会話集/20章A 灰色の狼

Contents


ワールドマップ

ブルガル市街で 出会った
『山の隠者』ニイメの話によって
次第に明らかになる
ベルンのあつかう『竜』の真実
ロイたちは その話におどろきつつも
ブルガルの奥にある領主館へと進軍する

そこでは 元エトルリア宰相ロアーツが
ロイたちを迎え撃つ準備を
ととのえて待ちかまえていた・・・

オープニング

フォーカス・ロアーツ
【ロアーツ】(右)
敵に館への侵入を許したのか?
ええい こうなったら
しかたがない
あのロイとかいう小せがれも
地獄へ道連れにしてくれる!
兵士が現れる
【兵士】(左)
ロアーツ様
今 ジュテ族の残党より
「『ミュルグレ』を隠した後
援軍にかけつける」との報告が
【ロアーツ】
ミュルグレ?
『神将器』とかいう武器か
よし それまでは
なんとしても持ちこたえるぞ!
フォーカス・ロイ
【ロイ】(右)
ここが
領主館か・・・
【ニイメ】(左)
ここには 通路のすきまから
攻撃できるしくみがあるというぞ
となりが壁だとおもうて
気を抜かないようにな
【ロイ】
この建物のことを
よく知っておられるのですか?
【ニイメ】
こう見えても わたしゃ
少しは物を知っとることで
名が通っておるからの
もっともこの話は 先のブルガルの町で
仕入れたばかりのものじゃがの
【ロイ】
ニイメさん あなたならご存知でしょうか?
『魔竜』とはどんな姿なのか
【ニイメ】
いや やはり興味があるのかね
【ロイ】
はい 先日 ふと思ったんです
もしかして『魔竜』も
人間の姿をしているのだろうか と
【ニイメ】
そうじゃな

『竜』はみな 今は
人の姿をかりておるかもしれん
うそか本当かは知らんが
人の姿で人とともに暮らしておる竜族がおると
いう話も聞いたことがあるぐらいじゃ
【ロイ】
ナバタの里だ・・・
【ニイメ】
ん? なにか言ったか?
【ロイ】
いえ なんでもありません
【ニイメ】
詳しいことは知らんが
『終末の冬』以後
竜は人の姿になりはじめたのだと
確か 古文書でみたことがある
【ロイ】
『終末の冬』・・・
【ニイメ】
聞いたことぐらいはあるじゃろう?
【ロイ】
はい 伝承として

「その時
世界の『秩序』は狂い
昼が夜になり
夏が冬になった・・・」と
【ニイメ】
そうじゃ あまりに古いことで
書物によっては あいまいだが
ともかく 『終末の冬』とは
世界を変えるほどのものだったということじゃ
【ロイ】
何が原因だったのでしょう
【ニイメ】
さて・・・ 通説では『竜』が
大きな魔力を使ったことで
自然の理がゆがんだといわれておるが
本当のところは わたしにもわからん
しかし 『竜』が人の姿になりはじめたのが
この後なのは確かなようじゃ
全くの無関係とは おもえんな
【ロイ】
たしかにそうですね
【ニイメ】
まあ なんにせよ『竜』の真実は
ベルンにあるといったところじゃろうて

EnemyPhase-02 終了後

【ダヤン】(左)
うむ
やはり館は混乱しているな
見ておれ ベルンの手先め
このダヤン たとえ一人となっても
戦いはやめぬぞ

EnemyPhase-10 終了後

【キャス】(右)
ふーん・・・
ここがサカ一の都市 ブルガルかぁ
一度 ひどいめにあったって言うけど
軍隊がこれだけいるんだもん
お宝もいっぱい・・・

EnemyPhase-25 終了後

【????】(左)
おのれ
エトルリアの犬どもめ

わが部族 ジュテ族のカタキを
討ってくれるわ!

トオリルかブラクルかクドカかマラルか、同じ顔で区別できません……


ロイ→ダヤン

【ダヤン】(左)
あなたが
エトルリア軍の将軍かな?
【ロイ】(右)
はい あなたは?
【ダヤン】
私はダヤンというものだ
【ロイ】
ダヤン・・・さん? どこかで
聞いたことがあるような・・・
【ダヤン】
まずは 礼を言わねばならぬ

われらは ベルンや その手先となった
部族と ずっと戦ってきた
ベルンの強大な力の前に
もぐりこんで機をうかがうような
地道な戦いで
抵抗するしかなかったのだが
あなたがたが攻めこんできたおかげで
状況は 我々に有利に働いた
【ロイ】
そうでしたか・・・
お役に立ててなによりです
【ダヤン】
だが 一つだけ
確かめておきたいことがある
戦いが終われば
すみやかに兵をひく気があるか 否か
【ロイ】
この戦い・・・ですか?
【ダヤン】
そうだ
サカの草原はサカに住む民のものだ
エトルリアが ベルンに
とってかわるだけと言うのなら
我らは 今度は あなたたちと
戦うことになる
【ロイ】
この戦いのすぐ後・・・
というわけにはいきません
なぜなら ぼくたちは
ベルン本国へと兵を進めるのです
【ダヤン】
なんだと
ベルン本国へ・・・
【ロイ】
今ここで ベルンをサカから追い払うだけでは
訪れる静けさは一時のものとなるでしょう
わざわいは根からたたねばならない
ちがいますか?
【ダヤン】
いや そのとおりだ
・・・なるほど そういうことなら
我々も協力させてもらおう
【ロイ】
それはありがたい
【ダヤン】
ただ ベルンとの戦いが終わった後は
サカから兵をひくことを約束していただく
それはよろしいかな?
【ロイ】
もちろん
喜んでお約束します

スー→ダヤン

【スー】(右)
じじ・・・
【ダヤン】(左)
スーではないか
無事だったのか!
【スー】
ここの軍に
助けてもらったわ
でも ともに行った者で
助かったのは私一人だけ
【ダヤン】
そうか・・・
はげしい戦いだったからな
【スー】
じじ 私たちと
いっしょに戦って
この軍は サカを侵略するような
軍ではないから
【ダヤン】
・・・まちがいないか?
【スー】
父なる天と母なる大地に誓って
【ダヤン】
わかった
お前がそこまで言うなら信じよう

シン→ダヤン

【シン】(右)
族長!
【ダヤン】(左)
シンか もどったのだな
ちょうどよい 我らと共に・・・
【シン】
族長・・・私は今
この軍に参加して戦っています
【ダヤン】
なんだと!
エトルリア軍にか?
【シン】
はい
【ダヤン】
・・・・・・
【シン】
族長 この軍は
サカを侵略するようなことはありません
ですから 族長も
共にたたかってください
【ダヤン】
・・・おまえの言うことだ
まちがいはないだろう
わかった 共に戦おう

スー⇔ダヤン

【スー】(右)
じじ・・・
【ダヤン】(左)
スーではないか
無事だったのか!
【スー】
ここの軍に
助けてもらったわ

でも いっしょに行った者で
助かったのは私一人だけ・・・
【ダヤン】
そうか・・・
はげしい戦いだったからな
【スー】
じじ 私たちと
いっしょに戦ってくれるの?
【ダヤン】
ああ この軍は 侵略するような軍では
ないようだからな
【スー】
そう・・・

シン⇔ダヤン

【シン】(右)
族長!
【ダヤン】(左)
シンか もどったのだな
ちょうどよい 我らと共に・・・
【シン】
族長・・・私は今
この軍に参加して戦っています
【ダヤン】
なんだと!
エトルリア軍にか?
【シン】
はい
【ダヤン】
・・・・・・
【シン】
族長 この軍は
サカを侵略するようなことはありません

ベルンの侵略をとめようとする
われわれと志を同じくするものたちです
族長も共にたたかってください
【ダヤン】
・・・おまえの言うことだ
まちがいはないだろう
わかった 共に戦おう

ロアーツ初戦時

【ロアーツ】(左)
だ 誰かっ!
早く来い! わしを守らぬか!

将たるわしが けがでもしたら
どうする気じゃ!
対ダグラス
【ロアーツ】(左)
ダグラス・・・フフン
えらそうなことを言って
結局 おまえも 強いものに
従っているではないか
【ダグラス】(左)
外から見れば
そうかもしれん
だが 今のわしの心に
一点のまよいもないぞ
【ロアーツ】(左)
ほざけ!

ロアーツ撃破時

【ロアーツ】(左)
ま まて わしにしたがえ
今ならまだ間に合う・・・

このわしに刃向った罪は
特別にゆるして・・・ぐぉっ

制圧後

外伝へ行く条件を満たしている時
【ロイ】(右)
この次は ついに
ベルンだな・・・
マリナスが現れる
【マリナス】(左)
ロイ様 大変ですぞ!

ジュテ族の生き残りが この近くにある
遺跡に立てこもっているようです
【ロイ】
遺跡?
【マリナス】
はい しかも
捕虜の話によると

そこには人竜戦役時代の弓が
おさめられているとか・・・
【ロイ】
なんだって!
それじゃあ・・・
【マリナス】
『神将器』である可能性は
高いですな
【ロイ】
こうしてはいられない!
その遺跡に急ごう!!
外伝へ行く条件を満たしていない時
【ロイ】(右)
マリナス この手紙を
エトルリアのヨーデル司祭に送ってほしい
【マリナス】(左)
手紙ですか・・・内容をお聞きしても
よろしいですかな?
【ロイ】
ニイメさんから聞いた話だよ
ベルンの用いる『竜』についてのね
【マリナス】
ほう!
いったい どのような話をなされたので?
【ロイ】
話すと長くなるから
まだ封はしていないし
手紙に 目を通してくれればいいよ
マリナスが後ろへ下がる
【マリナス】
わかりました
では 早速・・・
マリナスが消え、ギネヴィアが現れる
【ギネヴィア】(最左)
・・・ロイ様
【ロイ】
ギネヴィア姫
どうかされましたか?
【ギネヴィア】
・・・これから先は ベルンですね
【ロイ】
はい ぼくたちは いよいよ
ベルン本国へと進軍します
・・・ですから 今度は最後まで
お聞かせ願えますか
ギネヴィアが前へ進む
【ギネヴィア】
・・・はい
私もそのつもりでまいりました
【ロイ】
・・・当時のゼフィール王子は
ベルンをつぐ者として
申し分なく成長されていたのですよね
【ギネヴィア】
そう聞いています
【ロイ】
それでも ベルン先王は
ゼフィール王子をうとんじられたのですね?
【ギネヴィア】
むしろ・・・兄が すぐれた成長を
とげたから なのです
【ロイ】
え・・・
【ギネヴィア】
父 ベルンの先王は 王としては
平凡な才能の人だったそうです
だから 秀でた兄の才能が さらに 父の感情を
冷たくさせてしまったらしいのです
【ロイ】
・・・・・・
【ギネヴィア】
そして ついに ある日
父は兄を呼んで言ったそうです
「ベルン王位は ギネヴィアの夫に
しかるべき者をむかえて つがせる」と
【ロイ】
なっ!
・・・それは あんまりだ!
【ギネヴィア】
それでも 兄は そのとき
それならそれでいい と答えたそうです
しかし 次の王として期待されていた兄に対して
そのような事は まわりが許しませんでした
そして 思いあまった父は・・・
【ロイ】
・・・ゼフィール王子の
暗殺を?
【ギネヴィア】
・・・兄は 酒宴の席で 父王 手ずから
毒の入った杯をわたされました
そして それが 兄にとって 最初で最後の
父からうけとった杯だったとか・・・
部屋にもどってから
兄は苦しみはじめ
それから10日以上
生死をさまよったそうです

兄を養育した マードック将軍に
かくまわれて
なんとか 兄は命をとりとめました
【ロイ】
・・・父王は その後はなにも
なさらなかったのですか?
【ギネヴィア】
・・・いいえ
兄を助けた マードック将軍と
兄の母も邪魔者とし
兄もろとも 亡きものにしようと
策をめぐらせていたそうです
まだ病の床にあった兄はそれを知り
自分が死んだといつわって・・・
兄の死を確かめようとした父王を
ひつぎの中から・・・剣で・・・
【ロイ】
・・・・・・
【ギネヴィア】
・・・当時 幼なかった私には そのような
事情が わかるはずもありませんでした
私にわかったのは あの日・・・父が死んだ日
以来 兄の顔から笑顔が消えたことだけです
それまでは きびしいところはありましたが
あたたかくて優しい兄でした だから・・・
【ロイ】
ギネヴィア姫・・・
【ギネヴィア】
だから 私は心のそこで
兄はかわっていない
いつか きっと あのやさしかった
ゼフィール兄さまに戻ってくれる
そう信じて・・・
ずっと そう信じて・・・
【ロイ】
そうだったのですか・・・
【ギネヴィア】
・・・ですが 今の兄はもう
私の声がとどかないところにいます
ロイ様 お願いです
兄を・・・兄を 止めてください
これ以上 ベルンや 他の地方の人々を
苦しめるのを やめさせてください
【ロイ】
たとえ 剣にうったえることに
なっても ですか?
【ギネヴィア】
・・・ロイ様に全てをお任せしたときから
覚悟は決めています
【ロイ】
わかりました
必ず ゼフィール王を 止めてみせます!

姫にたくされた
『ファイアーエムブレム』に誓って!