会話集/14章外伝 業火の理

Contents


ワールドマップ

『ナバタの里』の奥に 大きく古めかしい
神殿がたっていた
この神殿の中には『神将器』の一つが
隠されているという
先に入り込んでいるとおぼしき
ベルン兵たちの後を追うように
ロイたちもまた その中に足を
踏み入れるのであった・・・

オープニング

フォーカス・オーツ
【オーツ】(右)
『神将器』は まだ
見つからんのか!
【兵士】(左)
はっ おそらく
この台座の中にあると思われるのですが
どうしても開かず・・・
オーツが前へ進む
【オーツ】
ええい ムリにでも
こじ開けんか!
兵士が後ろに下がる
【兵士】
ですが 侵入してきた
敵とも戦わねばならず
力まかせにしようにも 人手が・・・
【オーツ】
うぬぬ
では まずは敵を撃退せよ!
その後に ゆっくり調べてくれるわ
フォーカス・ロイ
【ロイ】(右)
ここが 砂漠の地下・・・
信じられない
こんなにたくさんの水があるなんて
ソフィーヤが現れる
【ソフィーヤ】(左)
ここは 地下の水源に近い場所です・・・
ですから この近くには・・・
木も育ち 人もくらせます・・・
【ロイ】
そうか・・・
そこで ここに『人』と『竜』の
住む村を作ったんだね
でも こんな砂漠の真ん中の場所
よく見つけたよね
【ソフィーヤ】
私たちを ここに導いたのは・・・
『大賢者』アトスさま・・・
【ロイ】
えっ 『八神将』の一人の?
【ソフィーヤ】
はい・・・ 人竜戦役の後・・・
アトスさまは 各地を旅されて・・・
最後に 『人』と『竜』の住む村に
たどりつかれました・・・
でも 他の地の人々に見つかるのは
時間の問題だといわれ・・・
【ロイ】
それで この砂漠の中に・・・
【ソフィーヤ】
はい・・・
そして この神殿に『神将器』を
隠されたのです・・・
【ロイ】
で その『神将器』
ぼくたちが使ってもいいの?
【ソフィーヤ】
はい・・・
アトスさまは この里を守るために
使うよう 言い残されました・・・
ロイさまに使っていただくことは・・・
里を守ることにつながります・・・
【ロイ】
わかった ありがとう
【ソフィーヤ】
ただ ここの通路は・・・
水にしずむものもあります・・・
気をつけてください・・・

オーツ初戦時

【オーツ】(左)
我らを相手に
ここまで戦うとは・・・

オーツ撃破時

【オーツ】(左)
い・・・いったい誰に
これほどの戦い方を・・・

制圧後

ソフィーヤ生存時
【ソフィーヤ】(左)
ロイさま・・・
この台座の中です・・・
ロイが前へ進む
【ロイ】(右)
この中・・・

あれ? 開かないけど・・・
【ソフィーヤ】
これには・・・特別な仕かけが
してあります・・・
里のものでないと・・・
あけることができません・・・
ですから・・・私が・・・
開きます・・・
ロイが後ろに下がる
【ロイ】
う うん
ソフィーヤが前へ進む
【ソフィーヤ】
・・・・・・

はい・・・ロイさま・・・
中にある魔道書が・・・『神将器』です
【ロイ】
アトスが使っていた?
ということは・・・
【ソフィーヤ】
はい・・・
『業火の理』フォルブレイズ・・・
ソフィーヤ死亡時
【兵士】(左)
ロイ様 台座の中に
それらしきものがありそうです
【ロイ】(右)
どうかな 手に入りそう?
【兵士】
今 里のものに
たずねに行かせています
その結果を待って・・・
【ロイ】
わかった だけど
無理に聞きだしたりはしないでくれ
ぼくたちに 渡したくないと言うなら
あきらめればいいのだから
【兵士】
はっ
画面暗転
【兵士】
ロイ様! 里の者の協力で
台座の中のものが 取り出せました
この古い魔道書なのですが・・・
【ロイ】
・・・これは なんだろう?
兵士が消え、エルフィンが現れる
【エルフィン】(左)
・・・『大賢者』アトスが隠した
魔道書・・・それならばきっと

『業火の理』フォルブレイズでしょう
・・・あらゆるものを焼きつくす
恐ろしい魔道書だと 伝えられています
【ロイ】
・・・すごい力なんだな
【長老】(左)
ん? なんじゃ
おまえさんがたは
どうやってここに入りこんだのじゃ!
ロイが現れる
【ロイ】(右)
ぼくは ロイといいます
ソフィーヤさんと一緒に
この里を守るために来ました
【長老】
ソフィーヤと・・・
そうじゃったか ベルン兵を
追い払ってくれたのは おまえさんがたか
それは無礼なことを言った
わしは この『ナバタの里』の長老じゃ
【ロイ】
長老・・・ では もしかして
あなたが『竜』なのですか?
【長老】
・・・『竜』か そう呼ばれていた
こともあったかのぉ・・・・・・
じゃが 遠い遠い昔の話
今はもうただの おいぼれじゃよ
【ロイ】
・・・
【長老】
そうじゃな 今 この里で純粋に
『竜』といえるのは このファだけじゃな
ファ現れる
【ファ】(最左)
えへへ・・・
【ロイ】
え! この女の子が『竜』・・・
【長老】
まだ 成体には
ほど遠いがの
【ロイ】
・・・長老 ベルンにいる
『竜』のことはご存知ないですか?
【長老】
なんじゃと! ベルンには『竜』が
いるというのか?
【ロイ】
はい ぼくたちもすでに
何度か見ています
【長老】
なぜじゃ・・・『竜』はもう
この里にしかおらんはずじゃ・・・
ファが消え、イグレーヌが現れる
【イグレーヌ】(最左)
長老
少しよろしいですか
【長老】
なんじゃ? イグレーヌ
【イグレーヌ】
以前 ソフィーヤが言っていた
ベルンから感じるという 不吉な『力』
・・・それに何か関係があるのでは?
【長老】
・・・そうかもしれんな
じゃが・・・わしにはもう
それを感じとる力は残っておらん
【ロイ】
不吉な『力』と言いますと?
【長老】
ソフィーヤは 『竜』の血を
半分ほどひくせいか 不思議な力がある
しかし 何かをぼんやりと感じるだけで
ベルンにあるものも 不自然にゆがめられた
『力』だとしかわからんと言っておったわ
【イグレーヌ】
確かめるべきだと思いますわ
私が 彼らに同行させていただき
ベルンを探るということで よいでしょうか?
【長老】
・・・外とは関わりたくないのが
本音なのじゃが・・・仕方がない
ロイどの よろしいかな?
【ロイ】
ええ もちろんです
【イグレーヌ】
私はイグレーヌ この里を守る者です
弓の腕には自信がありますので
戦いの際もお役にたてると思いますわ
【ロイ】
それは心強い よろしくお願いします
イグレーヌが消え、ファが現れる
【ファ】(最左)
ファも行く!
【長老】
なにを言う
おまえはダメじゃ
おまえの存在が
外の世界に知れたらどんなことになるか!
【ファ】
うー
ファと長老が消え、イグレーヌが現れる
【ロイ】
では 行きましょうか
【イグレーヌ】(左)
はい
ロイとイグレーヌが消え、ファが現れる
【ファ】(左)
・・・いいもん
こっそりと ついていくもん
フォルブレイズを手に入れた