会話集/7章 オスティアの反乱

Contents


ワールドマップ

反乱の知らせを受けたロイたちは
オスティアへと急いだ

その途中 集めた情報によると
オスティア侯ヘクトルの部下である
レイガンス将軍が 部下のデビアスを誘い
オスティアをベルン王国に売りわたすべく
反乱を起こしたということだった

オスティアの留守を守っていた リリーナは
レイガンスらに捕らえられ
利用することができると思われたのか
城に閉じ込められているらしい

その報告を聞いたロイたちは
自軍だけでも リリーナを救う決意で
オスティア市街へと乗りこんだ

こうして リキア一の大都市と
うたわれたオスティアは
戦場となり 無残にも
踏み荒らされてゆくのであった・・・

オープニング

レイガンスがやってくる
【レイガンス】(右)
デビアス 街の様子はどうだ?
【デビアス】(左)
はっ 今のところ静かです
しかし ヘクトル様が雇っていた
イリアの傭兵騎士団は 断固として
抵抗する意志をしめしております
【レイガンス】
あやつらめ こちらが高い金を出すと
言うのだから 素直に従えばいいものを!!
【デビアス】
イリアの傭兵騎士団は
決して寝返らぬと 有名ですからなぁ
レイガンスが前へ進み、デビアスが後ろへ下がる
【レイガンス】
感心しておる場合か!
もうすぐ ベルン三竜将の一人
ナーシェン将軍が来られるのだ!
それまでに このオスティアを押さえなければ
軽く見られてしまうではないかっ!!
【デビアス】
おっ おっしゃるとおりです
【レイガンス】
リリーナは いざという時の切り札・・・
あの娘を盾にすれば 抵抗もやむだろうが・・・
だが それはあくまでも最終手段!
イリアの傭兵騎士団と それに協力する連中など
わしらオスティア軍精鋭部隊の敵ではないぞ!
デビアス! おまえの隊と
ベルンからの援軍の竜騎士で
ここを押さえてみせるのだ!!
わしは城内をおさえる 街中はまかせたぞ!
デビアスが前へ進む
【デビアス】
はっ!
レイガンス撤退
フォーカス・ロイ
【ロイ】(右)
マリナス! 敵反乱部隊に参加したのは
どのくらいの兵なんだ?
【マリナス】(左)
かなりの数だと思われますぞ
やつら オスティア侯に受けた恩も忘れ
強いと見れば節操もなく付き従うとは・・・
まったく なげかわしい
【ロイ】
そうか・・・
【マリナス】
ですが 良い知らせも!
イリアの傭兵騎士団から
わが軍にあわせて 反乱部隊を攻撃する
との申し出がありましたぞ
ギネヴィアが現れる
【ギネヴィア】(最右)
イリアの傭兵騎士団?
【マリナス】
はい オスティア軍とともに
ベルン王国と戦う契約があったそうです
【ロイ】
それは 思わぬ幸運だけど・・・
ヘクトル様が亡くなられたという事実が
騎士団に伝われば
きっとその契約は白紙になるのだろう
ぼくたちが 彼らをあらためて雇うことは
可能なのかな?
【マリナス】
それがロイ様 騎士団の者たちは
すでに オスティア侯の死を知っておりましたぞ
そのうえで ともに戦うと言ってまいりました
【ギネヴィア】
傭兵なのに どうしてそこまで?
【マリナス】
イリア地方は土地があまり豊かではなく
傭兵も主要な産業の一つですからな
それゆえに 彼らは信用を第一に考え
契約をかわした主を決して裏切らない・・・
いやぁ うわさには聞いておりましたが
まことのことでしたな
【ロイ】
うん 今のぼくらには
とても心強い味方だ
【マリナス】
はい わが軍はまだ
天から見放されておりませんぞ!
しかし・・・騎士団からの情報で
ほどなく ベルンの将軍と竜騎士部隊が
ここにくる予定だとか・・・
万が一 反乱部隊に加勢されれば
こちらの勝利は絶望的でしょうな
【ギネヴィア】
ロイ様・・・どうなさいます?
【ロイ】
・・・エトルリア王国が
動いてくれるかもしれません
【ギネヴィア】
エトルリア!?
・・・できるのですか?
【ロイ】
エトルリア王国の『魔道軍将』
セシリア将軍は
ぼくがこのオスティアに留学していた時
駐留武官として ここにいらしたんです
ぼくは 将軍に戦い方を教わったりもしました
あの人なら 力になってくれると思います
【マリナス】
ロイ様! わしは反対ですぞ!!
リキア内のことで エトルリア王国を頼っては
あとでどんな口出しをされるか・・・
【ロイ】
それはわかっている だけど
リキア自体の 存続の危機なんだ
先への不安で二の足をふみ
全てを失うよりも
本当に大切なものを守るために 少しでも
可能性のあるところにかけるべきだろう
【マリナス】
・・・ロイ様
【ロイ】
すぐに行動しないと間に合わないぞ!
ぼくがセシリア将軍にあてて手紙を書く
それを大至急エトルリアに届けてくれ
マリナス その手配はまかせるよ
【マリナス】
・・・はい! こうなったら
わしも腹をくくりますぞ!!
【ロイ】
うん 頼んだよ
さぁ みんな!
オスティアをとりもどすぞ!!

EnemyPhase-01 終了後

ゼロット・トレック出現
【ゼロット】(右)
どうやら 同盟軍の残存部隊が
反乱軍に攻撃をはじめたようだな
よし われらイリア傭兵騎士団も
出撃するぞ
彼らに呼応して
反乱軍を追い払うのだ!
【トレック】(左)
へぇい
【ゼロット】
ん? ノアが見当たらんな
あいつは どこに行った?
【トレック】
はぁ・・・
闘技場の方に行ってるみたいです
なんでも 世間知らずな
若い剣士を指導してるとかで・・・
【ゼロット】
ほう あのノアが・・・
めずらしいこともあるものだな
まあいい あいつのことだ
われらが動きはじめたのを知ったら
すぐに参加してくるだろう
【トレック】
そうっすね
【ゼロット】
では 行くぞ!

OtherPhase-02 終了後

フォーカス・闘技場
【ノア】(右)
どうやら 始まったみたいだな

じゃあ フィルさん
おれは そろそろ行くよ
【フィル】(左)
いろいろ 教えていただいて
ありがとうございます ノアどの
【ノア】
しかし 最初はおどろいたよ
いきなり入ってきたかと思ったら
「お手合わせねがいたい!」
ときたからね
【フィル】
す すみません なにしろ 闘技場は
はじめてだったもので・・・
【ノア】
下手な相手なら ようしゃなく
やられてしまってたところだよ
闘技場で戦うなら
ちゃんと相手を見きわめないとね
【フィル】
そして 危なくなったら
迷わず戦いをやめる ですね?
【ノア】
そうだ
かけ金なんて どうにでもなるが
命の代わりはないからね
負けたぶんは
また 強くなってとりかえせばいい
【フィル】
はい
【ノア】
これからどうするんだい
まだ ここでウデをきたえるのかい?
【フィル】
いえ・・・西の島々へ
わたってみようと思ってます
【ノア】
西・・・ということは西方三島?
どうしてまた あんな辺境に?
【フィル】
鉱山の開発で 人がたくさん
集まってるという話です
武者修行には もってこいだなって
思いまして・・・それに・・・
【ノア】
それに?
【フィル】
西方三島は 死んだ母が
はじめて父と出会った場所なんです
母も わたしと同じように世界をめぐって
武者修行していたから・・・
【ノア】
へぇ・・・
少し意外だね
【フィル】

【ノア】
「強くなりたい なりたい」って
言ってばかりだから
剣にしか興味を持てないのかと
思っていたけど
なんだ ちゃんとロマンチックな
ところもあるじゃないか
【フィル】
え? ・・・もう!
からかわないでください!!
【ノア】
ハハハ・・・
フィル撤退
ノア出現

EnemyPhase-09 終了後

フォーカス・デビアス
【デビアス】(左)
そろそろ
南から援軍がつくころだな
ククク・・・攻めてきた連中の
驚く顔が目にうかぶわ

ロイ→ゼロット

【ロイ】(右)
イリア傭兵騎士団の
ゼロット将軍ですね?
【ゼロット】(左)
きみは?
【ロイ】
ぼくはロイといいます
この軍をひきい 戦っています
【ゼロット】
きみが?
おどろいたな・・・
まだ ほんの少年じゃないか
【ロイ】
オスティア侯の遺志をつぎ
いま こうしています
【ゼロット】
オスティア侯か・・・
惜しい人を失ったものだ
あの方は まれにみる武将だった・・・
【ロイ】
はい 亡きヘクトル様のためにも
ぼくは絶対にこのオスティアをとり戻したい!
約束したんです リリーナを守ると・・・
【ゼロット】
そうか・・・私たちも できるかぎりの
ことはさせてもらうよ
【ロイ】
・・・ご協力に感謝します
【ゼロット】
礼なら すべてがうまくいったあとに
うかがうよ
いまは 目の前の敵に集中しよう!
【ロイ】
はい

ロイ→トレック

【ロイ】(右)
イリア傭兵騎士団の
方ですか?
【トレック】(左)
う~ん? ああ
そうだけど?
【ロイ】
ぼくは ロイといいます
リキアの同盟軍をひきいて・・・
【トレック】
ということは 今から
あんたに従えばいいってことか
【ロイ】
えっ
いいのですか?
【トレック】
ん?
【ロイ】
隊長に確認を
とったりはしないのですか?
【トレック】
まあ いいんじゃないかなぁ
リキアの同盟軍と合流するって
言われているしさ
【ロイ】
そういうものでしょうか
【トレック】
そういうものじゃないかなぁ?
戦場なんだし いちいち
許可をとっていたら命がもたないよ
別に命令に逆らってるわけでもないし
なによりも めんどうくさいし
【ロイ】
・・・はぁ

ロイ→ノア

【ロイ】(右)
イリア傭兵騎士団の
方ですか?
【ノア】(左)
ああ
そうだけど?
【ロイ】
ぼくは ロイといいます
リキアの同盟軍をひきいて・・・
【ノア】
ああ! 話は聞いているよ
では 今からあなたの指揮にしたがおう
どうすればいい?
【ロイ】
えっ
いいのですか?
【ノア】
なにが?
【ロイ】
隊長に確認を
とったりはしないのですか?
【ノア】
リキアの同盟軍と合流するという
話は聞いている
それで十分だよ
【ロイ】
そういうものでしょうか
【ノア】
ここは戦場だからな
いちいち許しをもらっていては
いざというときに
すばやく働くことができないさ
命令にそむくことはマズいが
それ以外は「臨機応変」にいかないとね
【ロイ】
なるほど 勉強になります

ゼロット→トレック

【ゼロット】(右)
トレック われわれは
これからリキア同盟の指揮下に入る
【トレック】(左)
へえい
【ゼロット】
なんだ 気のない返事だな
気に入らないのか?
【トレック】
いや そんなことは
ないですよ
【ゼロット】
そうか ならいいが
ゼロットが消える
【トレック】
リキアね・・・
ま なんとかなるでしょう

ゼロット→ノア

【ゼロット】(右)
ノア!
【ノア】(左)
ゼロット将軍
おくれてすみません
【ゼロット】
闘技場に行っていたそうだな
若い剣士を教えているとか聞いたが?
【ノア】
はい
世間しらずだったもので つい・・・
【ゼロット】
その者は
いっしょではないのか?
【ノア】
西の島々へ修行に行くといって
旅立ちました
【ゼロット】
そうか
ともに来れば戦力になるかとも思ったが
それなら仕方がない
しかし あまり人事にクビをつっこまない
おまえが ものを教えるとはめずらしいな
【ノア】
そうでしょうか?
【ゼロット】
ああ
意外と
かわいい娘さん相手かもしれん
などと トレックと
冗談を言っていたくらいだ
場所が闘技場ではあるし おまえのことだ
そんなことはないだろうがな
【ノア】
・・・・・・

トレック→ゼロット

【トレック】(右)
ゼロット将軍
【ゼロット】(左)
トレックか
どうした?
【トレック】
先ほど リキア同盟軍の
リーダーに会いました
【ゼロット】
なんだって
どうして はやく言わなかったんだ?
【トレック】
いや はやくもなにも
先ほど 会ったばかりなので・・・
【ゼロット】
まあいい
それなら さっそく
彼らの指揮下に入ろう
トレック 同盟軍との
連絡役は頼むぞ
【トレック】
へえい

ノア→ゼロット

【ノア】(右)
ゼロット将軍!
【ゼロット】(左)
ノアか
闘技場に行っていたそうだな
【ノア】
はい
おくれてすみません
【ゼロット】
いや かまわない
私たちも 今 戦い始めたところだ
リキアの同盟軍とは
まだ 連絡がとれていないのだが
【ノア】
それなら ご安心を
私は さきほど
同盟軍のリーダーに会いました
【ゼロット】
本当か!
ならば さっそく
彼らの指揮下に入ろう
ノア 同盟軍との
連絡役は頼むぞ
【ノア】
おまかせください

デビアス初戦時

【デビアス】(左)
あ あのベルン竜騎士たちを
打ち破ったというのか?

くっ
こ ここは通さぬぞ!
対ボールス
【デビアス】(左)
ぬうっ ボールスかっ!
【ボールス】(左)
主の留守に
反乱を起こすとは!

許せん!

デビアス撃破時

【デビアス】(左)
レイガンスさま
お気をつけください・・・

この者たちは・・・
・・・強い

制圧後

【ロイ】(右)
よし 街の方は
これで大丈夫だろう
ロイが前へ進む
【ロイ】
次はオスティア城内だ!
リリーナを助けないと!
マリナスが現れる
【マリナス】(左)
ロイ様! 今 力のある者たちで
城門を打ち破っております
あせる気持ちはわかりますが
しばしお待ちくだされ
ロイが後ろへ下がる
【ロイ】
・・・リリーナ
【マリナス】
リリーナ様といえば・・・
ヘクトル様の最後のおことばを
ロイ様は どのようにとられましたか?
【ロイ】
竜のことかい?
伝説ではなく 実在したんだ・・・
ヘクトル様は 父上と並び
リキア屈指との称号を受けたほどの方だ
その軍が あれほどの短い間に
壊滅にまで追い込まれた・・・
【マリナス】
ベルン軍は エレブ一の強国ですからな
あの竜騎士どもの強さときたら
【ロイ】
もちろん ベルンの竜騎士も
強かったのだろうけど
本物の竜の力・・・か
ぼくには想像もつかない
竜に通用する武器・・・
どんなものなのだろう?
【マリナス】
おそらく・・・『神将器』と呼ばれる
ものではないですかな
【ロイ】
神将器?
たしか 伝承に出てくる・・・
【マリナス】
はい 『八神将』が竜どもと戦った時に
使ったという 特別な武器のことです
【ロイ】
その武器があれば 竜と
戦うことができるんだね
でも どうしてそれがオスティアに
あるのだろう?
【マリナス】
リリーナ様なら ご存知かも
しれませんなぁ 興味がありますわい

んっ? ロイ様 合図がきましたぞ
ようやく城に入れるようです!
ロイが前へ進む
【ロイ】
よし! すぐに突入だ!
リリーナを助け出す 絶対に!

村(1番上の左側)

【村人】(右)
え~ くすり~
万病にきく おくすりいかがですか~?
どんなケガでも すっかり元気
よく効きますよ~
中身は・・・ないしょです
おしえるとみんな買わないから

え? いらない?
そんな~

おひとつサービスしときますから~
次は買ってくださいね~
とっこうやくを手に入れた

村(1番上の右側)

【村人】(右)
ソシアルナイトとか パラディンとか
馬に乗った騎士・・・
そいつらに効くのが この長いやり
ナイトキラーさ
反乱軍の中に 騎士がいたから
これ用意して待ってたんだけど・・・
まだ役に立つかなあ?
ナイトキラーを手に入れた

村(上から2番目の左側)

【村人】(右)
なあ あんた
見てくれよ おれの自信作
ふつうの弓より よく飛ぶんだ
すごく有利だってわかるだろ?
だろ? だろ?
そうだよなあ
やっぱり こいつだって
違いのわかる奴に使ってもらいたいよな
長弓を手に入れた

村(上から2番目の右側)

【村人】(右)
ここ オスティアは
リキア一の都・・・だったのですが
今は・・・
ごらんのありさまです
この宝玉・・・ 店に売れば
いくらかの足しになるはずです
どうか お願いします
私たちのオスティアを・・・
私たちのくらしを
取りもどしてください
赤の宝玉を手に入れた

村(下から2番目の左側)

【村人】(右)
りりーなさま たすけに行くんでしょ
だったらこの杖 つかって

とおくの人のケガを なおしてくれるの
りりーなさまがケガしてたら たすけてあげて
ごぶじだといいね・・・
リブローを手に入れた

村(下から2番目の右側)

【村人】(右)
気をつけろ・・・
レイガンス将軍たちは ベルンについた
従わない者は みなやられた
おれはなんとか逃げたが・・・このザマだ

これをもっていってくれ
英雄と呼ばれる者の あかしだ
これにふさわしい戦士になって
祖国オスティアのために戦う・・・
それが おれの夢だったんだがな・・・
英雄の証を手に入れた

村(1番下の左側)

【村人】(右)
これかの?
これは明かりをともす トーチの杖じゃよ
こいつがないと
夜はろくに歩けんのでの
戦いだって 夜中は大変じゃろう?
なにせ何も見えんからのう
はな先 敵にぶつけてからじゃ
攻撃もできやせん
一つやるわい
どうせ燃やすほどあるからの
トーチを手に入れた

村(1番下の右側)

【村人】(右)
ずっと前に・・・名も知らない男が
いきだおれててさ
助けてやったら お礼にってくれた剣だよ
おかしな男だったね
けど・・・なかなか いい男だったね
あたしが あと一年 若けりゃねえ・・・
なんだって? ああ・・・剣ね
そこにあるから もっていきな
いいから えんりょなんかいらないよ
どうせ大したもんじゃないだろうしさ
キルソードを手に入れた