会話集/8章外伝 烈火の剣

Contents


ワールドマップ

父の死にうちのめされるリリーナを
いつまでも守っていくと誓うロイ
だが 背後よりせまりくる
敵国ベルンの竜騎士団を相手に
このままでは まともに戦う
ことができない・・・
そこでロイたちは 先に『神将器』を
入手すべく リリーナの案内で
オスティア郊外の洞窟へと向かった
火山のふもとにある その洞窟は
ロイたちに 大きな試練を与えることになる

オープニング

フォーカス・ヘニング
【賊】(左)
お お頭 大変だ!
軍隊が この洞窟に攻めこんできた
【ヘニング】(右)
なんだと!
数は どのくらいだ?
【賊】
わからねえ
たいした数じゃなきゃいいんだが・・・
【ヘニング】
ヘンだな・・・
リキアの諸侯は オレたちなんぞに
かかわってるどころじゃねえはずだ
【賊】
どうする お頭?
【ヘニング】
連中 この洞窟は
はじめてだろう
ここのことなんざ
なにも知らねえにちげえねえ
マグマがふく床にさそいこんで
やっつけちまえ
フォーカス・ロイ
【リリーナ】(左)
ロイ こっちよ!
この マグマの谷の向こうに
オスティア家に代々伝わる『神将器』が
おさめられているはずよ
ロイ現れる
【ロイ】(右)
リリーナ 大丈夫かい?
少しは落ち着いた?
【リリーナ】
ええ もう大丈夫・・・とは言えないけど
今は悲しんでいるときではないもの
このオスティアを守りきれるかどうか
私 お父様の分もがんばるわ
【ロイ】
そうか・・・
それでこそ リリーナだよ
ロイ消える
【リリーナ】
ロイが側にいてくれるから・・・
私はうつむかずにいられるのよ
ロイ現れる
【ロイ】
え? 今 なにか言った?
【リリーナ】
ううん なんでもない
それより『神将器』について
私が教わったことを話すわね
ここにあるのは 『八神将』の一人
勇者ローランが使った剣なのよ
【ロイ】
その人は もしかして
オスティア初代領主のローラン?
【リリーナ】
そうよ 私たちのご先祖さまね
剣の名前は『烈火の剣』デュランダル
【ロイ】
デュランダル・・・不思議な響きだ
勇者ローランは 『人竜戦役』の時
その剣で竜と戦ったんだね
【リリーナ】
そう伝えられているわ
人竜戦役の後 故郷オスティアに
戻ってきたローランは
烈火の剣を天高くかざし
戦いに荒れ果てた大地
さまがわりした自然のことわり
それらすべてを 正しき姿に
もどした・・・とも
【ロイ】
なんだか すごい剣だな
【リリーナ】
竜に通用するのですもの
きっと不思議な力を秘めているのよ
【ロイ】
そうだね ・・・ところで
盗賊団が ここを根城にしているって
いうけれど 大丈夫かな?
【リリーナ】
? なにが?
【ロイ】
デュランダルが もうなくなってる
なんてことないよね
【リリーナ】
心配ないわ
デュランダルの取りだしかたは
ローラン直系の者しか知らない
はずだもの
【ロイ】
だったら 話は早い
彼らを倒して
デュランダルを手に入れるんだ!

ヘニング初戦時

【ヘニング】(左)
やれやれ・・・てめーら
んなとこまで何の用だ?
まあ 来ちまった以上は
・・・帰せねえよなあ

ヘニング撃破時

【ヘニング】(左)
やっ
やっぱりかよ・・・

制圧後

リリーナ生存時
【リリーナ】(左)
ロイ あったわ これよ!
ロイ現れる
【ロイ】(右)
これが『烈火の剣』デュランダル・・・
とても大きい剣だね 使う者を選びそうだ
【リリーナ】
でも勇者ローランは 記録によれば
小柄な方だったわよ

使えるかどうかは 剣のうで次第
ではないかしら?
【ロイ】
うでを あげれば
ぼくでも使えるってことかな?
【リリーナ】
多分 ね
【ロイ】
多分かぁ・・・
【リリーナ】
フフフ・・・
デュランダルを手に入れた
リリーナ死亡時
【マリナス】(左)
ロイ様 ありましたぞ!
玉座の下に 大きな剣が!
取り出すのに かなり苦労しましたが・・・
なんとか手に入りましたな
ロイ現れる
【ロイ】(右)
これが『烈火の剣』デュランダル・・・
すごい剣だけど・・・リリーナを失ってまで
手に入れる価値があったのだろうか・・・
デュランダルを手に入れた
【マリナス】(左)
ロイ様 大変です!
オスティア城外に ベルンの竜騎士団が!
ロイ1歩前へ進む
【ロイ】(右)
なんだって! もう来たのか
ロイがオスティア城外まで移動
【ナーシェン】(左)
クックックッ
ロイ とか言うのはお前か?
ご苦労だったね あのレイガンスとかいう
バカどもを倒してくれて 手間がはぶけたよ
ナーシェン1歩前へ進む
【ナーシェン】
さあ おとなしく
このオスティアをわたしてもらおうか
ロイ1歩前へ進む
【ロイ】
冗談じゃない!
だれが お前たちなんかに・・・!!
【ナーシェン】
ほう・・・なら 私たちと戦うか?
そのボロボロの戦力で
ナーシェン1歩前へ進む
【ナーシェン】
面白い 徹底的にやっつけてあげよう
オスティア侯ヘクトルのようにね
【ロイ】
くっ!
【○○○○○】
そこまでだ!
エトルリア軍出現
【ベルン兵】(右)
ナ ナーシェン様!
エトルリア王国の大部隊がっ!
ベルン兵消える
【ナーシェン】
ええいっ そんなこと見ればわかる!
一体 なぜ・・・
パーシバル現れる
【パーシバル】(右)
私はエトルリア王国
騎士軍将パーシバル
先日 魔道軍将セシリアをとおして
オスティアからわが国に保護要請がなされた
したがって オスティアは
今よりエトルリア王国の保護下に入る
【ナーシェン】
な なにぃ・・・
パーシバル消える
セシリア現れる
【セシリア】(右)
ご不満?
なら 一戦交えてもよろしくてよ
もっとも そのいかめしい竜騎士だけで
この数を相手にできるのかしら?
【ナーシェン】
き 貴様は・・・
【セシリア】(右)
私は エトルリア王国
魔道軍将セシリア
このオスティアには ゆかりある者
あなたの好きにはさせないわ
ナーシェン1歩前へ進む
【ナーシェン】
ぐっ・・・
おのれ・・・おのれっ!
ベルン兵現れる
【ベルン兵】(最左)
ナーシェン様 短気はなりません!
パーシバル将軍は
エトルリア王国きっての名将
それに 魔道軍が加わっているとなれば
われら竜騎士だけで戦うのは分が悪・・・
【ナーシェン】
わかっているよっ!
引き上げるぞっ!!
ベルン兵現れる
ナーシェン1歩後ろへ下がる
【ナーシェン】
セシリアとかいったな
生意気な女め 覚えていろっ!
ベルン軍撤退
パーシバルとセシリアがロイに近づく
【パーシバル】(左)
リキア同盟のロイ将軍か?
【ロイ】(右)
は はい!
亡き盟主 オスティア侯より
軍をまかされています
【パーシバル】
そうか リキアは試練のときだな
わがエトルリア国王からも
侯の死に対する くやみを伝えるよう
申しつかってきた
【ロイ】
お心づかい 感謝いたします
エトルリアの ご助力がなければ・・・
今ごろオスティアはベルンの軍門に
くだっていたことでしょう
本当にありがとうございました
【パーシバル】
礼を受けるべきは 私ではない
私は国の決定に従ったまでだ
礼を言うならば 難色を示す国王に
くいさがった魔道軍将に言うがいい
【ロイ】
国王に・・・逆らったのですか?
【パーシバル】
そうだ 命しらずだろう?
さて 軍将二人までもが
国を長く空けるわけにもいかない
私は ここで失礼する
セシリア!
ロイ消える
セシリア現れる
【パーシバル】
あとはまかせるぞ
【セシリア】(右)
はい おまかせを
パーシバル撤退
【ロイ】(右)
ふぅ・・・
パーシバル将軍・・・すごい迫力だ
セシリア現れる
【セシリア】(左)
フフフ・・・
緊張していたようね
【ロイ】
セシリアさん!
おひさしぶりです
【セシリア】
少しつかれが見えるけど
とりあえず 元気そうね ロイ
【ロイ】
はい エトルリア軍のおかげで
難を逃れることができました
【セシリア】
間に合ってよかったわ
【ロイ】
すみません
ムリをしていただいたみたいで・・・
【セシリア】
いいえ ちがうわよ
ロイからの オスティア保護要請は
エトルリアにとっても利のある話だったわ
【ロイ】
利・・・ですか?
【セシリア】
ええ そう
ベルン王国の最近の行動は
目に余るものがあったでしょう?
我が国も なんとか対処したいのだけれど
直接攻め込まれたわけでもない・・・
だけどこれ以上 ベルンが強大になって
しまうと 力のバランスがとれなくなるわ
【ロイ】
そこに オスティアからの要請が
舞い込んだ そういうことですね?
【セシリア】
そう
私たちは それを是とし 行動したまで
ロイが恩にきる必要はないわ
【ロイ】
わかりました
【セシリア】
だから お礼はいらないわ
【ロイ】
はい 言いません
とりあえず 奥へどうぞ
軍のみんなに 会って下さい
ロイがオスティア城へ移動
【セシリア】(左)
フフ・・・しばらく見ない間に
ずいぶん たくましくなって・・・
男の子ね やっぱり
セシリアがオスティア城へ移動