会話集/5章 炎の紋章

Contents


ワールドマップ

ラウス候エリックの内通発覚は
ロイたちにさらなる衝撃を与えた
エリックは裏切り者は一人ではないと
そう におわせていた
ロイの住みなれた土地リキア・・・そこも
もはや安全な土地とは言えなかった
オスティアを目指すロイたちは
いらぬ危険を回避するため
人どおりもまばらな 山間の
旧街道を通り抜けることにするのだった

オープニング

【山賊】(左)
親分! さっき村に偵察にいってた
ヤツがもどってきやしたぜ
【ドリー】(右)
おお それじゃあ いつものように
村のヤツらの金品を 巻き上げに行くとするか
【山賊】
いや そうもいかないんでさぁ
どうも すぐ近くまで
軍隊がきてるみたいですぜ
【ドリー】
軍隊だとぉ!?
どうして軍隊がこんな
山のさびれた道を通る必要があるんだ!?
【山賊】
本当かどうかわかりやせんが どうも
リキアの軍隊みたいですぜ
【ドリー】
なんだ ベルンにボロ負けした
リキア同盟の残りなら 怖くねーじゃねえか
【山賊】
ちがいねぇ
【ドリー】
まあ 用心にこしたことはねえし
うまくいきゃあ お宝の一つも
手に入るかもしれんなぁ・・・
たっぷり「かんげい」してやりな!
フォーカス・ロイ
【マリナス】(最左)
ロイ様 村人がロイ様に
お願いしたいことがあると・・・
おっ おい またんかっ!
村人が現れる
【村人】(左)
おお!! あなたが
フェレ家のロイ様ですな?
【ロイ】(右)
そうです
ぼくに なにか?
【村人】
山賊たちを
退治してほしいのですじゃっ!
【ロイ】
山賊?
【村人】
岬の古城が 山賊どもの
根城になっておりましての
【ロイ】
守備の兵は
いないのですか?
【村人】
・・・リキア同盟が負けたと聞くなり
ちりぢりに逃げてしまいましたわい
残されたわしらは 毎日 毎日
山賊におびえながら暮らしております
【ロイ】
・・・・・・
【村人】
他に頼れるものもおらんのですじゃ
どうか わしらを助けてくだされ!!
【マリナス】
ロイ様 かわいそうですが
先を急ぐわしらには・・・ちと
【ロイ】
うん わかっている
だけど 目の前の民を見捨てて
先を進むことはできない!
【マリナス】
ロイ様!?
【村人】
助けてくださいますかっ!?
もしよろしければ 秘密の門をお使いくだされ
ずっと使われていなかったのですが
あそこを通れば 城の真横にでられますぞ
【ロイ】
わかりました
【村人】
では わしはさきに戻り 近くにいけば
門が開くよう 手はずをしておきますじゃ
村人が消える
【ロイ】
マリナス! すぐに城に向かい
山賊たちを追い払うぞ!
【マリナス】
やれやれ 困ったもんですわい

EnemyPhase-01 終了後

フォーカス・村
【ヨーデル】(左)
では ドロシー たのみましたよ
サウルにも この話を伝えておいておくれ

【ドロシー】(左)
はい ヨーデル司祭
ヨーデルが消える
【ドロシー】
・・・それにしても 神父さまったら
どこに行ったんだろう
勝手にいなくなったら 私が
護衛についてる意味ないじゃない
ドロシーが消え、サウルと村人が現れる
【村人】(左)
神父さま せっかくですが
私はちょっと・・・
【サウル】(右)
まあまあ そういわずに
今夜 ゆっくりと私の説教を・・・
ドロシーが現れる
【ドロシー】(最左)
あ 見つけた!
神父さま!
【サウル】
むっ
ドロシー
【村人】
じゃあ
私はこれで・・・
村人が消える
【サウル】

待ちなさい
・・・やれやれ
これ ドロシー
おまえがコワい顔して近づくから
逃げてしまったではないですか
ドロシーが前へ進む
【ドロシー】
コワい顔は生まれつきです!
それより 神父さま
また 女の子に声かけてたでしょう
【サウル】
また誤解を
まねくようなことを・・・
私は迷える子羊に
魂の救済をですね・・・
ドロシーが前へ進む
【ドロシー】
それが どうして
「今夜」なんです?
サウルが後ろへ下がる
【サウル】
・・・まあ そんなことはともかく
なにか 用事があったのではないのですか?
【ドロシー】
あ そうそう リキアの同盟軍が
もうすぐ このあたりにくるみたいです
【サウル】
なに! では そこにギネヴィア姫が
おられるということですね
【ドロシー】
エリミーヌ教本部で教えられた話が
まちがってなかったら ですけどね
【サウル】
こうしてはいられない!
早くその軍に合流しなければ
【ドロシー】
・・・・・・
【サウル】
どうしたのです?
ドロシー
【ドロシー】
・・・ギネヴィア姫
すっごい美人だそうですもんね~
【サウル】
なにをバカなことを・・・
さ 行きますよ
【ドロシー】
は~い
サウル・ドロシー撤退

門の右側に待機した時

【村人】(右)
おうっ 話は聞いてるぜ
ちょっと待ってな 今開くからよ
門が開く
【ドリー】(右)
な なんだぁ?
あんなところに 門があったのか
チッ
あじなまねを・・・

ドリー初戦時

【ドリー】
おれの一撃をくらって
立ってた奴は まだいねえ

そこのてめえ
ためしてみるか?

ドリー撃破時

【ドリー】
ぐぇっ・・・!
いやだ・・・まだ死にたかねえ・・・

制圧後

【マリナス】(左)
ロイ様!! 大変ですぞっ!
エリミーヌ教団の僧侶が
ロイ様と・・・ギネヴィア姫を
たずねて まいりましたぞ!
【ロイ】(右)
ギネヴィア姫が ぼくらと一緒だと
知っていたということかい?
【マリナス】
はい どういうことでしょうな
【ロイ】
・・・わからない
とりあえず ぼく一人で会ってみるよ

【ギネヴィア】(最右)
ロイ様 私ならば大丈夫です
その方の お話をうかがいましょう
【ロイ】
姫?
【ギネヴィア】
実は 兄とエリミーヌ教団は
近年 関係が悪化しているのです
事情まではわかりませんが
教団の方は きっと敵ではないと思いますわ
【ロイ】
そういうことですか
では ここにお通しして
マリナスが消え、サウルが現れる
【サウル】(左)
ロイ様 はじめてお目にかかります
私はエリミーヌ教団のサウルと申します
【ロイ】
はじめまして
【サウル】
そして・・・
おお! あなたがギネヴィア姫ですね!?
うわさにたがわず いや お美しい!
【ギネヴィア】
・・・?
【サウル】
さて ギネヴィア姫
『ファイアーエムブレム』の
所在を知りたいのですが お持ちですね?
【ギネヴィア】
!!
どうしてそのことを・・・
【サウル】
ベルンにある わが教団の支部から
連絡がありましてね
『封印の神殿』から
『ファイアーエムブレム』が消えたと
そして 同時期に ギネヴィア姫
あなたも ベルンから消えた
【ギネヴィア】
・・・・・
【サウル】
私は 事実を確認するために
教団から つかわされました
なぜです?
なぜ『ファイアーエムブレム』を?
【ギネヴィア】
・・・兄をとめるためです
【サウル】
兄・・・ベルン国王
ゼフィール陛下のことですね
【ギネヴィア】
はい
【サウル】
『ファイアーエムブレム』は
どういうものか 姫はご存知なのですか?
【ギネヴィア】
・・・『ファイアーエムブレム』は
竜封じの剣を 目覚めさせるカギ・・・
亡き父王に 昔 そう教わりました
でも それが何を意味するのかまでは・・・
ただ兄は 『ファイアーエムブレム』が
他人の手に渡ることを 恐れているようでした
【サウル】
それが敵の手に渡ったかもしれない・・・
国王に そう思わせることで
他国への侵略をやめさせる手段にしようと
お考えだったのですね?
【ギネヴィア】
はい でも戦いは起きてしまいました・・・
【サウル】
エリミーヌ教団を代表しておたずねします
これから どうなさるのです
【ギネヴィア】
・・・どうしても 今
お答えしなくてはいけませんの?
【サウル】
何かお考えがおありなのですね
【ギネヴィア】
はい 私はまだ
和解の道を あきらめてはおりません
【サウル】
なるほど では 私も
ごいっしょさせていただいて よろしいですか?
【ギネヴィア】
ロイ様が お許しになるのであれば
【ロイ】
ぼくは かまいません

サウルが消え、ギネヴィアが移動
【ギネヴィア】(左)
・・・ロイ様
いろいろと ご迷惑をおかけします
【ロイ】
いいえ
お気になさらないで下さい
姫のいう和解の道が・・・
うまくいくといいですね
【ギネヴィア】
・・・ええ

【村人】(右)
あんたら ちょうどいい
この槍を あずかってくれないか?
なんでも ものすごいアーマーナイトが
使っていたらしいよ
ウワサじゃ 闘技場で ベルン王国の
猛者ども相手に20人抜きしたとか
元気な少年と きれいなおじょうさんとの
三人連れで ベルン王国と戦ってるってさ
あんたらと 一緒だな
ガントのやりを手に入れた

民家(左)

【村人】
北東にある アラフェンのお城が
ベルンに襲われたとき・・・
わたし・・・近くにいたんです
ベルンの竜騎士も恐ろしかったけれど
・・・もっと・・・もっと 恐ろしいものが・・・

私 見たんです
炎の息で リキア軍をのみこみ
何もかも滅ぼした 竜 ・・・を

私・・・きっと ゆめでもみてたんです
おかしいですよね
だって 竜なんて・・・

・・・お願い
・・・ゆめだって言ってください

現実じゃないって言ってください!

民家(中)

【村人】
この辺の山々は みんな
山賊どもの にわみたいなもんさ
やつら山は得意だからね
どんな高い山も平気で越えてくるんだ
ああ おそろしいねえ・・・

民家(右)

【村人】
次から次へ出てくる敵に
苦労してるみたいだね
敵の増援が 砦から出てくるのを
止めたいときはさ
味方が その砦まで行って
ふさいでしまえばいいんだ
そこさえ押さえとけば
敵は 出るに出られないわけさ