会話集/22章 見果てぬ夢

Contents


ワールドマップ

『封印の剣』を手に入れたロイたちは
ベルン王都へと軍を向ける
そこには ロイたちが倒すべき相手
この大戦を起こした張本人である
ベルン国王ゼフィールが
屈強のベルン王国近衛軍をひきいて
待ちかまえているはずであった

ロイたちは 一路
ベルン王都へと急ぐ
この長い戦いに終わりをつげるために そして
大陸に再び安らかな日を取り戻すために・・・

オープニング

【ゼフィール】(右)
そうか
マードックが敗れたか・・・
【ブルーニャ】(左)
・・・無念です
【ゼフィール】
・・・エトルリア軍の動きはどうだ?
【ブルーニャ】
『封印の神殿』を制圧後
こちらへと向かっているとのことです
【ゼフィール】
うむ・・・
ならば この王宮で迎え撃ってやろう
【ブルーニャ】
はっ
うでがなります
【ゼフィール】
いや ブルーニャ おまえには
やってもらわねばならぬ事がある
【ブルーニャ】
えっ・・・
【ゼフィール】
イドゥン イドゥンはいるか
ブルーニャが消え、イドゥンが現れる
【イドゥン】(最左)
・・・おん前に
【ゼフィール】
わしは ここで
エトルリア軍をむかえうつ
お前は ここから脱出しろ
戦いが終わるまで 身をかくすのだ
【イドゥン】
・・・陛下が
そう命じられるのなら
イドゥンが消え、ブルーニャが現れる
【ゼフィール】
ブルーニャ おまえは
イドゥンを守って ここを脱出せよ
ブルーニャが前へ進む
【ブルーニャ】(左)
そ そんな・・・
私も 陛下のもとで戦わせてください!
【ゼフィール】
ならぬ ・・・この戦いは厳しいものになる
ここで イドゥンを失うわけにはいかぬのだ
でなければ この戦争が わしの戦いが
意味のないものとなる
【ブルーニャ】
ですが 陛下!
私は 私は・・・
【ゼフィール】
くどいぞ ブルーニャ これは勅命だ!
それとも おまえは
このわしの命が 聞けぬと言うのか!
ブルーニャが後ろへ下がる
【ブルーニャ】
いえ
そのようなことは・・・
ブルーニャが消え、イドゥンが現れる
【ゼフィール】
イドゥン たとえ
わしが倒れても・・・わかっておるな
【イドゥン】(最左)
はい・・・陛下の命じられたとおり
世界を『解放』させてごらんにいれます
【ゼフィール】
うむ
わしの見た夢は ここでは終らぬ
おまえが死なぬ限り
わしの夢は 生きつづける 永遠にな
【イドゥン】
はい
フォーカス・マップ左上の勇者
【兵士】(左)
エトルリア軍・・・
いよいよ来たか
貴様らを陛下の下へ・・・
『王の間』へは行かせん
フォーカス・マップ右上の勇者
【兵士】(右)
なんとしても
この『仕掛け』は守りぬいてみせる!
フォーカス・ロイ
【ロイ】(右)
ここが
ベルン王宮・・・
マリナスが現れる
【マリナス】(左)
ロイ様
ベルン国王ゼフィールは
ここの中心部
『王の間』にいるらしいですぞ
ただ この城の『王の間』は
攻められた時のために
特別な『仕掛け』をしているとか
【ロイ】
それは どういうもの?
【マリナス】
ベルン軍の捕虜から
聞きだした話によりますと
王宮の両側にある
奥の間に それぞれ『仕掛け』があり
まず両側の『仕掛け』を解くそうです
【ロイ】
かなり 遠回りになるな・・・
【マリナス】
まだありますぞ
そののち『王の間』の扉に
『宝珠』をかざさねばなりません
そうすると 最後の仕掛けが解け
扉が開くそうですじゃ
【ロイ】
『宝珠』?
『ファイアーエムブレム』のことだろうか
【マリナス】
おそらくは
【ロイ】
それならば 今 ぼくが持っている
ぼくは 王座に向って進んでいけば
いいということか・・・
【マリナス】
それが早道でしょうな
【ロイ】
・・・だけど そんな大事な情報を
簡単に話すものだろうか・・・
敵のワナだということは・・・?
【マリナス】
いえ そやつは
こうも言っておりました
「それらの場所は
屈強な男たちで守られている」
「おまえたちが知ったところで
どうしようもない」と
【ロイ】
・・・できるか できないか
やってみなければわからないよ

守っている相手は
手ごわいかもしれないけど

ぼくたちだって
負けはしないさ!

EnemyPhase-15 終了後

【キャス】(右)
うーん さすが武の国ベルン
お城も いかついよねぇ
でも なんといっても大国だもん
きっと山のよーな お宝が・・・

仕掛けの上で待機した時

男性ユニットの場合
【○○○○】(右)
ここか 『仕掛け』といっても
特に何も・・・
女性ユニットの場合
【○○○○】(右)
ここね 『仕掛け』といっても
特に何も・・・

仕掛けを解いた後、ロイが王の間の扉の前で待機した時

【ゼフィール】(左)
きたか・・・ フン こんな少年に
わが道を さまたげられるとはな
【ロイ】(右)
ベルン国王ゼフィール・・・
ロイが前へ進む
【ロイ】(右)
一つ・・・聞きたい
なぜ 他国を侵略したのだ!
【ゼフィール】
・・・人が支配する世を
終わらせるためだ
ロイが後ろへ下がる
【ロイ】
・・・なんだって?
【ゼフィール】
人はみにくい
強いものになびき
これまで信頼してきたものを平気で裏切る
貴様も 何度となく裏切り者に
苦しい思いをさせられてきたであろう?
【ロイ】
・・・・・・
【ゼフィール】
嫉妬 ねたみ 羨望・・・
そんなつまらぬ感情に左右され
肉親 仲間が相争い
我が身可愛さに 息子を
手にかけようとする父が生まれる
人が人を支配し 人が人の上に立つ以上
このような事は終わらぬ
ロイが前へ進む
【ロイ】
しかし
あなたがやっていることは まさに
人が人を支配することではないか!
【ゼフィール】
・・・人竜戦役の結末は知っておるな
【ロイ】
あなたの祖先 英雄ハルトムートによって
『魔竜』がたおされた という話・・・
【ゼフィール】
あれは まちがいだった
ロイが後ろへ下がる
【ロイ】
まちがい?
【ゼフィール】
人は 勝ってはならなかったのだ
人が勝ったがために この世は人に支配され
つまらぬ感情によって左右される
みにくいものになってしまった
【ロイ】
・・・・・・
【ゼフィール】
あやまちは すみやかに正さねばならん
わしは 世界を『竜』にあけわたす
世界を人の支配から『解放』し
もう一度 人竜戦争以後をやり直すのだ
【ロイ】
で では あなたが『魔竜』を
復活させたというのは 本当なのか?
【ゼフィール】
さあな
自分で確かめてみることだ
【ロイ】
・・・今 『竜』に世界をあけわたすと言ったが
それなら 人が竜にかわるだけじゃないか!
【ゼフィール】
だが よみがえった『竜』どもは
戦うために作られた器・・・
あれらには『私』がない
支配された世界は
公平で静かなものとなるだろう
【ロイ】
ぼくは それがいい世界になるとは思わない!
たしかに 人は いろいろな
雑念にまどわされるけれど
でも それに 打ち勝つのも
人じゃないか!
【ゼフィール】
フン・・・きれいごとを
ロイが前へ進む
【ロイ】
ぼくは 人の可能性を信じる!

人に絶望し 自分さえも否定している
あなたには絶対に負けない!!

ゼフィール初戦時

【ゼフィール】(左)
きさまらに わしの行く道を
邪魔させはせん!

ゼフィール撃破時

【ゼフィール】(左)
むうっ・・・
わしの・・・負けか・・・

だが おぼえておけ・・・
わしの・・・志が
負けたわけ・・・ではない・・・
人が人を・・・支配している以上
悲劇は・・・くり返されるのだ・・・

制圧後

23章へ行ける条件を満たしている時
【ロイ】(右)
ベルン王の 最期か・・・
マリナスが現れる
【マリナス】(最右)
ロイ様 やりましたな
エルフィンが現れる
【エルフィン】(左)
・・・喜ばれるのは
まだ早いかもしれません
【マリナス】
なんじゃと?
【ロイ】
どういう意味だい?
【エルフィン】
『暗闇の巫女』と 呼ばれていた者の
姿が見あたりませんので・・・
【マリナス】
むっ これは
逃げられましたかな
【ロイ】
・・・そうか
画面がフラッシュ
【マリナス】
うおおっ
な なんじゃ?
【ロイ】
今 ゼフィール王の剣が
光った・・・!
たしか 名前は・・・
【エルフィン】
『エッケザックス』・・・
ベルン王にのみ
使うことができる剣だとか・・・
【マリナス】
そ そういえば
『人竜戦役』の伝承の一説に
・・・八神将の用いし『神将器』
一同に つどいしとき
竜の神殿があらわれん・・・
というものがありましたぞ
【ロイ】
竜の神殿・・・
【マリナス】
『人竜戦役』時代に
竜たちの本拠地であったと・・・
確か・・・書いてあったような・・・?
【エルフィン】
はい 伝承では
そうなっております
【ロイ】
では 『エッケザックス』が
最後の『神将器』なのかい?
ハルトムートは『封印の剣』を
使っていたのだと思っていた
【エルフィン】
・・・もしかすると 『封印の剣』は
『神将器』とは別のもの・・・
それをも 超える
存在なのかもしれません・・・
【ロイ】
・・・『神将器』をも超える・・・
『封印の剣』の力とは 一体・・・?
【マリナス】
おおっ! また光りましたぞ!
今度は 光が 筋となって
南の方向に のびておりますぞ!!
画面がフラッシュ
【ロイ】
この光の先に・・・
竜の神殿があるということかな?
【マリナス】
伝承の「あらわれる」が
その場所をさししめすと考えれば
そうなりますな
【エルフィン】
・・・『暗闇の巫女』が
『魔竜』であるとすれば・・・
そこにいる可能性は
高いでしょうね・・・
【ロイ】
わかった
行こう 竜の神殿へ!