会話集/15章 竜の娘

Contents


ワールドマップ

『ナバタの里』を救ったロイたちは
イグレーヌの案内で砂漠をぬけ
いよいよクーデター派を倒すため
エトルリア本国へと進撃を開始した

そんな彼のもとに ナバタの里の長老から
大変な知らせがもたらされた

『竜』の少女ファが ロイたちを追って
ナバタの里から姿を消したというのだ
ファが クーデター派 そして その後ろにいる
ベルンの手に落ちれば 大変なことになる

ロイたちは ファの消息をたどり
エトルリア国境に近い
小さな砦へと向かった

オープニング

フォーカス・レイス
【兵士】(左)
レイス将軍
先ほど捕らえた
みょうな娘のことなのですが
【レイス】(右)
娘? ・・・ああ
城のまわりをうろついていたとかいう
なんだ 貴様
まだ あんなものの相手をしていたのか?
レイスが前に進む
【レイス】
さっさと城の外へ
つまみだしてしまえ!
【兵士】
し しかし
その娘が こんなものを・・・
兵士が前に進む
【レイス】
ん?
これは・・・『竜石』か?
【兵士】
・・・私も そう思いましたので
ご報告にあがりました
【レイス】
貴様 『竜石』を見たことがあるのか?
【兵士】
はっ リキア侵攻の折に・・・
『竜』が人の姿の時
必ず持っておりましたので
【レイス】
・・・だが やつらのものとは
少し ちがう気もするな
いずれにせよ 『竜』にかかわることだ
ゼフィール陛下に報告して
指示をうけるほうがよいだろう
その娘を 城から逃がさないように
細心の注意を払え!
パーシバルを仲間にしていない時
フォーカス・パーシバル
【ダグラス】(左)
パーシバル 無理はせんでいいのだぞ
【パーシバル】(右)
ダグラス殿 私のことはお気になさらず
モルドレッド王の元にお戻り下さい
【ダグラス】
リキア同盟軍の討伐など
わざわざ『騎士軍将』がでるほどの
仕事ではないだろう
おまえに一任するなどと・・・
あの小賢しいロアーツめが
【パーシバル】
私の裏切りを警戒してのことでしょう
王都に置いていては いつ
寝首をかかれるか分かったものではないと
【ダグラス】
あの男が 身内の裏切りを警戒するか
ハッ 笑わせてくれるわ
陛下への忠義を 真っ先に裏切った
あの男が!
【パーシバル】
ダグラス殿ほど 忠誠心のあつい方は
そういないということです
【ダグラス】
それを言うなら
パーシバル おまえとて
【パーシバル】
・・・ミルディン王子が生きておられた時は
迷いなど いっさいなく
生涯 エトルリア王国に仕え
その忠義を見失うことはないと信じていました
陛下のお命のために 任務をまっとうする・・・
戦う理由など それで十分であるはずなのに
【ダグラス】
迷っておるのか?
【パーシバル】
少し
しかし 問題はありません
それで何が変わるわけでもない
【ダグラス】
そうか・・・
パーシバル ここからはわしの独り言だ
聞こえておっても 返事はするなよ
【パーシバル】
・・・・・・
【ダグラス】
エトルリアはな・・・
今回の戦争の終結を待たず
陛下とともに滅びるであろう・・・
【パーシバル】
! ダグラス殿!?
【ダグラス】
聞け!
わしは何があろうとも
最期の日まで 陛下とともにあり続ける
何事があろうともな
だが パーシバル おまえは違う
お前は次のエトルリアを背負う男だ
今は言えぬが いつか必ず
エトルリアに再び栄光が戻る日がくる
だから早々に
エトルリアを離れ 時を待て
パーシバルが前に進む
【パーシバル】
ダグラス殿!
それは一体・・・
兵士が現れる
【兵士】(最右)
パーシバル将軍閣下!
前方にリキア同盟軍を発見いたしました!
ご命令を!!
【ダグラス】
行くがいい わしも
アクレイアに戻る
ダグラスが消える
【パーシバル】
・・・リキア同盟軍の後を追う!!
前進!
ダグラスが撤退
フォーカス・ロイ
【ロイ】(右)
あのファという 竜の少女が
連れて行かれたのは あの城なのか?
マリナスが現れる
【マリナス】(最右)
はい この辺りのものが
見たと申しておりますぞ
マリナスが消え、イグレーヌが現れる
【イグレーヌ】
ロイどの
里の者がご迷惑を・・・
申し訳ありません
王都アクレイアへの道を 急がれているのに
【ロイ】
いえ あの少女が
敵の手に落ちては 大変ですから
【イグレーヌ】
『竜石』さえ 見つからなければ
人の姿をとっている時は安全だと思いますが
【ロイ】
『竜石』というのは?
【イグレーヌ】
人の姿をしている時に
『竜』本来の力を
封じこめている石のことです
この世界で 『竜』本来の姿を保つには
大変な力を必要とするそうで
普段は 『人』の姿で 力を失うことを
最小限に押さえているのです
【ロイ】
『人ならざる人』も 同じ理由から
人の姿をとっていたのだろうか?
【イグレーヌ】
先日 お話しいただいた様子から
察するに きっとそうですわね
なんでも 『竜』が人の姿をとるように
なったのは 『人竜戦役』以来だとか
【ロイ】
そんなに昔から・・・
【イグレーヌ】
ええ
イグレーヌが消え、マリナスが現れる
【マリナス】(左)
ロイ様
敵の偵察に行かせていた者が
戻って参りましたぞ
【ロイ】
どうだった?
【マリナス】
それが 先ほど城より かなりの
兵が出てきたとのことですじゃ
警戒を強めているようです
【ロイ】
そうか だとすれば『竜』だと
ばれてしまったのかも知れない
【マリナス】
それと まずいことに 国境を守る軍が
我が軍に気付いたようですぞ
【ロイ】
はやく その少女を救出しないと

PlayerPhase-03 終了後

ガレット・山賊が出現
【ガレット】(右)
ここも戦場になるか・・・
【山賊】(左)
で どうします
ガレットのアニキ!
【ガレット】
どうせ軍の連中に
とられるんだ
なら オレたちがいただいて
悪いって話はねえな
このあたりの村のお宝
ごっそり いただいちまうとするか
【山賊】
へい!
【ガレット】
ただし いらねえ殺生はするなよ
【山賊】
へい・・・
ガレットが消える
【山賊】
あまい人だぜ まったく
まあ いざとなりゃ
軍の連中のせいにしちまえばいいか

PlayerPhase-10 終了後

フォーカス・レイス
【兵士】(左)
レイス様
援軍の準備がととのいました!
【レイス】(右)
よし 順次 出撃するように伝えろ
【兵士】
はっ

エルフィン→パーシバル

【エルフィン】(右)
パーシバル 久しいな
【パーシバル】(左)
!!
あなたは・・・まさか・・・
【エルフィン】
私の顔を見忘れたか?
【パーシバル】
いや そんなことは ありえない
王子は・・・亡くなられたのだ
【エルフィン】
・・・信じられなくとも
無理はない
死んだはずの私が
今 この場に立っているのだからね
【パーシバル】
ミルディン王子!
生きておられたのか・・・?
本当に・・・
【エルフィン】
長く 心配をかけた
・・・あの時 私が暗殺された時から
もう 一年以上になるか
【パーシバル】
暗殺!?
あなたは 落馬事故で・・・
【エルフィン】
いや 馬上で毒矢に射られたのだ
まず馬に・・・そして 暴れ出した馬から
落ちていく私にもう一度・・・
【パーシバル】
なんということだ・・・
【エルフィン】
ダグラスがいち早く ことに気付き
私をそのまま死んだことにした
ひつぎには別の死体を入れ
全て暗殺者どもの思惑通りに
進んでいるよう見せかけたのだ
そして自分の養い子に 私を託し
西方三島まで逃がしてくれた・・・
【パーシバル】
ダグラスどのが・・・
【エルフィン】
西方へ行ってからも
毒の作用で高熱が続き 私は
長い間 生死の境をさまよっていた
ダグラスの養い子も
そんな私をかかえ
もはや助からぬと
何度も絶望したという
【パーシバル】
・・・・・・
【エルフィン】
そこを助けてくれたのが
その地のレジスタンスたちだった
ひにくなものだ 彼らはそうと知らず
憎きエトルリアの王子を
助けてしまっていたのだから・・・
【パーシバル】
・・・・・・
【エルフィン】
彼らのもとで 少しずつであったが
私は 回復していった
それと同時に
次第に見えてきたものは
西方における エトルリア貴族の
目にあまる非道な行為の数々・・・
私は・・・国内にしか 目がいかなかった
それまでの おろかな自分を恥じたよ
【パーシバル】
王子・・・
【エルフィン】
島でレジスタンス活動を手伝いながら
祖国へと戻る機会を待った
そして・・・ロイ殿に出会い
それを好機とし ようやく・・・
ようやく ここまで戻ってきたのだよ
【パーシバル】
王子・・・よくぞ
生きてもどられました
【エルフィン】
今しばし 正体は隠しておくが
私はリキア同盟軍とともにいる
もし おまえが昔と変わらぬ忠誠を
私に誓ってくれるのであれば・・・
【パーシバル】
どうかご命令を
私が剣をささげた 主は
あなた一人です ミルディン王子

ララム→パーシバル

【ララム】(右)
パーシバルさま~!
パーシバルさまですよね~?
よかったぁ さがしてたんですよ~
あたしはですね~・・・
ララムが一旦消える
【ララム】(右)
わっ ちょっと! ちょっとまって!!
馬を止めて 話きいてよっ
【パーシバル】(左)
・・・何者だ?
【ララム】
ショック・・・
何度か お会いしてるはずなのに!
【パーシバル】
・・・ダグラス殿の館で
見かけたような気がするが
【ララム】
そう! それそれ!
な~んだ やっぱり知ってるんじゃない!
【パーシバル】
そこでお会いしたのは
もう少し 普通の少女だった
【ララム】
なに? どういう意味!?
ま いいや それよりもっ
あたしララム!
ミルディン王子のお使いで来たのよ
【パーシバル】
ミルディン王子・・・だと?
ばかなことを言うな 王子は
1年前に 事故で亡くなっている
【ララム】
ふっふっふ・・・
じゃーん!
この紋章が 目に入らぬかー!
【パーシバル】
!!
それは・・・王子の・・・!
【ララム】
ふっ 恐れ入ったようね
じゃ この手紙もみて
王子さまが パーシバルさまにって!
【パーシバル】
・・・ ・・・ ・・・
たしかに・・・王子の筆跡だ
そうか・・・生きておられたのか・・・
ならば もはや迷うことなどない!
王子が リキア同盟とともにおられるなら
私のとるべき道も ただ一つだ
パーシバルが消える
【ララム】
え? もう?
むー・・・
もっといろいろ用意してたのに~
「それでも戦うなら あたしを斬って!」
とか びしっと言う予定だったのに~

ロイ⇔パーシバル

【ロイ】(右)
パーシバル将軍!
【パーシバル】(左)
ロイ将軍
私も助力させてもらう
かまわないだろうか
【ロイ】
もちろんです!
パーシバル将軍ほどの方が
味方になって下さるなんて
こんなに頼もしいことはありません
でも なぜ急にわが軍に?
【パーシバル】
・・・理由を言わねば
ならないだろうか
【ロイ】
いえ 話せない事情がおありなら
無理にとは
【パーシバル】
すまない
いずれ 時がくれば話そう

リリーナ→ガレット

【リリーナ】(右)
待って!
【ガレット】(左)
なんだ おまえは?
【リリーナ】
どうして? どうして あなたたちは
村をおそったりするのですか?
【ガレット】
はぁ? なんだ お前は?
【リリーナ】
村をおそう理由を
聞かせて下さい!
【ガレット】
理由・・・理由な
そうだな しいていえば
おまえたちのせいかもな
【リリーナ】
私たち・・・の?
【ガレット】
そうだ
戦争やってるやつらのおかげで
オレたちみたいな 盗みでもやらねぇと
食えない連中が どんどん増えてるんだ
【リリーナ】
私たちは そういう人たちを
助けるために 戦っているのよ
【ガレット】
へいへい
みんな口をそろえて そう言うよ
だが現実はどうだ? 口ばっかりで
何をしてくれるわけでもねぇ
結局 おまえらには
踏みつけられる者は見えてねぇんだよ
さ わかったら 早く そこをどきな
【リリーナ】
・・・イヤです
【ガレット】
なんだとっ!?
てめえ いいかげんにしねえと・・・
【リリーナ】
私は ここを動きません
攻撃するというのなら
好きにすればいい・・・
【ガレット】
なっ・・・
【リリーナ】
ここで動いたら・・・私は
あなたの言う 口先だけの人間になるわ
でも 私は真実を言っているもの!
私たちは 人を救うために戦っているもの!
【ガレット】
おまえ・・・

・・・フフン そんなくだらねえことを
今時 本気で考えているヤツがいるとはな
【リリーナ】
くだらない・・・ですか?
私たちの・・・思いは・・・
【ガレット】
でもよ 悪くないぜ そういうのもよ
【リリーナ】

あ・・・ では
【ガレット】
・・・負けたよ おまえさんには
負けついでだ オレにもいっしょに戦わせろ
あんたのいう「真実」ってヤツを
見せてもらおうじゃねえか
【リリーナ】
ありがとう
大丈夫 いっしょに戦っていれば
きっと わかってもらえると信じています
【ガレット】
おうおう たいした自信だことで
オレはガレットだ
とにかく よろしくな・・・えーっと?
【リリーナ】
リリーナです
【ガレット】
よろしく頼むぜ リリーナさんよ

レイス初戦時

【レイス】(左)
はて 解せんな・・・
なぜ今 この城を攻める?
何かあるな?
何かが・・・

レイス撃破時

【レイス】(左)
やはり・・・
あの娘・・・人ではないな
目的は我らと同じ・・・
竜を利用するため・・・だろう?

制圧後

【マリナス】(最左)
ロイさま
竜の少女がいましたぞ!
【○○○○】(右)
見つかったのか!
今 行く!
ロイが現れる
【マリナス】
ほれ 娘
ロイ様に ごあいさつせんか
ファが現れる
【ファ】(左)
ぐすん ぐすん・・・
【ロイ】
いいよ マリナス
マリナスが消える
【ロイ】
・・・どうして 勝手に
ついてきたりしたんだい?
【ファ】
だって お外が
見たかったんだもん・・・
マリナスが現れる
【マリナス】(最左)
なんじゃと!
それだけの理由で・・・
どれだけ おおさわぎになったか
わかっておるのか!
【ファ】
だって だって
ファは ずーっと ずーっと
外に出してもらえなかったんだもん!
・・・人の目にふれちゃいけないって
ずーっと ずーっと一人ぼっちで
ずーっと ずーっと
暗い部屋にいたんだもん・・・
【ロイ】
・・・・・
【マリナス】
ロイ様
どうなさいます?
【ロイ】
・・・きみも辛かったんだね でも
そのために 里の長老や たくさんの人に
迷惑をかけたんだ それは分かるかい?
【ファ】
ご ごめんなさい・・・
【ロイ】
すごく反省した?
【ファ】
うん
【ロイ】
それなら ここから
一緒に ついてきてもいいよ
【ファ】
え! ホント?
【マリナス】
・・・よいのですか?
【ロイ】
この子の存在は もう
敵に ばれてしまった可能性がある
このまま帰らせるよりも
目の届くところにいてもらう方がいいだろう
【ファ】
わーい わーい
【マリナス】
こりゃ 調子にのるのではない!
【ロイ】
でも もう勝手に出歩いては
だめだよ
【ファ】
うん!
ファ やくそくする!
パーシバル隊が全員生存している時
【パーシバル隊兵士】(左)
パーシバル将軍
別命あるまで 我々はこの城で待機
クーデター派の攻撃に備えます
【パーシバル】(右)
頼む
【パーシバル隊兵士】
これは城中にて発見した宝物です
お受け取りください
では 将軍 エトルリアを・・・
どうか お願いいたします
【パーシバル】
わかっている
私にまかせてくれ
【パーシバル隊兵士】
はっ!
騎士の勲章を手に入れた

村(右)

【村人】(右)
これはハマーンの杖
持ち物を修復する杖よ
あらゆる武器 魔道書 杖を
新品に直してしまうの
でもね 一つだけ直せないものがあるの
なんだかわかる?

そう この杖自身よ
すべてを直し・・・
自分はただ枯れゆくの
ハマーンを手に入れた

村(左下)

【村人】(右)
うちの前をうろうろしていた
ちっちゃい子・・・
かわいそうに
城に連れてかれちまったよ
これ あげるからさ
何とかしてやってくれないかい?
昔 うちの村にいた神父さまが
大事にしてた本だよ
その神父さまも・・・城の連中に捕まって
それきり 帰って来なかったんだけどね
ディヴァインを手に入れた

民家(右下の上側)

【村人】(右)
うわさでは エトルリア三軍将は
ちりぢりになったと聞いたがの・・・
わしら民の心も
すっかり ばらばらになってしもうた
同じ三軍将どうしが
争うようなことだけはないとよいが・・・

民家(右下の下側)

【村人】(右)
近ごろな
このへんに山賊が出るらしいんだよ
ぶっそうだよなあ
きっと血も涙もないような奴なんだぜ