会話集/20章B イリア解放

Contents


ワールドマップ

吹雪の中 シグーネひきいる
天馬騎士団をたおしたロイたちは
イリア地方の南部のエデッサ城へと
軍を進める
天馬騎士団の本拠地でもあるこの城は
もともとは傭兵騎士団の長
ゼロットを主としていたのだが
彼の留守にベルンの侵攻を支えきれず降伏
以後 ベルンの
イリア経営における中心地となる
そして 今 この地では 本国へ戻った
ベルン三竜将マードック将軍の代わりに
元エトルリア宰相ロアーツが
ベルン駐留軍をあずかっていた
ロイたちエトルリア軍の進撃の早さに
おどろいたロアーツは
あわててイリアの諸騎士団に
味方をするよう申し入れたが
その返事は
はかばかしいものではなかった

オープニング

フォーカス・ロアーツ
【ロアーツ】(右)
どうじゃ
兵は 集まったか?
【兵士】(左)
それが・・・
イリア地方にちらばる
騎士団に参加するよう命じているのですが
マードック将軍のよびかけで参加してきた
騎士団以外は 今ひとつ反応が・・・
【ロアーツ】
ええい! なんということだ!!
・・・そうじゃ たしか この城の
城主夫人や騎士の家族をとらえておったの
あの家族たちはどうじゃ?
【兵士】
はっ それが・・・
彼らは傭兵騎士団として各地を転戦しており
今 どこにいるのかを
つかむことすら 難しいようです
【ロアーツ】
うぬぬ・・・
【兵士】
ベルン軍として参戦していた天馬騎士団の
シグーネ隊が敵に倒されてから
各地の騎士団の出足が
いっそう鈍くなってしまったようでして・・・
ロアーツが前へ進む
【ロアーツ】
ええい!
どいつもこいつも腹が立つ!
わしに エトルリア王国宰相の このわしに
こんな辺境で 倒れろというのかっ!!
フォーカス・ユーノ
【市民A】(左)
ゴホッ ゴホッ・・・
ユーノが現れる
【ユーノ】(右)
大丈夫?
さ これを はおるといいわ
【市民A】
そ そのような
それでは 奥様が・・・
【ユーノ】
いいのよ 寒さには慣れているわ
天馬で雪の中を飛ぶよりは ずっとマシよ
【市民A】
・・・ありがとうございます
ゴホッ ゴホッ
市民Aが消え、市民Bが現れる
【市民B】(左)
奥様 わたしたちは
どうなるのでしょうか・・・
【ユーノ】
私にも わからないわ
でも 希望は持ちつづけましょう
占領している軍が撤退するかもしれないし
主人たちが帰ってくるかもしれない
これから先が
暗いことばかりとは限らないわ
【市民B】
・・・ゼロットさまたちは
どちらにおられるのでしょう?
【ユーノ】
最後の手紙では リキア同盟に参加すると
かかれていたのだけれど その後は・・・
案外 近くにいるかもしれないわね
【市民B】
そうだといいのですが・・・
フォーカス・ロイ
【ギネヴィア】(左)
ロイ様・・・ また今日も
戦いがはじまるのですね
【ロイ】(右)
ええ この城を落とせば
次は ベルン本国へと
軍を進めることになります

ギネヴィア姫
【ギネヴィア】
・・・はい
【ロイ】
理由を
お聞きしてもいいでしょうか?
ゼフィール王が
父王に暗殺されかけたわけを・・・
【ギネヴィア】
・・・兄は 私とは 母親がちがいました
腹ちがいの兄妹なのです
【ロイ】
ゼフィール王の母君は
エトルリアの王女と聞きましたが?
【ギネヴィア】
ええ エトルリアとベルンのきずなを
強くするために父の妃となった方です
ですが すでに 父には愛する女性がいました
それが 私の母なのです
【ロイ】
・・・・・・
【ギネヴィア】
父と 兄の母との結婚は まわりが・・・
他の王族や 重臣たちが
ムリヤリ決めたものだったそうで
そのために 父は 兄の母を愛しておらず
兄のことを うとましく感じていてたようです
【ロイ】
それで ベルン先王と
ゼフィール王の関係が悪くなったのですか?
【ギネヴィア】
いえ 兄の方は それでも父に気に入られようと
必死で努力していたそうです
王位をつぐものとしての知識も教養も
軍をひきいる将としての修練も・・・
兄は ベルン王国をつぐ者として
申し分のない王子へと成長しました
ロイが前へ進む
【ロイ】
しかし それでは
なぜ ベルンの先王は・・・
【????】(最右)
ロイ様!
攻撃の準備が完了しました!
【ロイ】
わかった すぐ行く!

ギネヴィア姫 申しわけありませんが・・・
【ギネヴィア】
いいえ
どうか お気をつけて・・・

PlayerPhase-10 終了後

【キャス】(右)
さっむ~い!!
イリアの冬はさむいって聞いてたけど
これほどだって思わなかったよ
それに どこ見ても雪! 雪! 雪!
ま 見るだけならキレイなんだけどさ
おっと こんなこと言ってるヒマはないや
お宝 お宝っと・・・

EnemyPhase-25 終了後

【ロイ】(左)
吹雪が はげしくなってきた・・・
思ったより 行軍に時間がかかりそうだ
城を落としたら すぐにベルンへ向かおう

ゼロット→ユーノ

【ゼロット】(右)
ユーノ!
【ユーノ】(左)
あなた・・・
【ゼロット】
大丈夫か? ケガはないか?
ひどい目にあわなかったか? ん?
【ユーノ】
まあ あなたったら
まるで子供相手みたいに
これでも
元天馬騎士団の部隊長なんですよ
【ゼロット】
それはそうだが
しかしだな・・・
【ユーノ】
大丈夫です ケガもしていないし
ひどい目にもあってませんわ
【ゼロット】
そうか よかった・・・
【ユーノ】
でも どうしてエトルリア軍に?
リキア同盟に参加していたのでしょう?
【ゼロット】
それが 少し複雑な話になるんだが・・・
今 私が属しているエトルリア軍は
名前こそそうだが 実は
本体はリキア同盟軍なのだ
【ユーノ】
まあ そうだったのですか
【ゼロット】
すまなかったな 私の留守に
こんなことになってしまって
【ユーノ】
仕方がありませんわ
時の流れが こうさせたのですもの
【ゼロット】
しかし お前に
軍装までさせてしまって・・・
【ユーノ】
まあ あなた
私の天馬騎士隊長の姿はおきらい?
【ゼロット】
いや そんなことはない!
断じてないのだが・・・
【ユーノ】
それなら いいではありませんか
それに これからは
いつも見ることになるのですし
【ゼロット】
なんだと!
お前 まさか・・・
【ユーノ】
ええ 私も戦いに出ます
【ゼロット】
いかん! いかんいかんいかん
お前は軍を退いたんだ
だから 戦いは
われわれにまかせてだな・・・
【ユーノ】
でも そうやって待っていても
戦いに巻きこまれたではありませんか
今の時代に
安全な場所などないのですよ
【ゼロット】
それは そうかもしれないが・・・
【ユーノ】
だから 私も戦います
安心して くらせる時代が
少しでも早くおとずれるように・・・

シャニー→ユーノ

【シャニー】(右)
ユーノお姉ちゃん!
【ユーノ】(左)
まあ シャニー
あなた どうしてここに?
【シャニー】
このエトルリア軍の将軍さんが
ひきいている軍に ずっと参加してたんだ
エデッサが ベルン軍に占領されたって
聞いた時は びっくりしたけど
ユーノお姉ちゃんなら
きっと大丈夫って思ってた
【ユーノ】
え どうして?
【シャニー】
だって ユーノお姉ちゃんは
栄光ある天馬騎士団の部隊長だったじゃない
そのお姉ちゃんが
ベルンなんかに負けるわけないよ
【ユーノ】
ありがとう
そう言ってもらえるとうれしいわ
残念ながら 今は
とらわれの身だったけれどね
【シャニー】
そ それは・・・
【ユーノ】
でも 私もベルンに
負けたままでいる気はないわ
私一人では みんなの安全のために
ここにいるのが精一杯だったけど
あなたたちとなら ベルンの軍に
立ち向かえそうだわ
【シャニー】
えっ じゃあ お姉ちゃん
いっしょに 戦ってくれるの?
【ユーノ】
ええ
【シャニー】
ホント? やったあ!!
【ユーノ】
あらあら
そんなに喜ばなくても・・・
【シャニー】
だって あたし ユーノお姉ちゃんに
あこがれて 天馬騎士をめざしたんだもん
いっしょに戦えるなんて
夢のようだよ!
【ユーノ】
まあ シャニーったら
相変わらず おおげさね フフフ・・・

ティト→ユーノ

【ティト】(右)
姉さん!
【ユーノ】(左)
ティト・・・
どうしてここに?
【ティト】
・・・いろいろあって
今は エトルリア軍に参加しているの
このエデッサが ベルン軍の手に
落ちてるって聞いて
心配していたのだけれど
無事でよかった・・・
【ユーノ】
でも あなた
今のエトルリア軍と戦っていた勢力に
雇われていたのじゃないの?

まさか あなた・・・
【ティト】
ちがうわ!
イリア騎士として誓いは破っていない
ちゃんと 傭兵としての責任を果たして
その後に・・・
【ユーノ】
そうね あなたは とっても真面目な子
そんなこと するわけないわね
ごめんなさい 余計なことを言って
【ティト】
いいの 気にしないで
それより 姉さん その軍装は・・・
【ユーノ】
これ? フフフ どうかしら?
まだ 天馬騎士団の部隊長として
やっていけそう?
【ティト】
それは この前までは
そうだったのだから・・・
でも どうして?
天馬騎士は引退したんじゃ・・・
【ユーノ】
この非常時に そんなことを
言ってられないでしょう?
私一人では みんなの安全のために
ここにいるのが精一杯だったけど
あなたたちとなら ベルンの軍に
立ち向かえそうだわ
【ティト】
じゃあ 姉さんも
いっしょに 戦ってくれるの?
【ユーノ】
ええ
【ティト】
うれしい!
また 姉さんと肩をならべて
戦えるなんて思わなかったもの
【ユーノ】
フフフ・・・
まだまだ あなたたちには負けないわよ

ゼロット⇔ユーノ

【ゼロット】(右)
ユーノ!
【ユーノ】(左)
あなた・・・
【ゼロット】
大丈夫か? ケガはないか?
ひどい目にあわなかったか? ん?
【ユーノ】
まあ あなたったら
まるで子供相手みたいに
これでも
元天馬騎士団の部隊長なんですよ
【ゼロット】
それはそうだが
しかしだな・・・
【ユーノ】
大丈夫です ケガもしていないし
ひどい目にもあってませんわ
【ゼロット】
そうか よかった・・・
【ユーノ】
でも どうしてここに?
リキア同盟に参加していたのでしょう?
【ゼロット】
それが 成り行きでな・・・
この軍をひきいているロイ将軍は
今のリキア同盟もひきいているんだ
【ユーノ】
まあ そうだったのですか
【ゼロット】
すまん 私の留守に
こんなことになってしまった
【ユーノ】
仕方がありませんわ
時の流れが こうさせたのですもの
【ゼロット】
しかし お前に
軍装までさせてしまって・・・
【ユーノ】
まあ あなた
私の天馬騎士隊長の姿はおきらい?
【ゼロット】
いや そんなことはない!
断じてないのだが・・・
【ユーノ】
それなら いいではありませんか
それに これからは
いつも見ることになるのですし
【ゼロット】
なんだと!
お前 まさか・・・
【ユーノ】
ええ 私も戦います
【ゼロット】
いかん! いかんいかんいかん
お前は軍を退いたんだ
だから 戦いは
われわれにまかせてだな・・・
【ユーノ】
でも そうやって待っていても
戦いに巻きこまれたではありませんか
今の時代に
安全な場所などないのですよ
【ゼロット】
それは まあ そうだが・・・
【ユーノ】
だから 私も戦います
安心して くらせる時代が
少しでも早くおとずれるように・・・

シャニー⇔ユーノ

【シャニー】(右)
ユーノお姉ちゃん!
【ユーノ】(左)
まあ シャニー
あなたも ここの軍に?
【シャニー】
うん ずっと参加してたんだ
エデッサが ベルン軍に占領されたって
聞いた時は びっくりしたけど
ユーノお姉ちゃんなら
きっと大丈夫って思ってた
【ユーノ】
え どうして?
【シャニー】
だって ユーノお姉ちゃんは
栄光ある天馬騎士団の部隊長だったじゃない
そのお姉ちゃんが
ベルンなんかに負けるわけないよ
【ユーノ】
ありがとう
そう言ってもらえるとうれしいわ
今までは
とらわれの身だったけれどね
【シャニー】
そ それは・・・
【ユーノ】
でも これからは
いっしょに戦えるわね
【シャニー】
えっ ホント?
やったあ!!
【ユーノ】
あらあら
そんなに喜ばなくても・・・
【シャニー】
だって あたし ユーノお姉ちゃんに
あこがれて 天馬騎士をめざしたんだもん
いっしょに戦えるなんて
夢のようだよ!
【ユーノ】
まあ シャニーったら
相変わらず おおげさね フフフ・・・

ティト⇔ユーノ

【ティト】(右)
姉さん!
【ユーノ】(左)
ティト・・・
あなたも この軍に?
【ティト】
ええ いろいろあってね
このエデッサが ベルン軍の手に
落ちてるって聞いて
心配していたのだけれど
無事でよかったわ
【ユーノ】
でも あなた
今のエトルリア軍と戦っていた勢力に
雇われていたのじゃないの?

まさか あなた・・・
【ティト】
ちがうわ!
イリア騎士として誓いは破っていない
ちゃんと 傭兵としての責任を果たして
その後に・・・
【ユーノ】
そうね あなたは とっても真面目な子
そんなこと するわけないわね
ごめんなさい 余計なことを言って
【ティト】
いいの 気にしないで
それより 姉さん その軍装は・・・
【ユーノ】
これ? フフフ どうかしら?
まだ 天馬騎士団の部隊長として
やっていけそう?
【ティト】
それは この前までは
そうだったのだから・・・
でも どうして?
天馬騎士は引退したんじゃ・・・
【ユーノ】
この非常時に そんなことを
言ってられないでしょう?
これからは いっしょね
【ティト】
うれしい!
また 姉さんと肩をならべて
戦えるなんて思わなかったもの
【ユーノ】
フフフ・・・
まだまだ あなたたちには負けないわよ

ロアーツ初戦時

【ロアーツ】(左)
だ 誰かっ!
早く来い! わしを守らぬか!

将たるわしが けがでもしたら
どうする気じゃ!
対ダグラス
【ロアーツ】(左)
ダグラス・・・フフン
えらそうなことを言って
結局 おまえも 強いものに
従っているではないか
【ダグラス】(左)
外から見れば
そうかもしれん
だが 今のわしの心に
一点のまよいもないぞ
【ロアーツ】(左)
ほざけ!

ロアーツ撃破時

【ロアーツ】(左)
ま まて わしにしたがえ
今ならまだ間に合う・・・

このわしに刃向った罪は
特別にゆるして・・・ぐぉっ

制圧後

外伝の条件を満たしている時
【ロイ】(右)
この次は ついに
ベルンだ・・・
マリナスが現れる
【マリナス】(左)
ロイ様 大変ですぞ!
ベルン軍の一部が エデッサ郊外にある
遺跡に立てこもっているようです
【ロイ】
遺跡?
【マリナス】
はい しかも 地元のものの話によると
そこには人竜戦役時代の槍が
おさめられているとか・・・
ロイが前へ進む
【ロイ】
なんだって!
その槍はもしかすると・・・
【マリナス】
『神将器』である可能性は
高いですな
【ロイ】
こうしてはいられない
その遺跡に急ごう
外伝の条件を満たしていない時
【ロイ】
ギネヴィア姫 ぼくたちは いよいよ
ベルン本国へと進軍します その前に・・・
【ギネヴィア】
・・・兄の話についてですね
【ロイ】
・・・当時のゼフィール王子は
ベルンをつぐ者として
申し分なく成長されていたのですよね
【ギネヴィア】
そう聞いています
【ロイ】
それでも ベルン先王は
ゼフィール王子をうとんじられたのですね?
【ギネヴィア】
むしろ・・・兄が すぐれた成長を
とげたから なのです
【ロイ】
え・・・
【ギネヴィア】
父 ベルンの先王は 王としては
平凡な才能の人だったそうです
だから 秀でた兄の才能が さらに 父の感情を
冷たくさせてしまったらしいのです
【ロイ】
・・・・・・
【ギネヴィア】
そして ついに ある日
父は兄を呼んで言ったそうです
「ベルン王位は ギネヴィアの夫に
しかるべき者をむかえて つがせる」と
【ロイ】
なっ!
・・・それは あんまりだ!
【ギネヴィア】
それでも 兄は そのとき
それならそれでいい と答えたそうです
しかし 次の王として期待されていた兄に対して
そのような事は まわりが許しませんでした
そして 思いあまった父は・・・
【ロイ】
・・・ゼフィール王子の
暗殺を?
【ギネヴィア】
・・・兄は 酒宴の席で 父王 手ずから
毒の入った杯をわたされました
そして それが 兄にとって 最初で最後の
父からうけとった杯だったとか・・・
部屋にもどってから
兄は苦しみはじめ
それから10日以上
生死をさまよったそうです

兄を養育した マードック将軍に
かくまわれて
なんとか 兄は命をとりとめました
【ロイ】
・・・父王は その後はなにも
なさらなかったのですか?
【ギネヴィア】
・・・いいえ
兄を助けた マードック将軍と
兄の母も邪魔者とし
兄もろとも 亡きものにしようと
策をめぐらせていたそうです
まだ病の床にあった兄はそれを知り
自分が死んだといつわって・・・
兄の死を確かめようとした父王を
ひつぎの中から・・・剣で・・・
【ロイ】
・・・・・・
【ギネヴィア】
・・・当時 幼なかった私には そのような
事情が わかるはずもありませんでした
私にわかったのは あの日・・・父が死んだ日
以来 兄の顔から笑顔が消えたことだけです
それまでは きびしいところはありましたが
あたたかくて優しい兄でした だから・・・
【ロイ】
ギネヴィア姫・・・
【ギネヴィア】
だから 私は心のそこで
兄はかわっていない
いつか きっと あのやさしかった
ゼフィール兄さまに戻ってくれる
そう信じて・・・
ずっと そう信じて・・・
【ロイ】
そうだったのですか・・・
【ギネヴィア】
・・・ですが 今の兄はもう
私の声がとどかないところにいます
ロイ様 お願いです
兄を・・・兄を 止めてください
これ以上 ベルンや 他の地方の人々を
苦しめるのを やめさせてください
【ロイ】
たとえ 剣にうったえることに
なっても ですか?
【ギネヴィア】
・・・ロイ様に全てをお任せしたときから
覚悟は決めています
【ロイ】
わかりました
必ず ゼフィール王を 止めてみせます!

姫にたくされた
『ファイアーエムブレム』に誓って!
市民が全員生存している時
【市民B】(左)
あの・・・
【ギネヴィア】(右)
はい・・・?
【市民B】
この城を
お救いくださった方ですか?
【ギネヴィア】
いえ 私は・・・
【市民B】
ありがとうございます!
あなたのおかげで私たち
こうして無事でいられます
これ 私たちの気持ちです
受け取ってください!
【市民A】(左)
では 私たちはこれで・・・
市民A,Bが消える
【ギネヴィア】
・・・・・・

ロイさまに
お渡ししておきましょう・・・
天使の衣を手に入れた