな
【ロイ】
そうか・・・だけど これで
やっと戦いが終わるんだね
【マリナス】
いや これからが 大変ですぞ
ロイ様
戦争で荒れた土地を元に戻し
苦しめられた人々を助けて・・・
【ロイ】
そうだね やらなければならないことが
山のようにある
本当の戦いは
これからなのかもしれない
【マリナス】
そうですな
生きているわれらは
明日のことを考えねばなりません
【ロイ】
どんなに未来が大変でも
ぼくたちは 負けない
必ず人の手でも 美しい世界を
つくっていけることを証明しよう!
【マリナス】
このマリナス いつまでも
ロイ様をお助けしますぞ!
まずは ロイ様
この城を出ましょう

みなに勝利を伝えるのです!

テロップ

こうして 後に「ベルン動乱」とよばれる
大陸全土をまきこんだ大乱は 幕を閉じた

ベルン王国は 国王ゼフィールの死とともに
エトルリア王国に降伏した

エトルリア王国は 一度 ベルン王国を解体
遠方であることを理由に直接の統治はせず
改めてベルンの地に ギネヴィアを
女王とする新ベルン王国を建国させる

「ファイアーエムブレム」を敵にわたし
ベルン旧臣や国民の反発には根強いものが
あったが ギネヴィアの粘り強い努力の結果
新生ベルン王国は 順調とはいえないまでも
復興への道を突きすすむこととなる

ゼフィールの側近く仕えた「暗闇の巫女」
イドゥンの行方はつかめずに終った

世界は エトルリア王国の主導のもと
再び安定と平和を取り戻していった

やがて エレブ大陸は
ロイたちより はるか後の時代に
一つの国にまとまっていくことになるのだが


それは また 別の物語である・・・