会話集/12章 真実の敵

Contents


ワールドマップ

ロイたちは 島の人々を救うために
島の北西にある都市ジュトーへと軍をむけた
ジュトーは 西方三島の中で
もっとも大きな都市であり
この地を保護領とするエトルリア王国の
総督府がおかれていた

エルフィンの話によると
現在の西方三島総督アルカルドは
エトルリアの貴族ではあるが
たいした人物ではないということだった

西方三島の総督を攻撃することに対する
エトルリア本国の反応は気がかりだったが
島の人々を救うため 少しでも早く
彼をたおさなければならない
そう決意したロイは
ジュトーへと軍を急がせるのだった

オープニング

アルカルドが出現
【アルカルド】(左)
ふっ ふっ フレアー殿!
【フレアー】(右)
これは アルカルド卿・・・
エトルリアの西方三島総督ともあろう方が
なにを そのように取り乱されているのです
【アルカルド】
例のリキア同盟軍だ!
リキア同盟軍の者どもが わしをねらって
この総督府に迫ってきておるのじゃ!
【フレアー】
ああ やつらのことですか
我らベルンにとっては
なにかとうるさい連中
この大事な時に エトルリアと
親しくなられては少々やっかいと考え
この辺境の島へと
追いやってもらいましたが・・・
フム・・・
たしかに思った以上に戦いますな
【アルカルド】
感心しておる場合ではない!
あやつらのせいで わしがどれほどの
被害をこうむっていることか!
ああ・・・わしが今まで
この島で築き上げてきた富が・・・
い いやっ それよりも わしの命じゃ
やつらが来たら わしはおしまいじゃ!!
一体 どうすればよいのじゃ・・・
【フレアー】
それほど ご心配なら
ここは我らにまかせて
エトルリア本国にお帰りになっては
いかがです?
【アルカルド】
よいのか?
【フレアー】
戦いは ベルン武人の得意とするところ
それに 我らには「奥の手」もあります
必ずや リキア同盟軍の息の根を
止めてみせましょう
【アルカルド】
しかし・・・
【フレアー】
アルカルド卿・・・我らベルンと
エトルリアが手を組めば
世界に 恐れるものなどない
そうではありませんか?
【アルカルド】
そ そうだな 
ならば 頼むこととしよう!
アルカルドが撤退
【フレアー】(右)
フン
エトルリア貴族の軟弱なことよ
だが これで あのリキア同盟の
連中をなんとかすれば
この島々は 我らベルンの
思うがままというわけだ クックックッ
フォーカス・ロイ
Aルートを通ってきた場合
【ロイ】(右)
ここがエトルリアの総督府か
ここを おとせば リキアに帰れるんだ・・・
エルフィンが現れる
【エルフィン】(左)
ロイ様 城に入るまえに 少し
町で おかしなうわさを耳にしました
城に 『人ならぬ人がいる』らしいと
【ロイ】
どういう意味だろう?
【エルフィン】
伝説にうたわれし『竜』
そのような生き物にかわるとか・・・
ロイが前へ進む
【ロイ】
!! 人が?
竜になるというのか!?
【エルフィン】
わかりません
とにかく 用心して進みましょう
Bルートを通ってきた場合
【ロイ】(右)
ここがエトルリアの総督府か・・・
ここを落とせば リキアに帰れるんだ・・・!
エルフィンが現れる
【エルフィン】(最右)
・・・私の手のものが
すぐ城に入れるよう 手はずを
整えているはずなのですが・・・
ララムが現れる
【エルフィン】
いました あの者です
【ロイ】
? 踊り子の格好をした人?
【エルフィン】
はい
【ララム】(左)
あ 王子さま~っ!
こっち! こっちで~す!!
【ロイ】
王子さま?
【エルフィン】
・・・なにを
言っているのでしょうね
ララムが前に進む
【ララム】
もう! おそいじゃないですか
王子さま!!
【エルフィン】
ララム 王子さまというのは?
【ララム】
えっ・・・あっ!
いや あのっ そのぉ~・・・
ララムが後ろに下がる
【ララム】(左)
ミル・・・じゃなかった
エルフィンさまって 王子さまっぽいから
あたしが 勝手につけた あだ名なの
『王子さま』って ね!
【エルフィン】
・・・・・・
【ロイ】
・・・・・・
【エルフィン】
・・・ロイ様 失礼しました
紹介します この娘はララムと・・・
【ララム】
あなたがロイさま?
今や 西方三島で知らぬ者などいない
リキアからの救世主!!
ララムが前に進む
【ララム】
はじめまして~
あたしララムっていいます!
【ロイ】
え! わっ わあっ!
離れてくださいっ!!
【ララム】
ロイさま! お顔が真っ赤よ
かわいい~~~!!!
【エルフィン】
・・・ララム
ララムが後ろに下がる
【ララム】
あっ! そっ そうだわっ
大変なんですっ!!
この城の中には 『人ならぬ人』が
いるって みんながウワサしてるんです!
【ロイ】
『人ならぬ人』?
【ララム】
そうです 見たことないような
生き物に変身するって話なんですっ!
伝説にでてくる 『竜』みたいかも
って言ってる人もいました!
【ロイ】
!! 人が?
竜になるというのか!?
【ララム】
わからないけど・・・そうかも
【エルフィン】
注意して
進むことにしましょう

PlayerPhase-01 終了後

フォーカス・フレアー
アインが出現
【フレアー】(右)
おお 来たか アインよ
【アイン】(左)
ヨバレタト聞イタ・・・
【フレアー】
わたしは ナーシェン閣下に
リキア同盟軍のことを 報告しに行く
おまえはその間 攻めてくる連中から
城を守れ
【アイン】
・・・ワカッタ
【フレアー】
むっ!? 誰かいるのかっ!

・・・・・・

気のせいか・・・
では アイン まかせたぞ
【アイン】
・・・ワカッタ
アインが消える
【フレアー】
くっくっくっ この『竜』相手では
リキア同盟軍も どうしようもないだろう
なにしろ普通の武器では
かすり傷をつけることも難しいのだからな
『暗闇の巫女』様か ・・・陛下も
計り知れぬバケモノを連れてきたものよ
フレアーが撤退
フォーカス・レイ
【レイ】(右)
・・・あれが『人ならぬ人』の
正体ってわけか
ベルン王国が『竜』をよみがえらせた
っていうのは 本当だったんだな
もぐりこんだかいは あったけど・・・
さて これからどうするかな
しばらくは ここの兵のふりでもして
『竜』の力を 見物するのもいいか

PlayerPhase-07 終了後

キャスが出現
【キャス】(右)
は~るばる きまし~た
西のはての島ぁ~
ゆたかな鉱山 苦しめられる人々
そして そこを支配している総督府
・・・ってくれば これはもう
お宝がなきゃ ウソってものよ
どうせ この総督府の人たちが
必死ではたらいてためたものでもなし
たっぷりと
いただいちゃうとしますか!

PlayerPhase-10 終了後

フォーカス・アイン
【兵士】(右)
もうすぐ 南から
援軍がくるとの知らせがありました!
【アイン】(左)
・・・・・・
【兵士】
・・・い 以上です
失礼します
アインが消える
【兵士】
なんだか
不気味な方だなぁ・・・

PlayerPhase-20 終了後

敵増援が出現
【兵士A】(右)
・・・例の
洞窟はどうなった?
兵士Bが現れる
【兵士B】(左)
山賊どもを雇って
入り口をふさぎました
これで もう誰も
『神将器』には近づけないはずです
【兵士A】
よし 後は
リキア同盟軍の始末だけだ!

チャド→レイ

【チャド】(右)
げっ! レイ!?
なんで おまえが ここにいるんだよ!
【レイ】(左)
それは
こっちのセリフだ
どうして おまえがここにいるんだ?
孤児院はどうしたんだ?
【チャド】
・・・勝手に出ていったのに
一応 気にしてるんだな
【レイ】
別にそうじゃない おまえの顔を
見たら思い出しただけだ
【チャド】
・・・孤児院は もうない
【レイ】
どういうことだ?
【チャド】
ベルンがリキアに攻め込んで
きた時に つぶされちまった
院長先生も・・・
ベルンの兵に・・・
【レイ】
!?
院長先生が・・・
【チャド】
オレは 院長先生のかたきをとるんだ
今は こんな西のはての島にいるけど
そのうち 大陸にもどって
ベルンと戦う日がきっとくるはずだ
その時こそ きっと・・・!
【レイ】
・・・・・・
【チャド】
まぁ こんな話
はく情なおまえには関係ないだろうけどな
【レイ】
・・・俺も いっしょに
行ってやるよ
【チャド】
えっ!?
本気か?
【レイ】
ベルン軍には『竜』がつきものだ
あれには興味があるからね
【チャド】
・・・別にいいけど
ジャマはすんなよ

チャド⇔レイ

【チャド】(右)
げっ! レイ!?
なんで おまえが ここにいるんだよ!
【レイ】(左)
それは
こっちのセリフだ
おまえまでいるなんて
聞いてない
【チャド】
そうか ルゥに会ったんだな
・・・孤児院のことは聞いたか?
【レイ】
ああ
【チャド】
オレは 院長先生のかたきをとるんだ
今は こんな西のはての島にいるけど
そのうち 大陸にもどって
ベルンと戦う日がきっとくるはずだ
その時こそ きっと・・・!
【レイ】
・・・・・・
【チャド】
まぁ こんな話
はく情なおまえには関係ないだろうけどな
【レイ】
・・・俺も この軍に
ついて行くんだ
【チャド】
えっ!?
本気か?
【レイ】
ベルン軍には『竜』がつきものだ
あれには興味があるからね
【チャド】
・・・別にいいけど
ジャマはすんなよ

ルゥ→レイ

【ルゥ】(右)
レイ やっぱりレイだ!
会いたかったよ!!
【レイ】(左)
ルゥ・・・!
どうして こんなところに?
【ルゥ】
よかった 元気そうだね
「魔道の修行に行く」って
突然 いなくなったりするから・・・
みんな すごく
心配していたんだよ
【レイ】
・・・孤児院にいたって ロクな魔法
覚えられないからな
ま あんな孤児院で 魔法を
習えたことが 奇跡みたいなものだけど
【ルゥ】
レイ・・・
孤児院はもうないんだ・・・
【レイ】
? どうしたんだ?
【ルゥ】
ベルン軍が攻めてきて・・・
火をかけたから・・・それで
【レイ】
・・・みんなは?
【ルゥ】
院長先生は
ぼくたちをかばって・・・
小さい子たちは リキアの
エリミーヌ教会にいるよ
【レイ】
・・・そうか よかったじゃないか
びんぼうな孤児院より
エリミーヌ教会の方が
いい暮らしさせてくれるよ
【ルゥ】
そんな言い方・・・しなくても
【レイ】
・・・・・・
【ルゥ】
レイ! レイもぼくたちと
いっしょに行こうよ!
ベルンをやっつけて
みんなを迎えにいこう!?
【レイ】
悪いけど
そういうことには興味はないな
【ルゥ】
でもっ!
【レイ】
だけど・・・リキア同盟軍ってのは
悪くないかもな 『竜』と縁がありそうだし
どうしてもって言うのなら
一緒に行ってやるかな
【ルゥ】
レイ・・・
【レイ】
か カンちがいするなよ!
院長先生のカタキとか そんなことは
関係ないんだからな!!
【ルゥ】
うん!
わかってる
【レイ】
だから
そんな目で見るなって!

ルゥ⇔レイ

【ルゥ】(右)
レイ!
やっぱりレイだ!
会いたかったよ!!
【レイ】(左)
ルゥ・・・!
おまえまで この軍に?
【ルゥ】
あ そうか
チャドに会ったんだね!
【レイ】
ああ
【ルゥ】
よかった 元気そうだ
「魔道の修行に行く」って
突然 いなくなったりするから・・・
みんな すごく
心配していたんだよ
【レイ】
・・・孤児院に居たって ロクな魔法
覚えられないからな
ま あんな孤児院で 魔法を
習えたことが 奇跡みたいなものだけど
【ルゥ】
・・・レイ
孤児院が・・・院長先生が・・・
【レイ】
ああ チャドのやつに聞いた
小さいやつらはどうした?
【ルゥ】
今は エリミーヌ教団の人たちに
あずかってもらってるよ
【レイ】
・・・そうか
【ルゥ】
レイも ぼくたちと
いっしょに戦ってくれるんだよね?
【レイ】
別に戦うわけじゃない
【ルゥ】
? 戦わないのに軍に入ったの?
【レイ】
ベルンと戦うこの軍にいれば
『竜』を見る機会が増えるだろ?
だから一緒にいくだけだ
ま 気が向いたら 少しくらい
戦ってやるかもな
【ルゥ】
レイ・・・
【レイ】
か カンちがいするなよ
おれには 院長先生のカタキとか
そんなことは関係ないんだからな
【ルゥ】
うん
わかってるよ・・・
【レイ】
だから
そんな目で見るなって!

アイン初戦時

【アイン】
・・・燃エヨ

アイン撃破時

【アイン】
ナ・・・ニ

制圧後

【ロイ】(右)
これが・・・『竜』の力なのか・・・
なんとか倒すことができたけれど・・・
エルフィンが現れる
【エルフィン】(左)
『人ならぬ人』・・・なるほど
こういう意味だったのですね
【ロイ】
ベルンは・・・こんなものを
よみがえらせたというのか・・・・
・・・いったい あと何体の
『竜』がいるんだ?

こんな怪物を相手に ぼくたちは
どうやって戦っていけばいいんだっ!
【エルフィン】
ロイ様! 落ち着いて下さい
【ロイ】
あ・・・
【エルフィン】
・・・お気持ちはわかります
ですが あなたが取り乱しては
軍全体に動揺がはしります
どうか 気を落ち着けて・・・
ロイが後ろに下がる
【ロイ】
・・・すまない
【エルフィン】
いえ このようなものと戦った後です
仕方がないでしょう
しかし これで・・・一つ
真実が明らかとなったようです
【ロイ】
真実・・・?
【エルフィン】
覚えておられませんか?
西方三島総督アルカルドが
親ベルン派だといううわさがあると
お話ししたことを
【ロイ】
あっ!!
この エトルリアがおいた総督府に
『竜』がいるということは・・・
【エルフィン】
アルカルドは やはり
ベルンと内通していたようですね
【ロイ】
なんということだ・・・
だとしたら リキアが危ないかもしれない
とにかく一度 大陸に戻ろう
セシリア将軍に連絡をとって
対策をこうじないと・・・
画面暗転
外伝の条件を満たしている場合
【エルフィン】(左)
ロイ様 大陸に戻られる前に
このフィベルニア島で
やり残されたことがあります
【ロイ】(右)
まだ 敵がいるのか?
【エルフィン】
いいえ そうではありません
『竜』と戦うために必要な武器・・・
『神将器』の一つが 近くの
洞窟の中に隠されています
それを手に入れられれば
『竜』との戦いも 楽になるのでは・・・
【ロイ】
『神将器』・・・『八神将』が
『竜』を倒すために用いた武器
そうか! それを集めれば
ベルンとの戦いにも勝機があるんだ!
【エルフィン】
はい 『神将器』の数は八つ・・・
入手できた数だけ 戦いは
有利なものとなるでしょう
【ロイ】
よし さっそく
その洞窟へ向かおう!
外伝の条件を満たしていない場合
【兵士】(左)
たっ 大変ですっ!!
今 エトルリア本国からの知らせが・・・
王都アクレイアでクーデターが
おこったそうです!
マリナスが現れる
【マリナス】(最右)
な なんじゃと!
【兵士】
クーデターの首謀者は
宰相ロアーツ 西方三島総督アルカルド
この両名を中心に組織されたクーデター派は
まずモルドレッド国王を捕えた後
ベルン王国とともに
世界を二分すると宣言しています!
【マリナス】
なんということじゃ・・・
では エトルリアとベルン・・・この大陸の
二大王国が手を結ぶじゃと・・・
【ロイ】(右)
セシリアさ・・・ いや
セシリア将軍はご無事なのか!?
それに・・・
ギネヴィア姫は・・・
【兵士】
詳しいことはわかりませんが・・・
エトルリアの軍事をつかさどる
『エトルリア三軍将』も
分かれてしまったとか
セシリア魔道軍将は 事前に情報をえ
からくも王都を脱出
大陸の西の端 ミスル半島へ
向かっておられるらしいとのことです
【ロイ】
残りの軍将は?
【兵士】
国王陛下をたてにとられ
クーデター派についているとか
【マリナス】
ロイ様・・・
【ロイ】
とにかく セシリアさんと
連絡をとろう
セシリアさん・・・ギネヴィア姫・・・
二人とも・・・どうか無事で!