会話集/11章B 自由への脱出

Contents


ワールドマップ

リキア同盟軍は エルフィンを軍師に迎え
その助言に従い 南のカレドニア島を目指した
カレドニア島は 現在ロイたちがいる
フィベルニア島
その東にあるディア島とならび
西方三島とよばれる島の一つである
そして たてに長くのびるカレドニアの
中央にあるイディナ城

ここには城主モルガンの手で カレドニア中から
男たちが集められ そして「死の鉱山」と
呼ばれるエブラクムへと連れていかれる

ロイたちが イディナに到着したとき
事態はすでに動き始めていた・・・

オープニング

拠点から市民たちが逃げ出してくる
【市民A】(右)
おい 急げ!
こっちだぞ
市民Bが現れる
【市民B】(左)
だ 大丈夫かな・・・
オレたち 逃げ出したりなんかして
【市民A】
バカやろう!! あのまま鉱山に送られたら
死ぬまで こきつかわれるしかないんだぞ!?
若いの おまえはそれでもいいのか?
家には 待っている家族がいるんだろう?
【市民B】
あ ああ・・・
【市民A】
北東へ逃げて行きゃ
助けてくれる連中がいるって話だ
そこまで なんとしてもたどり着くぞ!
フォーカス・拠点
【アルカルド】(右)
なんだとっ
また 市民どもが逃げ出しただと!?
ええいっ 守備の兵は
なにをしておったのだ!!
【兵士】(左)
そ それが
何者かに 眠り薬を・・・
【アルカルド】
なんだと! ・・・それでは
敵に通じている者がいるということか
兵士が消え、モルガンが現れる
【アルカルド】
モルガン!
貴様は 逃げた者どもの後を追え!
【モルガン】(左)
はっ
【アルカルド】
わしは ジュトーの
総督府にもどる
よいな 一人でも多くの人手をあつめ
北の鉱山へと送りこむのだ!!
フォーカス・ロイ
【ロイ】(右)
エルフィン
西南に見えている城が・・・
【エルフィン】(左)
はい あれがイディナ城です
この島でかり集められた人々は
一度 あの城に集めてから
北の鉱山へと送られて行くのです
ちょうど今日は 鉱山からの
むかえがくる日
エブラクム鉱山に連れていかれた後では
救出するのが とても難しくなります
【ロイ】
では すぐに
助け出さないと!
【エルフィン】
はい すでに何名か忍び込ませ
城から人々を脱出させるべく
手をうっています
【ロイ】
逃がす手はずは?
【エルフィン】
城の北東 つまりこちらに向かって
逃れるよう 指示しているはずです
【ロイ】
では まず その人々を助け
それから城へと向かおう!

EnemyPhase-05 終了後

フォーカス・村
【おばさん】(右)
ギースさん
本当に行くのかい?
【ギース】(左)
ああ あの城には
オレの部下どもの カタキがいるんだ
放ってはおけねえ
【おばさん】
いつも いっしょにいた
みなさんだね?
【ギース】
ああ オレが留守をしている間に
エトルリア総督府からの仕事だとかで
連れて行かれ 鉱山でさんざん
コキ使われた挙句 みんな・・・
【おばさん】
・・・・・・
【ギース】
頭はバカだが
気持ちのいいヤツばっかりだった
それを よくも・・・!!
【おばさん】
それで
ギースさん一人で カタキうちに?
【ギース】
おかしいか?
【おばさん】
そうじゃないけど・・・もう
海運業にはもどらないのかい?
【ギース】
そうだな・・・
あいつらのカタキをとったあと
戦争がなくなりゃ考えてみるさ
【おばさん】
そう・・・あたしたちは 忘れないよ
あんたたちが 海の危険をおかしても
いろんなモノを運んで売ってくれたことを
なにかあったら いつでも
あたしたちを頼っておいでよ
【ギース】
生きていたら な
ありがとうな おばさん

EnemyPhase-08 終了後

バアトルたちが出現
【バアトル】(右)
あのイディナ城に 島の人たちが
つかまってるってんだな
【レジスタンス】(左)
はい
【バアトル】
よし さっそく
助けに行こうぜ
【レジスタンス】
・・・すみません
娘さんをさがしているところを
手伝ってもらって
【バアトル】
あんたたちには
いろいろ世話になったからな
それに 島の人々を守るために
戦うってんなら
見捨てちゃ
男がすたるってもんだぜ

PlayerPhase-10 終了後

フォーカス・モルガン
【兵士】(右)
モルガンさま
増援の用意ができました!
【モルガン】(左)
よし 早速投入せよ
城をかこまれてもかまわぬよう
裏口からな

ロイ→ギース

【ギース】(左)
ん?
なんだ オレに用か?
【ロイ】(右)
いえ あなたが一人で
城の兵たちと戦っているのが 気になって
【ギース】
あんたは?
【ロイ】
ぼくは ロイ
リキア同盟軍を率いる者です
エトルリアの要請でここにきました
【ギース】
エトルリアの手先か!
だったら敵だな 覚悟しな!!
【ロイ】
まっ まって下さい!
ぼくたちも城の兵と戦っているのです
【ギース】
? どういうことだ?
【ロイ】
正直なところ ぼくらにも
理由がわからないのです
任務にしたがい 「賊」の討伐を
するために行動しているだけなのですが・・・
【ギース】
・・・あんたたち
城の連中と戦ってるって言ったな
だったら オレを雇わないか?
【ロイ】
え?
【ギース】
オレは海賊だからな
この辺りのことなら かなり くわしい
あんたら この島に
来たばっかりみたいだから
道案内が必要なんじゃねえか?
【ロイ】
それは心強いけれど
どうして急に?
【ギース】
「賊」退治を手伝いたいんだ
まあ本当は 海賊のオレもひとくくりに
なるんだろうが
オレは基本的に 金持ちしかねらわねえ
【ロイ】
それでは お願いします
なれない土地なので
苦労していたところなのです
【ギース】
ああ まかせとけ
ロイが消える
【ギース】
・・・待ってろよ海の兄弟たち
かたきは必ず討ってやる!
その後どうするかは
あのロイってやつしだいだな

ロイ→バアトル

【バアトル】(左)
きさまら
エトルリア王国の手のものか?
【ロイ】(右)
そ そうですが・・・
【バアトル】
ワシらは この島の人たちを
苦しみから救うために戦うものだ!
悪の手先め
かくごしてもらおう!
【ロイ】
ちょ ちょっと
まってください!
ぼくは あなたたちの
敵ではありません!
【バアトル】
なにっ! きさまらは
城の援軍ではないのか?
【ロイ】
反対です
ぼくらは 城門を突破するために
戦っているところです
【バアトル】
そうだったのか
すまん! ワシのカンちがいだったようだ
【ロイ】
ぼくはロイ リキア同盟軍を
率いる者です
【バアトル】
リキア? それはまた
ずいぶん遠くから・・・
【ロイ】
ぼくたちの軍は 西方の島々に巣食う
「賊」たちを退治するために
エトルリアに派遣されてきたのです
【バアトル】
む! やはりエトルリアの!?
【ロイ】
落ち着いて下さい!
ぼくらの目的は あなたがたと同じだ
この島の人々が 安心してくらせるよう
手助けをしたい そう思っているのです
【バアトル】
・・・おまえたちを派遣したエトルリア王国と
戦うことになるかもしれんぞ?
【ロイ】
・・・悪事を働いている者を
見つけ 対処することが任務です
それがたとえ 身分ある方であっても
ぼくにひく気はありません
【バアトル】
うむむ! その心意気やよし!
わかった ワシも ともに戦おうぞ!!
【ロイ】
一緒にきてくださるのですか?
それは心強い ありがとうございます!

フィル→バアトル/フィル⇔バアトル

【フィル】(右)
ち 父上!
どうしてここに?
【バアトル】(左)
おお フィル さがしたぞ
【フィル】
・・・父上
私の決意はかわりません
私も母上のように
世界を旅して 強い剣士に・・・
【バアトル】
わかっている
おまえを連れもどしに
きたわけではないのだ
それどころか ワシは
おまえの手伝いをしようと思ってな
【フィル】
手伝い・・・ですか?
【バアトル】
うむ 剣の修行とはいっても
なれない旅をつづけながらだ
いろいろと よけいな
苦労もあるだろう
そこで わしが
それを助けてだな・・・
【フィル】
ですが 父上
それでは 修行の意味が・・・
【バアトル】
なにをいう!
父がそばにいて
剣の修行ができないことなどあろうか
それとも おまえのことを心配する
この父の愛がわからんというのか!
【フィル】
い いえ
そういうわけでは
【バアトル】
よし そうと決まれば
話は早い
まずは この城を
落としてからだな!
バアトルが同盟軍の時
【フィル】
はぁ・・・
ロイさまに
一人 ふえますと報告しないと・・・

モルガン初戦時

【モルガン】(左)
何をしておる!
さっさと脱走者を始末し・・・

だ・・・
誰だきさまら!?

モルガン撃破時

【モルガン】(左)
この地のレジスタンスどもは・・・
壊滅したはず・・・

きさまら いったい・・・

制圧後

エルフィン死亡時
【ロイ】(右)
エルフィン!
傷は 大丈夫かい!?
【エルフィン】(左)
すみません
これしきの傷で・・・
【ロイ】
戦場に出るのは
もう やめた方がいい
戦いは ぼくたちに任せてくれ
【エルフィン】
そのほうがよいでしょうね
ご迷惑を おかけします
【ロイ】(右)
とりあえず イディナ城は制圧したけれど
ここだけを解放しても
この島 いや 西方三島全体の民を
助けることにはならないんだね
【エルフィン】(左)
そのとおりです
そのためには 元凶である・・・
エトルリアがおいた総督府を
たたかなければなりません
【ロイ】
そうか では次はジュトーだな
・・・ところで エルフィン
聞いてもいいかな?
【エルフィン】
なんでしょう?
【ロイ】
間違っているかもしれないけれど
エルフィンは エトルリアの・・・
とても身分の高い貴族ではないの?
【エルフィン】
!!

なぜ・・・そう思うのですか?
【ロイ】
うーん うまくは言えないんだけど
言葉づかいとか そういうもので かな?
ぼくは オスティアで
人物を「みる」ことも
覚えたつもりなんだけれど
当たっているかい?
【エルフィン】
もし・・・そうだとすれば
どうなさいますか?
【ロイ】
いや とくになにも
【エルフィン】

【ロイ】
何か特別な事情が
あるのだと思うから
エルフィンが話したくなった時に
聞かせてくれれば それでいいよ
【エルフィン】
・・・・・・
【ロイ】
さあ 行こう!
ジュトーの エトルリア総督府へ!
西方の民を助けるために!
本当の敵と戦うために!!
市民が全員生存している場合
【市民A】(左)
おい ヒゲのおっさん!
【マリナス】(右)
な なんじゃ!!
おまえたちは!?
【市民A】
ロイ将軍に
こいつを 渡してくれよ
おれたちが また家族と会えるのは
あの人のおかげだからな
【市民B】(最左)
西方の人間は
受けた恩は 絶対忘れねえんだ!
【市民A】
くれぐれも 礼を言っといてくれな
【市民B】
おれたちみんな 心のそこから
感謝してるってな!
エナジーリングを手に入れた

【村人】(右)
あんたたちが
助けてくれる人?
だったら これをどうぞ
逃げるついでに城から取ってきたんだ
他のみんなは
無事に逃げたかな・・・
赤の宝玉を手に入れた